2009年10月12日(月祝) 秩父鉄道 小豆色1002Fなど 明戸~大麻生/持田~熊谷

…奇跡の3日連続更新(爆)
ただ、この後はたぶん1週間前後は更新できないと思います(汗)
 
 

…それはともかく。
またしても秩父鉄道に行ってきましたw
起きたのが遅かったので、昼過ぎから出撃でしたが。
※今回掲載の写真は、赤みの強い写真が多いような気はしますが、実際の色をあまりよく覚えていないので、多少違和感はありつつも、軽い補正をした程度で掲載しています(汗)
晴天下の1002Fだけは、脳内のイメージに近くなるまで、かなり直しましたがw


では、本題に入ります。
今回は、大麻生~明戸で小豆色1002Fを撮ろうとしたのですが。
明戸に着いたら……
「ぬおっ!?」(笑)

旧1000系色の黄色+茶色帯に塗り替えられた1007Fが行き違いとなったので、ちょっと驚きつつ、あわてて後追い撮影(笑)
明戸の上り方ホーム端からは、ミラーがあってまともに編成写真は撮れなさそうなので、駅舎側から、かなりズームして撮りました。
到着直後にあわてて撮ったわりには、自分的には上々のようなw
この後もう1回撮影できるかな?と思いましたが、羽生に着いた後は熊谷行きとなって入区してしまいましたので、それは叶わずでした。

それにしても、復活後のこの色を見たのは初めてでしたが、なかなかいいです♪
個人的には、小豆色の次に好みです。
この1000系旧色を見たのは、17年前にパレオエクスプレスに乗った時以来だと思いますが(その頃はまだオハ47・スハフ42を使ってましたが、それも今から思うと信じられない気がします…)、当時は1000系に全然興味がなく、写真は三峰口で撮った2枚、C58の脇に小さく写ったものと、風景写真に入りこんでるものしか残っていません(汗)
…それが、数年前に乗り鉄目的で行って以来、その後もたまに行くようになり、そして小豆色1002Fの登場と共に、頻繁に通うことになってしまうとは…(笑)
3年ほど前に、琴電の旧型車に魅せられて、撮り鉄に目覚めてしまったことも強く影響してますがw (基本、お気楽撮影ですがw)

で。この復活旧色は、各所で言われているように、帯が乗務員扉で途切れていなかったり、帯がやや細めだったりしますが、個人的には、旧色の雰囲気は十分出てるように思えますのでさほど気になりません♪
(そもそもダブルパンタ+冷改も旧色当時と異なってますし。個人的には、ダブルパンタになってる今の姿の方が好みだったりしますけどw)


…閑話休題(汗)
それから、大麻生方面に歩いて、撮影地を見て回りました。
小豆色1002Fは、3本あとの上りで来ると予測してましたので、それまで練習を兼ねて撮影。

7002Fの下り。
…パンタを抜くことは最初から考えてませんw
パンタ串刺し以外はいい感じにも思えますが、先頭台車付近の線路脇にある物体は、かわしておくべきでした。
ところで、個人的な話ですが……
近年になって、都内に出る際に、それまであまり縁のなかった東急8500系によく乗るようになったのですが、それに加えて、さらに秩父鉄道でも乗るようになるとは、さすがに全く予想できませんでしたw
そんなわけで、この系列はすっかり身近な電車になってしまいました(笑)



続いて、1010Fの上り。
今度はより側面重視で、線路脇の物体をかわして撮ってみましたが、パンタを抜くことは(以下略w)
そんなわけで、パンタを抜いて、線路脇の物体もかわして撮るのは、けっこー神経を使いそうですし、けっこうズームする必要もあるので、とりあえずここからは撤収しました。
(個人的にはどちらかと言うと、あまりズームしないで撮るほうが好きですので)


で、明戸に近い撮影地に戻って、次の上り列車がやってくるのを待ち受けましたが…
「…をや?」

予想に反して、1002Fがやってきましたw
それでちょっと動揺したのか、これが完全に失敗orz
後追い撮影の際になぜか、話にならないほど早く「撃ちぃ方はじめぇ」してしまい(笑)、ぢつはこの写真が、連射したうちの2発目ということでして…w
掲載した写真は大幅にトリミングしてどうにか誤魔化そうとしましたが、1両目に架線柱がかかってたりして、やっぱりあんまり誤魔化せてませんw

それにしても…事前にわかってはいたことですが、やはりこの区間は、電線の多さと、車体にかかる影が気になります(笑)
…あと、この時間だと、側面にあまり日が当たらないかも…という気もしていましたが、やはり少し?側面薄になりましたw

続いて、数分後に下りもやってきますので、それも同じ場所で撮影。

…曇られましたw
個人的に、ウグイス色1009Fは、1000系国鉄色4編成の中では最も好みですが、なぜか撮影機会には恵まれず、いまだに順光では撮れていません(笑)
そして、この日もしっかり、撮影の数分前?に曇られたのでしたw


本来の予定では、ここでC58のパレオエクスプレスを撮ってから移動するつもりでしたが、1002Fが予測より早かった+その折り返し列車は熊谷止まりなので、さっさと移動することに。
…やっぱり蒸機より小豆です(笑)
ただ、パレオエクスプレスの客車が12系ではなく在来形(あえて旧形とは言いませんw)だったら、話は違うでしょうけどw
ただ、光線のよさそうな所が浮かばないので、どこで撮ろうか迷いましたが、まだそれなりに晴れてて夕日の光線が期待できたので、わりと光線がマシそう+歩くのが大変そうな、持田~熊谷で撮ることに。

まずは持田に到着後、乗ってきた列車を後追いで撮影。

けっこういい雰囲気のよーな♪
…晴れの日の夕方に撮影したことはこれまでにも何度かありますが、毎回曇られてたので、こんな感じで撮れたのは初めてなものでしてw

そんなわけで、夕日の光線に照らし出される1002Fを期待しつつ、熊谷方面に歩き始めたのですが……
「…やはり曇ったわw」
まぁ、天気予報も晴れのち曇りだったので、しょーがないとは思いますが(笑)

そうなってはまともに撮れないと知りつつ、撮影地調査も兼ねて、えんえんと20分ほど早歩きし続け…
1002Fの熊谷行きがやってきました。

…当方のお気楽撮影カメラにとっては暗すぎて、とても掲載に値しないですw
そのため、大サイズ画像は省略してますが、それでもノイズ出まくり(笑)
これも、個人的撮影地メモということで…(汗)

続いて、後追い。

こっちのほうが多少はマシなようなw
いちおう、夕方っぽいということはわかりますし(笑)

この区間は、撮影の自由度もそこそこあるように思えますが、やはり最低でも10分以上は歩く必要がありそうなので、電車移動の時は、時間と体力に余裕のあるときでないと行けなさそうです。


これにて今回の撮影は終了しましたが、やはり1002Fをまともに撮れてないので、多少消化不良感がw
ただ、塗色変更された1007Fを見れた+いちおう撮れたのは、今回の最大の収穫でした♪
今度はいつ行くかわかりませんが、やはり時間に余裕があれば、朝から出撃した方がいいかも、なんて思ったり。(いまさらw)
それと、1002Fの夕方撮影というのも新たな課題になりましたw


なお、この日の小豆色1002Fの運用は以下の通りでした。
(これは基本的に自分用のメモですw)
 1518レ 三峰口0752→羽生0945 ※某ネット情報より
 107レ 羽生1003→熊谷1024(入区) ※推定
 108レ 熊谷1115→羽生1137 ※推定
 1527レ 羽生1150→三峰口1343 ※推定
 1540レ 三峰口1356→羽生1559
 111レ 羽生1613→熊谷1634

途中までは7月20日(月祝)と同じ運用だったようですが(そちらも某情報と実見を交えて書いてます)、そのときは1542レ(三峰口1424→羽生1622)で折り返していたことが異なっていました。
以前から気になっていたのですが……恐らく三峰口での折り返しパターンに、決まった法則はないようで…。
そうなると、いちいち上記のような運用状況を書く意味もないよーな気がしますが、今回はとりあえず個人的記録として書いておきます(笑)
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI