2010年1月1~4日 寝台特急「北斗星」(EF81 133・81)など 栗橋~東鷲宮

今回は、この年始に撮影した「北斗星」などの写真を掲載します。
(一番下のほうは、それとは無関係な話ですがw)
まずは第一弾として(笑)、1月1~4日分です。
 
 

■1月1日(金)

2010 01.01 09:58 「北斗星」 EF81 133+24系 ※この写真は前回掲載のものと同一です
元日から、EF81 133牽引の北斗星を、晴天順光で撮れるとは…♪
ちなみにこの日は、北斗星に遅れが出ていることを確認してから出撃しましたので、順光になることを期待してましたが、その通りになってくれて万々歳です♪


これは、上写真の後の連射で撮ったものです。
…どちらの写真も大幅トリミングしてますがw



■1月3日(日)
1月2日の上り北斗星の牽引機はEF81 95(レインボー)だったので、スルーしました。
(撮影地の人出は非常に多かったそうで…。人気あるんですね~)
しかし、3日はEF81 81(元お召し機)ということで、それなら133ほどではないにしても撮りたい気もするので、元日に続いて、栗橋~東鷲宮に出撃することにしました。

この日の北斗星は、とくに遅れは出てなかったこともあり、側面中心で撮ってみました。

2010 01.03 08:49 「北斗星」 EF81 81+24系


上の写真を撮った後、食堂車スシ24と、ソロ・ロビーのスハネ25 500番代を撮ってみました。
後者は503ではないので、ロビーの側窓に種車の窓がそのまま流用されていて、この側は中央部の窓が小型化されている以外、通常のB寝台車と大差ない形態です。



■1月4日(月)
自分にとっては、元日に続いてのまさかでしたw
まさか、元日に走ってからたった3日後に、またしてもEF81 133牽引になるとは…(汗)
11月には、北斗星を上り下り各3回牽いたのに、12月には各1回しか牽かなかったのは、この年始の大サービス(笑)を控えてたせいでしょうか?
ともあれ、133が北斗星を牽いてくれるなら、もちろん出撃です(笑) もう、栗橋から片道40分くらい歩くのも慣れましたしw
(ただ、そろそろ他の撮影地に行ってみてもいいかも?)

ところで、前日の北斗星撮影は、この日のための予行演習という面も兼ねていたのですが、実際に撮ってみると、やはり側面中心の構図よりも、やや前面重視(前横比2~2.5 : 8~7.5くらい)のほうが個人的な理想に近いので、面薄になることには目をつぶって、やや前面重視で撮るつもりでいました。(昨年12/27のような)
しかしこの日は、他の日なら確保できていた、理想的ポジションをどうやっても占位不可能だったので、やむなく前日と同じ側面中心で撮ることにしました。

まずは、前座のカシオペア。

2010 01.04 08:36 「カシオペア」 EF81 92+E26系
後ろパンタがやや気になりますが、この日は非常に条件が悪く、前日のように引き付けて撮ることは難しかったので、そこは諦めていました。
(それならもう少し早くシャッターを切ればいいのですが、そう思ってもなかなかうまくいきませんw)

続いて、本命の「北斗星」。

2010 01.04 08:50 「北斗星」 EF81 133+24系
後ろパンタがまた同じ位置にw
ただ、それだけでなく、画面に占める空の割合が多くなりすぎたりもしてるので、なんかびみょーですw


こちらは後追いですが、各車両の床下も、最後部の妻面も雪まみれで、いかにも、「北海道・東北からやってきた寝台特急」という感じで素晴らしいです♪
この時に限っては、機関車側よりも、最後部から撮ったもののほうがいい感じになったという気がします(笑)
また、北斗星の場合、最後部が、個人的に好きなオハネフ25 0番代となるのもいいです♪
(すごい欲を言えば、オハネフ24 500番代が最後部になってくれたらさらに嬉しいのですがw)


ところで、上の写真を見てて気が付いたのですが…
この日の編成はイレギュラーだったようで……とは言っても、最近よくある、2号車がオハネフ24 500番代になっている、というものではなく(これはイレギュラーというほどではないですし)、食堂車次位の6号車「ソロ・ロビー」スハネ25 500番代の代わりに、オハネ25が連結されています。

食堂車次位の車両がそれです。
少し調べてみると、1月2日発の下り北斗星は、6号車が車両故障(ドア故障)でオハネ25-238に変更されたためにシャワー・ロビーなしだったようで、恐らくその編成のまま、1月3日発の上り北斗星となったものと思われます。
乗る方にとっては不運としか言いようがないですが(自分も寝台列車に乗ると、シャワー・ロビーともよく利用しますし)、スハネ25 500番代は3両配置なので2両使用、1両予備でしょうから、オハネ25が代わりに連結されるというのはかなり珍しい気がします。
それにしても、北斗星はたまにこのような変化もあるから、なおさら、客車の形式が判別できるような編成写真を撮っておくことも重要という気がします。
(できれば編成記録か、各車の写真が撮れればなおいいのですが(笑))


次回はわりと早めに、1月6日の北斗星(笑)を軽く載せるつもりです。
その次も、1月8日の北斗星になりそうですが……
このブログは普段、地方私鉄ばっかり扱ってるのに、どーなってるのでしょうか(笑)
そちらのネタ目当ての方は、とりあえず年始の北斗星大攻勢(笑)が明けるまで、しばらくお待ちいただきたく存じます(汗) <(_ _)>



…最後に(…のわりに長いですが)、このブログに少し関係している個人的な話に触れておきます。

もしかしたら、お気づきの方もおられるかもしれませんが…
前回と今回掲載の写真は、それまでの標準(1024×768もしくは1152×864)よりも横幅を伸ばしたサイズ(1156×768)としています。
そのようにした理由の一つとして、数ヶ月前にディスプレイ…というかパソコンを置き換え、ディスプレイのサイズの縦横比が変わった(旧)1152×864→(新)1280×800)ことが挙げられますが、最大の理由は、下写真のようなものを購入したためです(笑)



や……やっと、デジ一眼が……♪
機種については色々考えましたが、当方の要求を満たし、なおかつ比較的安価なものということで、これに決定しました。

当方が、撮り鉄にわりと本格的に目覚めたのは2006年前半でしたが、機材については当初、乗り鉄記録用のコンデジで我慢し、2007年2月にでかいコンデジに更新され、これは昨年12月29日まで、第一線で使用してきました(笑)
(撮り鉄に目覚めた、とは言っても基本的に乗り鉄中心でしたし)

しかし、やはりコンデジなので、レンズが暗い(曇天等の悪条件下ではざらざら低画質でしか撮れない)、影の部分の潰れ方・白の色飛びが激しい、解像度が低い(大幅トリミングすると画質が大幅に低下する)等の性能不足は2年くらい前からとくに気になっていまして、機材を更新したいとは思っていましたが、なにしろ撮りたいと思える車両が次々に消えていってしまう状況だったので、なかなか踏ん切りがつかずにいました。
しかし、昨年5月に秩父鉄道の1002Fが小豆色+ページュの塗色となり、これが個人的に思いっきりツボだったうえに、この編成はまだ数年は走るということで、新機材の購入動機は整い、さらにデジ一眼の価格が下がってきたこともあって本格的に検討を始め、後にEF81 133牽引の北斗星も撮るようになると、長編成なので解像度への要求がさらに高まってますます欲しくなり、さらには元日に銚子電鉄に行く予定だったので(これは結局、EF81 133に変更されましたがw)、ついにギブアップ(?)、その直前の12月30日にとうとう購入したのでした♪

で。現物を目にした最初の感想は……「うわ。でかいなw」でしたw
そして当然、「重いな」とw
ただ、使っているうちに、その大きさには慣れてきましたが。

まずは、12月31日の北斗星地元撮影から試用してみましたが、よく言われるように、デジ一眼だとシャッターのタイムラグがほとんどないので、そこで「をを~」と感心w
旧デジカメ(実質的にライブビューのみ)のタイムラグは、あまりないので個人的には不満を感じてなかったのですが、やはり違います♪ 最初のうちは逆に反応が早すぎて、慣れるのに苦労したくらいですw もちろん、慣れてくればこちらのほうが断然楽に撮れますが♪
ただ、ライブビューについてはタイムラグがかなり大きいので、走行写真撮影の際には使い物にならないようです。
そして、これまではRAW画像とも無縁だったのですが(笑)、撮影後に露出その他の調整が可能で、しかも簡単に元に戻すこともできるというのは、やはり非常に便利です♪
また、画像サイズはこれまでの約600万画素から約1200万画素になり、これだけの画素数があれば大幅トリミングも余裕で可能なので、ある意味では気楽に撮影できるようになったとも言えますが、トリミング前提で少しだけ早めに連射するか、一発勝負でいくかは悩むところです。発射速度(?)は4.5発/秒で、従来の2.3発/秒の倍になっているものの、近距離での列車撮影だと、これは役に立ったり立たなかったりですし。
(贅沢を言えば、もう少し早い射撃速度が欲しいとも思いますが、さすがにD300は買えませんでした(笑))

あと、レンズについては全然知識がないので、まずは一般的なレンズでいいかと思って18-105mm(35mm判換算で27-157.5mm)付を購入しましたが、それと18-55mm(35mm判換算で約27~82.5mm)のどちらにするかはかなり迷いました。
自分の列車撮影の場合、ほとんど後者だけで撮れそうでしたが、撮れない場面があると悔しいですし(笑)
実際に使ってみると、やはり50mm(35mm判換算で75mm?)以下で撮ることがほとんどでしたが、たまにそれ以上で撮ることもあるので、汎用性を考えればこちらでよかったかな、という気はします。

それにしても……基本、乗り鉄中心なので、デジ一眼とは無縁のままかな、と数か月前まで思っていましたが、結局手を出してしまいました(笑)
そして、歴然たる性能差に、早くも「やっぱり買ってよかった…」と大満足w
(ただ、旧カメラも晴天時の画質は悪くはないですし、扱いやすい大きさなので、いちおう現役にとどまるとは思います)

そんなわけで、画質的にはこれまでよりも改善されると思いますが、今後も旧カメラで撮った手持ち画像を掲載することもあるでしょうから、カメラの違いは画像サイズの違いで見分けしてもらえれば、と思います。
(あと、メーカーの特性なのか、D90の色調はやや青っぽい気がします。
また、今回掲載の画像は、RAW補正の「ピクチャーコントロール」で「ビビッド」にするなどの変更を加えていますので、かなり彩度は高くなっているかと思います。
…彩度が高すぎるような気もしますが……どうなのでしょう?)
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI