2009年10月31日(土) 琴電旧型車特別運転(1~3) 長尾線の120+500号

遅くなりましたが、今回は10/31の琴電旧型車運転についてです。

今回は、個人的に好きな300号は走らず、3連でもないということで、行くかどうかは出発当日まで迷っていたのですが、31日については晴天が期待できたことと、夜行バスの席がなんとか確保できたので(最後の1席…最後列中央w)、行ってきたのでした♪

その夜行バス「ドリーム高松・松山」は、22時過ぎの消灯時間直前に、足柄SAで10分ほど休憩時間があるのですが……
そこの売店で思わぬものを発見しましたw

…こんなところで、銚子電鉄デハ801をお目にかかれるとは(笑)
それなりにちゃんとデハ801のパンタ側の顔になってるのがえらいですw
ぬれ煎餅を買おうかちょっと迷いましたが、行きの時点で買ってもかさばって行動しずらくなるのでやめておきましたw
 
 
高松に到着後、早朝の琴平線の撮影を少し行ってから、瓦町から、特別運転の旧型車2両のうち120号に乗車。

白山 120+500
検査から出場後の120号を見るのは今回が初めてでしたが、主に以下の点が、出場前と変化していました。
 (1)窓枠が車体色で塗り潰し
これは300・500号と同じなので予想通りでした。
 (2)台車の取り替え
従来の弓型イコライザー台車から、300・500号と同じ台車に取り替えられていました。
 (3)正面下部のジャンパ栓・ケーブルを非パンタ側に移設
※「減少」と書いてましたが「移設」でした(汗) (11/17追記)
これは予想外でしたが、気付いたのは、帰還後に120号の新旧写真を見比べてからでした。実車を見ているときも「気のせいか、パンタ側正面下部がいやにすっきりしているような?」という気はしていたのですが(笑)
…個人的には、出場前の形態のほうが好きだったので、少々残念な気もします。
300号が次に出場したときに、同じような改造がされなければいいのですが…。
個人的には、とくに3000形は、パンタ側にジャンパ栓・ケーブルなどがごちゃごちゃ付いてるのも魅力だと思っていますので。
TOMIXのHOゲージの3000形は、その点をしっかり再現してくれたのも嬉しかったですし(笑)


…話が脱線してますが(汗)、120号の車内については、琴電の昔の写真が貼られたりといった小さな変化はあったものの、基本的には出場前と大差なかったと思われます。

ところで、120号の台車が取り替えられたということは、主電動機も変わったということで、1000形・3000形本来の、アルゲマイネ社製の主電動機の響きは、23号でしか聞けなくなってしまいました。
それでも、120号の走行音はわりと大きめで、なかなかいい感じではありましたが♪
(65号の音に近かったような気もしますが、それの台車にでも取り替えたのでしょうか?)
ただ、欲を言うと、長尾線での力行時間が短く、最高速度が60キロにも達しなかったのは、個人的にはちょっと物足りませんでした(汗)
この日の運転速度は速くても55~58キロくらいでしたが、現役時には65キロくらいまで出すことが多かったので、どうしても60キロ以上を期待してしまいます(笑)


今回も、沿線での撮影をしたい+できるだけ長く旧型車に乗りたいということで、いつも通り(笑)白山で下車して、まずは旧型車を後追い撮影。

白山 120+500
今回、500号側の写真はほとんど撮っていないので、このような逆光写真も載せておきます(笑)

そして、早歩きで撮影地に向かい、まずは定期列車の1250形を撮影。

白山~学園通り
側面の日差しが弱めというのは事前にわかっていましたので、そのあたりは我慢ですw

続いて、旧型車の上り列車を後追い撮影。



※この写真は以前の記事で掲載済です。

側面薄とはいえ、ひさびさに琴電の旧型車を快晴の下で撮影できたので、朝から気分がよかったです♪
…やはり琴電は、ある意味自分にとって第二の故郷みたいなものかもしれません(笑)

…というところで、次回以降に続きます。
琴電以外にも掲載ネタがかなりたまっていますので、この行程については、わりと長期にわたる連載になるかもしれません(汗)
なにしろ秩父は未掲載写真が3日分ありますし(爆)、客車ネタその他もありますので…(笑)



※以下は2009-11-19 01:44:24掲載

旧型車の上りを取った後は、学園通りから元山まで電車で移動。

まずは、2008年11月にも来た、元山~水田の直線区間で撮影しましたが…

撮るのが遅すぎっw 反射神経にぶすぎっw
これでも左側はノートリミングですw
超カツカツながら、なんとか車両が切れずに済んだことだけは救いでしたが(笑)


その後は、2007年5月にも何度か来た、元山カープの外側も光線がいいので、ここでこの日最後の長尾線旧型車を撮影することに。
(長尾線については撮影計画を事前に決めていました)

まずは、旧型車が来るまでの間、微妙に構図を変えたりしつつ撮影。 

まずは2007年5月と同じ低位置から。


こちらは立っての撮影です。
これはこれでいいような気もしますが、ちょっと迫力には欠けるような……。

ところで、このラッピングは初めて見たような気がしますが、最近はビミョーなデザインのラッピングが増えたような気がします。
とくに1303Fなんて……琴電の現役車では一番好きだったのに、あんなラッピングがされてしまうなんて…orz


こちらはまた低位置で。
結局、今回も旧型車はこの構図で撮ることにしました。

ちなみに、1253Fを撮った頃だと、周囲に撮影されてる方の姿はなかったと思うのですが、この頃になるとかなり増えていました。
光線が非常に良好とはいえ、この場所で何人もの方が集結することになるとは予想外でしたw

そして、上り列車でやってくる旧型車を後追いで撮影。

※この写真は以前の記事で公開済です。


いちおう、さらに後追い。
側面は真黒ですがw

今回掲載の1枚目は失敗に近いもの(というか失敗そのもの?w)でしたが、元山~水田で順光下の旧型車を撮れたのは初めてでしたし、アウトカーブのほうは狙い通りに撮れましたし、ほぼ満足です♪
ただ、欲を言えば、やっぱり120号の、移設されてスカスカになってしまったジャンパ栓跡がちょっと物足りないですけど(笑)



※以下は2009-11-27 17:47:28掲載

長尾線で元山から瓦町に出てから、琴平線で三条に向かいましたが、このあたりの行動は、2008年5月の旧型車運転の時と同様です。
瓦町では、琴平線に乗る直前に、ホームに入線してきた旧型車を撮影。

瓦町

三条付近での撮影は、当初は2008年5月と同じ場所で考えていましたが、少し撮影地を探してみると、もう少しいい感じの場所が見つかったので、今回はそちらで撮影することに。
旧型車が来るまでは、練習ついでに定期列車を撮影していましたが、やはり快晴だと、たとえ極端に好きな車両ではなくても、撮影してて気持ちいいです♪

三条~太田
…パンタがw


今度は少し遠いかもw
ともあれ、これで大体の感じはつかめました。

そして、旧型車がやってきました。


…か……かんぺきっ♪
(あくまで自分的にw)
それにしても、やっぱり琴電の旧型車はかっこいいなぁ…♪
これらの動態保存車が健在な限り、関東からの年1~2回くらいの琴電通いは、やっぱりやめられそうにありません(笑)

また、今年は琴電記事の追加が少なくなっていますが、やっぱりここのメイン記事は琴電旧型車です♪
(ただ、ブログ名の後の「琴電旧型車ばっかり…」は、実態に合わなくなっているので、そう遠くないうちに変更すると思いますが(汗))
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI