2010年3月10日(水) 雪景色の中を往くEF81 133牽引「北斗星」再び 栗橋~東鷲宮

ちょっと掲載が遅くなりましたが、3月10日は当方の近所で、雪景色での列車撮影が可能なほどの積雪となりましたので、またしても『雪の進軍』をしてきましたw
しかも、当日の上り北斗星の牽引機は、一度目の積雪のときと同じEF81 133だったというのは、何かの因縁でしょうか?(笑)
もちろん、EF81 133牽引北斗星を集中的に撮ってる自分にとっては、非常にありがたいのですが♪
2010.03.10 0928_14(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
なお、この日の北斗星には知り合いが乗っていましたので、雪や133牽引ということでなくても最初から撮りに行くつもりでしたが、自分にとっての撮影に行く動機が3つも揃ってしまうという異例の事態になりましたw
 

1回目の積雪のとき(2月2日)は、栗橋~東鷲宮の道路橋工事の付近で、2回目の積雪のとき(2月18日)は、蓮田~東鷲宮の有名撮影地で撮りましたので、今回はそれ以外の場所ということで、栗橋~東鷲宮の水沢踏切、もしくは島川踏切付近で撮ることにして、どちらで撮るかは現地の状況と気分(笑)で判断することにしました。

ただ、前日の夜にけっこうな積雪があったものの、その後雪から雨に変わったので雪景色が残っているのか、実際に行ってみないとわからなかったのですが…
2010.03.10 0912_28(1) 栗橋~東鷲宮
栗橋~東鷲宮 (水沢踏切付近)
ちゃんと雪景色でした♪
ただ、前々回の記事で少しだけ触れましたが、水沢踏切付近で何かの工事をしているとの話を聞いていまして、どうやら、用水路?のかさ上げ工事をしているようです。
この付近で撮るなら、編成の側面重視または側面主体ということで考えていたのですが、さすがにこの状況では側面主体で撮る気にはなれないので、とりあえず試しに、次点の候補地の島川踏切付近でE231系などを撮ってみることにしました。


2010.03.10 0814_18(3) 栗橋~東鷲宮 EF66 36
08:14 EF66 36
これは下りなので、北斗星撮影の参考にはなりませんが、いちおう駄目元で撮影w

2010.03.10 0815_32(1) 栗橋~東鷲宮
08:15 E231系
フェンスと踏切との隙間から撮ってみましたが、個人的感覚としては正面重視すぎですし、撮影成功率も低そうなので、次はもっと線路から離れて撮ることに。

2010.03.10 0820_36(1) 栗橋~東鷲宮 EF64 1009
08:20 EF64 1009

2010.03.10 0825_28(1) 栗橋~東鷲宮
08:25 E231系
…こんな感じで撮りたいような気もしましたが、ここだと失敗の可能性もあり得ることと、編成後方は撮れないということで、結局また水沢踏切付近に戻ることにしました(笑)
なにしろ、北斗星には知り合いが乗っているので、なおさらその編成写真は失敗なく押さえておきたかったですし(笑)
また、この時点では、水沢・島川の両方含めても、撮影者の方は自分の他に1人しかおられなかったので、このような、ゆーじゅーふだんっぽい行動も可能でしたw



その水沢踏切付近では、これまでに何度も撮っていますが、この場所の利点としてまず、撮影の自由度が高いということが挙げられると思います。
ただ、個人的に今回重視していたのは、ここでは編成前部だけでなく、後部からの編成写真も狙える、ということでした。
こんな感じ↓で…。
2010.03.10 0840_10(1) 栗橋~東鷲宮
08:40 E231系
今回見たE231系の中で、最も多くの雪を運搬していた列車ですw
尾灯が埋もれてるんですけど…w
それはともかく、ここでの後追いは個人的に気に入ってるのですが、今回の人出は水沢だけだと最大10人弱くらい?で、そんなに多くはなかったので、ここでの前後両撃ちを決行することにしました。

2010.03.10 0844_18(1) 栗橋~東鷲宮
08:44 E231系
編成前部の撮影については、工事中の部分をどうするかちょっと迷ったのですが、ある程度側面が写るようにしたいので、大体こんな感じで撮ることにしました。
この写真については、散歩の方とお犬様は狙って入れてますけど。
当方、犬とか猫とか鳥とか、動物が好きなもので…w
高松に早朝に着いて暇なとき、鳩の写真を撮ったりしてますし(笑)
…ただ、北斗星のような、自分にとって本命の撮影の時だと、なるべく人や動物は入れないようにするとは思いますがw
貨物列車あたりだと、どーするべきか悩みそう…とか思ったりw



…前置きがやたら長くなってますが、そろそろ北斗星を載せることにします(汗)

2010.03.10 0928_14(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
09:28 EF81 133 「北斗星」
この日の北斗星も、40分近くの遅れでやってきました。
…って。正面の形式番号が雪で隠されてほとんど見えないですw
撮る直前、「あの雪はどかしたいのう…」と思ってました(笑)

2010.03.10 0928.03.10 0928_14(2) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
そして、いつも通り連射♪
今回はこれが本命のカットです。

2010.03.10 0928_14(3) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
これは後ろパンタ串刺しですが、本命のカットよりもよりもこっちのほうが角度的にはいいような…。
ただ、これの実際の写真では、左側に架線柱がでかでかと入っているので、それをばっさりトリミングして掲載していますw


続いて、後追い撮影です。

2010.03.10 0928_22(1) 栗橋~東鷲宮 スシ24 504
オロネ24 501、スシ24 504他
地面に積もった雪が車体に反射して、車体外板のわずかな歪み(?)が強調される、なんとも言えない写りになりました♪
…まるで、昔の雑誌等の写真で見る、10系寝台車を連ねた寝台急行みたいな雰囲気(笑)
北斗星の撮影で、このような雰囲気の写真が撮れるとは思いませんでしたが、こうして24系客車を見ると、10系寝台車に近い雰囲気をかなり残していることがわかり、ナハ10試作車(軽量構造採用)→ナハネ10(裾絞りのある幅広車体の採用)→20系客車(固定編成・空調完備・全面的な固定窓の採用)→14系・24系(寝台設備の改良、屋根上冷房・側窓押さえゴムの露出を少なくした構造の採用)→24系25形・14系15形(ハネの二段寝台化)と進化してきた、正統な「国鉄の客車」なのだと、改めて感じられました。
(カシオペアのE26系はJR化後に登場ということもあって、従来の客車の流れとは完全に別物になっていますが)

2010.03.10 0928_24(2) 栗橋~東鷲宮 スハネ25 503
スハネ25 503他
2月23日の上り北斗星で編成から外れていた、広窓が特徴のスハネ25 503ですが、この日から運用に復帰しました♪
(実は、知り合いから事前に編成内容を教えてもらい、スハネ25 503の連結についてもわかっていたので、それでなおさら、後部からの編成写真を撮りたいと思ったのでした(笑))

2010.03.10 0928_28(1) 栗橋~東鷲宮
後ろから2両目の、オハネフ24 501がいい味を出してます♪
これが最後尾だったら、ますます昔の寝台急行っぽい雰囲気になったのですがw

2010.03.10 0928_28(2) 栗橋~東鷲宮 オハネフ25 2 「北斗星」
オハネフ25まで入れて撮ると、さすがに寝台急行的雰囲気はなくなります(笑)
もちろんこれはこれでいいですが、在来形客車好きの自分的には、1つ前の写真のほうがより好みだったり…w
ともあれ、ここでの編成後部撮影はやっぱりいいです。
雪景色のおかげで、普段とは変わった感じで撮れもしましたし、やはりここでの撮影にしておいてよかったです♪
(編成を事前に教えてもらえたおかげで、各車の写真を撮る必要が無くなり、編成写真に専念できたので、知り合いには感謝です♪)


これにて、ここでの撮影は終了ですが、帰り途中に少しだけ撮影したものを載せておきます。

2010.03.10 0942_58(2) 栗橋~東鷲宮 EF65 1103 単機回送 ほぼ真横
09:42 EF65 1103単機回送
ほぼ真横ですが、せっかくなら流し撮りにしておけばよかったような…。

2010.03.10 0943_00(1) 栗橋~東鷲宮 EF65 1103 単機回送
それにしても…やはり機関車は列車を引っ張っていないと、やっぱり物足りないですw



最後に、この日を含めた、最近の北斗星の編成記録を載せておきます。
撮影失敗が何度かありますが…(汗)

■3月7日(日) 2レ 久喜~新白岡
EF81 82
カニ24 506
オハネフ25 14
オロハネ24 553
オロハネ25 501
オロネ25 505
スシ24 507
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564?(番号判読不能のため前後の記録より推定)
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 8
 ●3/5のオハネフ25 4から差し替え


■3月8日(月) 2レ 久喜~新白岡
EF81 88
カニ24 507
オハネフ25 12?(番号判読不能のため前後の記録より推定)
オロハネ24 554
オロハネ25 502?(番号判読不能のため前後の記録より推定)
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 501
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 2
 ●3/6のオハネフ25 15から差し替え


■3月9日(日) 2レ 久喜~新白岡
※牽引機以外は3月7日と恐らく同一
EF81 92
カニ24 506
オハネフ25 14
オロハネ24 553
オロハネ25 501
オロネ25 505
スシ24 507
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 8



■3月10日(水) 2レ 栗橋~東鷲宮
(※この編成は、当編成に乗車の知人から連絡を受けたものと、当方の断片的な記録を照らし合わせて掲載)
EF81 133
カニ24 507
オハネフ25 12
オロハネ24 554
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503 ●3/8のスハネ25 501から差し替え
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 2

※道内等の牽引機は、DD51 1148+DD51 1095、ED79 11。

上の文章の中でも触れましたが、2月23日の上り北斗星で編成から外れていたスハネ25 503がこの日から運用に復帰しました。オロネ24 501も少し前に復帰したこともあり、また個人的理想編成に戻りました♪


■3月11日(木) 2レ 大宮
※牽引機以外は3月7・9日と同一
EF81 98
カニ24 506
オハネフ25 14
オロハネ24 553
オロハネ25 501
オロネ25 505
スシ24 507
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 8


今週は、先週・先々週と続いた5号車ソロの開放B寝台への変更はなかったようです。
なお、コメントにもいただいたのですが、時刻表に今後の北斗星の編成変更が載っていましたので、後日、またそれについて触れようと思います。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI