2010年1月・2月 「北斗星」編成記録(19本記載/2月28日のEF81 81写真あり) 

今回は、1月・2月にとりためた北斗星の編成記録をまとめて掲載します。
ただ、編成写真撮影のついでに記録していることが多いので、記録漏れもかなり多いですが、ないよりはマシかと思うので、いちおう全ての記録を掲載しています。(27本掲載中、19本が漏れなしの記録)
また、編成記録だけだと寂しい気もするので、本日撮影した写真を2枚だけ載せてます(笑)
2010.02.28 0910_16(2) 大宮 EF81 81 「北斗星」
本当は、各編成記録ごとにそれの写真を1枚ずつ載せたほうがいいような気もしましたが、今回は省略しましたw
ただ、各編成記録に、掲載済記事へのリンクは貼りました。
 

まず、編成記録の見方などについての注記です。
●各編成記録の頭の部分に、「記録日」「列車番号」「記録地点」を記載しています。
その後に「写真のみ掲載済」「掲載済」と書いているものもありますが、その文字をクリックすると該当する記事に飛べます。
●編成中の太文字は、「個人的に関心の深い車両」「少数派の車両」「イレギュラーな組み込まれ方」のいずれかです。
自分にとって見やすいように書いたものでして…(汗)
●編成記録の後にコメントを記載しているものもありますが、薄い色の文字となっているのは、撮影に関するどーでもいい話が多いので、スルー推奨です(笑)



■1月1日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮  写真のみ掲載済
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 215
オロハネ24 551
オロハネ25 502
オロネ25 504
スシ24 505
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 566か565(推定)
オハネ25 563(推定)
オハネ25 561(推定)
オハネフ25 0番代


これが今年の撮り初め&新カメラでの初の本格的撮影となりましたが、年明け早々に個人的大本命のEF81 133牽引北斗星が撮れて、幸先のいいスタートが切れたと思います♪
…ただ、その後、毎日編成記録を取るようになるとまでは思ってなかったのですが(笑)

なお、この時点ではまだ編成写真と同時に、編成各車の撮影をすることはあまり考えてなかったようで、撮影していない車両が多いため、形式番号不詳の車両も多いです。


■1月3日(日) 2レ 栗橋~東鷲宮  写真のみ掲載済
EF81 81
カニ24 500番代
オハネフ25 200番代
オロハネ24 550番代
オロハネ25 500番代(推定)
オロネ25 500番代
スシ24 505
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 566か565(推定)
オハネ25 563(推定)
オハネ25 561(推定)
オハネフ25 0番代



■1月4日(月) 2レ 栗橋~東鷲宮  写真のみ掲載済
EF81 133
カニ24 500番代
オハネフ25 0番代
オロハネ24 550番代
オロハネ25 500番代(推定)
オロネ25 500番代
スシ24 500番代
オハネ25 238 ※ドア故障のスハネ25 500番代の代わりに連結(番号はネットより)
オハネ25 552
オハネ25 565か566(推定)
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ25 4


故障のスハネ25 500番代(ソロ・ロビー)の代わりにオハネ25(B寝台)を連結した、イレギュラー編成です。
記録する側としては興味深い変化ですが、乗る側としてはロビーもシャワーもなくなるので、かなり痛かったかと思います(汗)


■1月6日(水) 2レ 久喜~新白岡  掲載済
EF81 81
カニ24 505
オハネフ25 0番代
オロハネ24 553
オロハネ25 503
オロネ25 505
スシ24 507
スハネ25 501
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4


これは、カシオペア牽引機空転の影響で、6時間以上もの大幅な遅れで上ってきた北斗星です。
編成記録的には変化はとくにないですが、写真としては、客車の寝台側側面を順光で撮れるという珍しい事態になりました(笑)


■1月8日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮  写真のみ掲載済
EF81 133
カニ24 500番代
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ25 502
オロネ25 504
スシ24 505
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563(推定)
オハネ25 561
オハネフ25 15


編成的には平凡だと思いますが、この日の写真は、自分が撮ったEF81 133牽引北斗星の写真としては、最も無難かつ理想的に撮れてる気がします。
機関車前面への日の当たり方は弱いですが、それはそれで悪くない感じがしますし♪



■1月18日(月) 2レ 久喜~新白岡  写真のみ掲載済
EF81 81
カニ24 508
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ24 501
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ25 8


1両のみ存在のオロハネ24 501とオロネ24 501、ロビーの広窓が特徴のスハネ25 503を連結した編成です。


■1月20日(水) 2レ 久喜~新白岡  写真のみ掲載済
EF81 97
(この間不明)
スハネ25 503
(以下不明)
…これでは記録になってないですw


■1月22日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮  掲載済
EF81 81
カニ24 508
オハネフ25 14
オロハネ24 554 ●1/18のオロハネ24 551から差し替え
オロハネ24 501
オロネ24 501
スシ24 505 ●スシ24 504から差し替え
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ25 8


1月18日と同じく、オロハネ24 501とオロネ24 501、スハネ25 503を連結した編成です。


■1月25日(月) 2レ 栗橋~東鷲宮  写真のみ掲載済
EF81 133
カニ24 500番代
オハネフ25 215
オロハネ24 552
オロハネ25 503?
オロネ25 505?
スシ24 506
スハネ25 501
オハネ25 552
オハネ25 565
オハネ25 564(推定)
オハネ25 562
オハネフ25 0番代



■1月26日(火) 2レ 久喜~新白岡  写真のみ掲載済
EF81 98
カニ24 507 ●1/22のカニ24 508から差し替え
オハネフ25 14
オロハネ24 554
オロハネ24 501
オロネ24 501
スシ24 505
スハネ25 502 ●スハネ25 503から差し替え
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ25 8



■2月1日(月) 2レ 久喜~新白岡  掲載済
EF81 95
カニ24 508 ●1/26のカニ24 507から差し替え
オハネフ25 13 ●オハネフ25 14から差し替え
オロハネ24 554
オロハネ25 502 ●オロハネ24 501から差し替え
オロネ24 501 
スシ24 505
スハネ25 503 ●スハネ25 502から差し替え
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ25 0番代


ここでオロハネ24 501は外されますが、個人的には外観的なことだけで言うと、オロハネ25 500番代のほうが好きなので、こちらの編成のほうがいいです(笑)
乗車する場合は違ってきそうですがw


■2月2日(火) 2レ 栗橋~東鷲宮  掲載済
EF81 133
カニ24 505
オハネフ25 215
オロハネ24 552
オロハネ25 503
オロネ25 506
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 565
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ25 2


雪景色を走る北斗星編成の記録です。
編成記録だけではそんなことはやっぱりわかりませんがw



■2月5日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮  掲載済
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 13
オロハネ24 554
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 505
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネフ24 501 ●2/1のオハネ25 561から差し替え
オハネフ25 8



■2月8日(月) 2レ 久喜~新白岡  掲載済
EF81 88
カニ24 505
オハネフ25 215
オロハネ24 551 ●2/2のオロハネ24 552から差し替え
オロハネ25 503
オロネ25 506
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 565
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ25 4
 ●オハネフ25 2から差し替え


■2月15日(月) 2レ 栗橋~東鷲宮  掲載済
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 214 ●2/5のオハネフ25 13から差し替え
オロハネ24 553 ●オロハネ24 554から差し替え
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504 ●スシ24 505から差し替え
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561 ●2/5の4号車オハネ25 566に代わって連結
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15
 ●オハネフ25 8から差し替え

この編成の前回分の記録が10日も前だと、客車の差し替えの記述は参考程度にしかならないような気もしますが、10日間でかなり差し替えられていることはわかります。
なお、この日から編成記録をほぼ欠かさず行うようになっています(笑)
…いつまで続くのかは知りませんがw


ところで、どーでもいいことですが。
個人的にはこの編成は、ここに掲載した中では最も理想的な編成ですが、その理由は大体以下の通りです。
・オハネフ25は200番代と0番代の両者を、オハネ25 560番代はオハ14改造の車体新製車と、オハネ25改造車の両者を連結し、オハネフ24 500番代も連結しているため、全ての車両の形態が異なる、極めて車種豊富な編成となっている。
・現存ツインデラックスでは唯一寝台側窓の縦寸法が大きく、通路側も両端の窓が塞がれてるため、オロネ25 500番代や、その種車のオハネ25とは印象が異なる、オロネ24 501を連結。
・ソロ・ロビーとしては唯一、ロビー室の側窓に非常に目立つ広窓を備える、スハネ25 503を連結。
・独特の形態の緩急車化改造車、オハネフ24 500番代を連結。
・ヒサシ付きで精悍な形態のEF81 133が牽引。


■2月16日(火) 2レ 久喜~新白岡
EF81 78
カニ24 505
オハネフ25 14
オロハネ24 554 ●2/8のオロハネ24 551から差し替え
オロハネ25 503
オロネ25 506
スシ24 506
スハネ25 501 ●スハネ25 502から差し替え
オハネ25 552
オハネ25 564(推定)
オハネ25 562(推定)
オハネフ24 502 ●2/8の4号車オハネ25 565に代わって連結
オハネフ25 4(推定)



■2月17日(水) 2レ 久喜~新白岡
※牽引機以外は2月15日と同一
EF81 98
カニ24 508
オハネフ25 214
オロハネ24 553
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15



■2月18日(木) 2レ 蓮田~東大宮  掲載済
EF81 86
カニ24 505
オハネフ25 14
オロハネ24 554
オロハネ25 503
オロネ25 506
スシ24 506
スハネ25 502 ●2/16のスハネ25 501から差し替え
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4


これは2度目となる、雪景色の中での北斗星の記録ですが、雪が降ってる中で走行写真を撮ったのは初めてでした(笑)


■2月19日(金) 2レ 久喜~新白岡
※牽引機以外は2月15日と同一
EF81 95
カニ24 508
オハネフ25 214
オロハネ24 553
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15



■2月20日(土) 2レ 久喜~新白岡
EF81 88
カニ24 505
オハネフ25 14
オロハネ24 551 ●2/18のオロハネ24 554から差し替え
オロハネ25 503
オロネ25 505 ●オロネ25 506から差し替え
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4



■2月21日(日) 2レ 久喜~新白岡
EF81 82
カニ24 508
オハネフ25 12 ●2/19のオハネフ25 214から差し替え
オロハネ24 553
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15


個人的理想編成(笑)は、1週間くらい?の間、全く変化しなかったようですが、ここでオハネフ25 214がオハネフ25 12に差し替えられ、全車の形態が異なる編成ではなくなりました。
それでもまだ十分好ましい編成なのですが(笑)


■2月22日(月) 2レ 久喜~新白岡
※牽引機以外は2月20日と同一
EF81 79 
カニ24 505
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ25 503
オロネ25 505
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4



■2月23日(火) 2レ 久喜~新白岡
EF81 95
カニ24 508
オハネフ25 12
オロハネ24 553
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 501 ●2/21のスハネ25 503から差し替え
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15


この時点でスハネ25 503が外され、個人的理想編成はここで解消されることになりました。
…やっぱり、スハネ25 503は北斗星編成の中では特別に好きなので、この車両が連結されてないと何か物足りない感じがします(笑)


■2月24日(水) 2レ 久喜~新白岡  掲載済
EF81 82
カニ24 506 ●2/22のカニ24 505から差し替え
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ25 503
オロネ25 505
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ25 8 ●所定の5号車オハネ25 552(ソロ)の代わりに連結
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4

※号車札はオハネフ25 14以下、11~1号車なので、オハネ25 560番代(デュエット)は4・5号車に変更

所定編成の5号車ソロ(オハネ25 550番代)の代わりに、オハネフ25が3号車に連結されて、最後部に緩急車が3両も連なることになったイレギュラー編成です。
ネットの情報によると、本来の5号車ソロは車両不具合で編成から外され、その代わりに3号車にオハネフ25を連結したようです。
ただ、翌日以降は元の編成に戻ったので、このような編成で運転されたのは、2月中旬以降では23日発の2レ上野行と24日発の1レ札幌行だけでした。
※その後、3月3日発の2レと3月4日発の1レでも同じような編成となりました。
[参照]→●2010年3月2~4日 「北斗星」編成記録/3月4日のイレギュラー編成
(3/5追記)



■2月25日(木) 2レ 久喜~新白岡
EF81 80
カニ24 508
オハネフ25 12
オロハネ24 554 ●オロハネ24 553から差し替え
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 501
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15



■2月26日(金) 2レ 久喜~新白岡
EF81 79
カニ24 506
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ25 503
オロネ25 505
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552 ※所定編成に復帰(●2/24の3号車オハネフ25 8に変わって連結)
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4



■2月27日(土) 1レ 上野
カニ24 508
オハネフ25 12
オロハネ24 554
オロハネ25 502
オロネ25 504 ●2/25のオロネ24 501から差し替え 
スシ24 505 ●スシ24 504から差し替え
スハネ25 501
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15

EF81 95

ここに記載の編成の中では唯一の、1レ札幌行ですが、この日朝の2レの記録ができなかったので(寝坊w)、やむなく夕方に上野まで行って編成記録をとってきたのでした(笑)
なお、上野に向かう途中に尾久で、オロネ24 501がスシ24と連結された状態で編成から外れた姿を見ましたが、この日の昼頃に外したのでしょうか?(…写真撮っておけばよかったorz)


■2月28日(日) 2レ 大宮
※牽引機以外は2月26日と同一
EF81 81
カニ24 506
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ25 503
オロネ25 505
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4


これが2月の締めくくりとなる記録となりましたが、その牽引機は、元お召し機EF81 81でした。
その写真を2枚だけ載せておきます。

2010.02.28 0910_16(2) 大宮 EF81 81 「北斗星」
2010.02.28 09:10 大宮 EF81 81 「北斗星」
雨の降る中での撮影です。
ちなみにこの後は、編成記録をとるために、前日に引き続き上野まで行きました(笑)

2010.02.28 0912_14(1) 大宮 オハネフ24 502
2010.02.28 09:12 大宮 オハネフ24 502
オハネ14から2両が改造された緩急車、オハネフ24 500番代です。
デッキの内側に車掌室が設けられ、編成の中間に挟まっていると、ちょっと見ただけでは緩急車に見えないという形態は、改造車の豊富な24系の中でも異色の存在ですが、これと同じ手法で改造された客車は在来型には多数存在し、ハネ→ハネフの改造車としては、ナハネ10→ナハネフ10(冷房取付後オハネフ12)が挙げられ、こちらは110両もの多数派の存在でした。
他にも、スハ44→スハフ43 11~をはじめ、オハ35・オハ47・オハ61などの緩急車化改造車が多数存在しましたが、そんなわけで、このオハネフ24 500番代は在来形客車を思わせるような改造が行われたという点でも興味深い存在と感じられます。また、室内配置・外観としてはオハネフ13に近い印象を受けることも好ましく思えます。

最近になって、北斗星の編成記録を連日とるようになったのは、オハネフ24 500番代が毎日連結されていることも大きな要因ですが、時刻表の列車編成には、
『下りの上野発2月4・5・13日~3月12日、上りの札幌発2月3・4・12日~3月12日は、2号車のデュエット(=オハネ25 560番代)をB寝台(=オハネフ24 500番代など)に変更』と記載されていますので、3月半ばくらいまでは記録し続けるかもしれません(笑) 
なので、また記録がたまったら、今回と同じような形で掲載したいとは思っています。
(ただ、正直、仕事前に毎日記録をとるのはけっこーめんどーなので、ある日突然やめるかもしれませんがw)

それと…この掲載の仕方だと編成の変化の推移がわかりづらいので、そのうち表にまとめてみようとも考えていますw
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

オハネフ24 500番代車は・・・

前回は懇切なお返事、ありがとうございました。
また、私のブログを丁寧にお読みいただいたそうで、光栄です。
(たいしたこと書いてないですけどね。。。。)

さて、最近「北斗星」によくオハネフ24 501と502が入っているようですが、さすがに最後部に連結されることはないようですね。
『鉄道ピクトリアル』2007年8月号(46ページ)に、これを最後部に連結した団体専用列車の写真が載ってますけど、
いかにバックサインまで取り付けたとはいえ、切妻のまんまで、ものすごくかっこ悪いし・・・(笑)。
私は、これに乗ったことはありませんが、車掌室の面積は、どの程度なのでしょうか?
あまり狭いようですと「職場環境の悪化」ということで、もしかすると会社と労組の申し合わせで「オハネフとしては、なるべく使用しない」申し合わせがあるのかもしれません。

「十和田」のオロネ10形に関する考察、拝読させていただきました。
私も、構造が似ており、しかも(当時の)東鉄局内だけの話し合いで貸し借り出来る品川のマロネ41形あたりで代用していたんじゃないか・・・という気がいたします。

オハネフ24 500番代について。

> mitsuka115JNRさん
mitsuka115JNRさんのブログは、つい先ほども覗かせていただきました。
それで……「東海道線113系ボールペン」「横須賀線113系ボールペン」は、自分も欲しくなりました♪

個人的にオハネフ24 500番代は、あのお世辞にも美しいとは言えない、改造車丸出しなかっこ悪さが、逆にかっこいいと思っています(笑)
ただ、そう思うのは一部の客車好きだけのような気はしますが。
自分も、この車両には乗ったことがないですが、車掌室は3位側に設けられているようで(上写真のデッキの右側の小窓の部分)、オハネフ25などと比べても恐らくスペース的には見劣りしないと思われます。
ただ、妻面の貫通扉左側に後方監視窓は新設されたものの、車掌室内から後方の風景は見れないので、「乗務してて暇つぶしができない(?)」という点で「職場環境が悪化」すると言えるのかもしれません(笑)
(在来形客車では、オハフ33以前の形式では後方監視窓がなかったですが、オハフ61やスハフ42以降で設けられるようになり、これは当時の乗務員に好評だったそうですし)
また、車掌室内の配置も他形式とは勝手が違うと思われますので、そうしたこともあって、「オハネフとしては、なるべく使用しない」ということになっている可能性はあると思います。ただ、北斗星に限って言えば、1号車のオハネフ25は定員32名で簡易個室化改造が行われていますが、オハネフ24 500番代は、定員30名で簡易個室化もされてないという差異がありますので、故障等でやむを得ない場合以外、オハネフ24 500番代が北斗星1号車に連結されることはないのだろうと思います。

「十和田」のオロネ10予備車についての話は、興味のある人が周りにほとんどいないので、あまり人に話したことはないのですが、そのようなものを読んでいただきまして恐縮です(汗)
それで、品川の客車なら『東鉄局内だけの話し合いで貸し借り出来る』ということにまでは考えが及びませんでしたが、これはかなり重みがあることのように思えます。
当方の想像に同意いただけたうえに、貴重なご意見までいただきまして、ありがとうございました。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI