惜別 寝台特急「北陸」  2010年3月11日、EF64 37「あけぼの」/大幅遅れの「北陸」撮影

…最近は「北斗星」ばかりを追いかけまわしている当ブログですが、いちおうこの話題にも触れておきます(笑)

本日3月13日はJRダイヤ改正の日ですが、3月のダイヤ改正と言えば、毎回のように寝台列車・夜行列車が削減され、そのたびに残念に思ってきたものですが、今回の改正でも、上野~金沢間の寝台特急「北陸」と、急行「能登」が廃止となり、この朝には最終列車が終着駅に到着したものと思います。
個人的に、人出が多いところは好まないので、そうした様子を見に行ったりはしてないですが、3月11日に「北陸」などの撮影はしてきましたので、それを掲載して「北陸」惜別記事とします。
2010.03.11 0629_20(2) 大宮 EF64 37 「あけぼの」 2010.03.11 0936_16(2) 大宮 EF64 1053 「北陸」
…なお、今回は写真の枚数が無駄に多くなっていますので、スクロールするのがけっこう面倒かもしれません(汗)
 

(※以下数行、いちおう「北陸」と「能登」の話のはずですが、たぶんよくわからない話ばかりです(汗))
個人的には、「北陸」と言えば、EF64 1000番代牽引の14系寝台車編成…というのはもちろんあるのですが、急行時代の1953年6月から、元マイロネフ37280のマロネフ38 1~を連結していたことや、1958年から、二等寝台車として、それまで連結していたマロネ29に加えてナロハネ10を隔日で連結する、珍しい編成となっていたことなども浮かびます。
また、寝台特急格上げ直前の編成は、スハネ16などのB寝台車中心の編成に、オロネ10が2両とスロ62も連結され、この時期の急行としては優等車比率の高い列車だったという印象も強いです。

そして、「能登」についてですが、晩年は上越線経由の電車急行となっていましたが、個人的には「能登」と言われると、東京-金沢間を米原経由で結び、東京出発時は急行「伊勢」「那智」と併結されていた、1959年の登場当初の編成が真っ先に浮かびます。
当時の「能登」は、戦前は特急「鴎」などでも使用された元マイネロ37260のマロネフ38 11~を連結し、元戦前製一等寝台車として最後の定期運用がなされていたことでも印象深い列車でした。

…って。自分の生まれていない時代の話ばっかり書いてたり…(笑)
まぁ、当方は「明星」「彗星」「月光」「あかつき」などと聞いても、東海道夜行急行のイメージが圧倒的に強いような人ですのでw

…よくわからない話はそれくらいにしまして(汗)
とにかく、近年の「北陸」には5回以上乗車していますので、実際に乗る列車としてはなかなか使いやすかったと思いますが、火曜夜などの休日に絡まない平日に8号車を指定して乗ってみると、自分たちの他には誰も客がいない「専用車」となることが2回くらいありました(笑)
(「銀河」でも、同じようなことは何度かありましたw)
そうしたことから、少なくとも、平日における開放寝台の利用率はあまり高くなかったようですが、結局、車両の老朽化や利用率の低下などで、北陸新幹線の開業を待たずして廃止という結末を迎えることになってしまったのは残念でした。

そんなわけで、実用列車としては馴染みのあった「北陸」ですが、撮影対象として見た場合、14系客車を牽引するEF64 1000番代とヒサシ付きEF81は、新性能電機としてはいずれも最も好きな部類(ただしEF80はまた別格)ですから、魅力的な存在だったことは間違いないです。
ただ……あまりにも、終着の時刻が早過ぎました。
なにしろ、当方の居住地からは始発列車に乗っても、上り「北陸」には間に合いません(笑)
結局、「北陸」を撮るには、上野付近・金沢付近のどちらにしても撮影地付近で泊まる必要が生じますので、「北陸」を撮ったのは、夜行列車やバスで上野に着いてから、尾久への推進回送を撮ったことが何度かあった程度でした。

…ということで、最後を迎える「北陸」の撮影についてはほぼ諦めていたのですが、「あけぼの」については駅撮りなら可能ですし、今後は牽引機がEF64 1000番代のみとなる可能性もあるため、ダイヤ改正の前にできれば撮っておこうと思っていました。
それで、2月22日になんとなく行ってみたのですが…
2010.02.22 0629_08(1) 大宮 EF64 37 「あけぼの」s
2010.02.22 06:29 大宮 EF64 37 「あけぼの」
天気が悪かったこともあり、暗すぎて無理でしたw
(ISO感度1600で撮ってみましたが、このサイズでも辛い有様ですから、当方のカメラでこの数値は実用にならないようです)
もう少し日が上るのが早くなって、しかも晴れの日でないとまともに撮れないと悟り、しばらく沈黙することになりました。


■2010年3月11日(木)
◆「あけぼの」撮影
この日は「北陸」最終日の2日前で、天気は晴天が期待できましたが、やるべきことを抱えていたこともあって、直前まで出撃を迷っていました。
判断がつかないまま、なかなか寝る気にもなれず、朝の3時頃になって、以前撮ったEF64 37牽引「あけぼの」の大宮進入時の写真を見返したのですが、当時はカメラ置き換え前だったこともあってノイズ多めの画質で、このままEF64 37牽引「あけぼの」を現在のカメラで撮れずに終わっては後悔が残りそうだったので、結局出撃することを決めました。
ただ、その時点で寝たら確実に起きられなくなるので、徹夜で出撃ということになりましたがw
なお、上り「北陸」が遅れているような情報もありましたが、真相はよくわからなかったので、それの撮影について、この時点ではほとんど期待していませんでした。


始発で大宮に着いてから、しばらくの間訓練?に励んでいましたが……
そのうち、遠方に、2つの明りを灯す黒っぽい機関車の姿が。

2010.03.11 0629_18(1) 大宮 EF64 37 「あけぼの」
06:29 大宮 EF64 37 「あけぼの」
進入速度がかなりゆっくりだったこともあり、問題なく撮れました。
また、前日の「あけぼの」牽引機がEF64 1000番代だったようなので、この日はぶどう色のEF64 37牽引の可能性が高いと思っていましたが、実際にそうなってくれました♪

それで、以下は変化に乏しいと思いますが…
恐らくEF64 37牽引「あけぼの」を掲載するのはこれが最後となりそうなので、連射で撮った写真の半数程度を載せておきます(笑)

2010.03.11 0629_20(2) 大宮 EF64 37 「あけぼの」

2010.03.11 0629_22(1) 大宮 EF64 37 「あけぼの」

2010.03.11 0629_22(3) 大宮 EF64 37 「あけぼの」

2010.03.11 0629_22(4) 大宮 EF64 37

編成写真はここまでですが、続いて客車の写真です(笑)
2010.03.11 0629_26(1) 大宮 EF64 37 「あけぼの」

2010.03.11 0629_26(2) 大宮 オハネフ24 27
オハネフ24 27

2010.03.11 0629_28(1) 大宮 オハネ25 210
オハネ25 210

2010.03.11 0629_32(1) 大宮 オハネ24 49
オハネ24 49

2010.03.11 0629_34(1) 大宮 オハネフ25 117
オハネフ25 117

2010.03.11 0629_36(1) 大宮 オハネ24 555
オハネ24 555

2010.03.11 0629_38(2) 大宮 オハネ24 553
オハネ24 553

2010.03.11 0629_40(1) 大宮 スロネ24 551
スロネ24 551

2010.03.11 0629_44(2) 大宮 オハネフ24 19
オハネフ24 19

2010.03.11 0629_46(3) 大宮 カニ24 102
カニ24 102

2010.03.11 0629_48(1) 大宮 カニ24 102

編成写真を連射しただけでなく、客車についても全車撮れました♪
なお、2日後の上り「あけぼの」編成(EF64 37牽引最終日)も、ここに記載のものと同一でした。

希望通り、EF64 37牽引「あけぼの」が撮れましたので、これでもう満足と言ってもいいくらいでしたが、動向のよくわからない「北陸」のこともあり、駄目元で鶯谷に行ってみました。
ただ、鶯谷における撮影者の方はやはりそれなりに多く(パニックというにはほど遠い程度ですが)、また、「あけぼの」推進回送は京浜東北線とかぶったので、まともな写真は撮れませんでしたw
ただ、そちらに行く途中の尾久に「能登」の489系は留置されていたものの、「北陸」の14系の姿はなかったので、本当に「北陸」が遅れていそうだと判明し、ためしに再び大宮に行ってみることにしました。


◆まさかの「北陸」撮影(笑)
大宮に着くと、すでに数人の撮影者の姿が見られて、いかにも「北陸」はこの後やって来る、という雰囲気が感じられました。
ただ、いつ頃に来るのかは全然わからないので、とりあえずはてきとーに列車を撮影することに。
なお、この日は平日ということもあり、人出は最大でも20人程度(?)で、夜の「北陸」のような状況とは全くかけ離れた、落ち着いた雰囲気でした。

2010.03.11 0844_34(3) 大宮 185系
08:44 大宮 185系
この色の185系が、高崎線の特急で使用されることもあったのですね…。(無知w)
毎日のように見ている185系ですが、ヘッドマークが違うだけで、かなり新鮮に感じられます(笑)
ちなみに、185系はけっこう好きな形式なのですが、いちおう特急車なのに、急行用っぽい雰囲気がいいですw

…ところで、ここで列車撮影をしつつ「北陸」を待っているあいだ、
「こんな晴天の下、本当に「北陸」を撮れたら最高だろな~」なんて、ずっと思っていました(笑)

2010.03.11 0857_38(1) 大宮 EF64 1033+EF64
08:57 EF64 1033+EF64
最初は、いつもの機関車だな…と思っていたのですが、よく見ると重連でした(笑)
ただ、2両目のパンタは上がっていないので、どこか物足りない印象です。

2010.03.11 0910_58(1) 大宮 EF81 99 「カシオペア」
09:10 EF81 99 「カシオペア」
少し遅れてやってきた「カシオペア」ですが、この日は予備電源車カヤ27を連結していました。

2010.03.11 0914_22(2) 大宮 185系
09:14 185系
個人的には185系=7両というイメージが強いので(おはようとちぎw)、こんな長大編成はちょっと違和感が…w
もちろん、これはこれでいいですけど♪

2010.03.11 0927_40(1) 大宮 EF81 98 「北斗星」
09:27 大宮 EF81 98 「北斗星」
「北斗星」も、18分ほど遅れてやってきました。
普段ならこちらの各種記録が主目的ですが、この日ばかりは、ついでに近いです(笑)



そして、再度大宮にやってきてから、1時間半ほど経過し、「カシオペア」「北斗星」も行き過ぎて、ますますまったりとした雰囲気(笑)になりつつあった頃……
遠方に、青とクリーム色の機関車の姿が…(汗)

「……ほんとに来たぁぁぁぁぁっ!!!(汗)」

…心の中で叫んでましたですw
ただし、それは決して表には出しません。
表向きは、ただ黙々と、己が任務(?)を全うし、千載一遇のこの好機を生かすのみですw


そんなわけで、撮影開始。

2010.03.11 0936_10(3) 大宮 EF64 1053 「北陸」
09:36 大宮 EF64 1053 「北陸」
進入速度が遅いので、まずは最大ズームで撮影。(トリミングもしてます)
…自分にとって、最初で最後の「北陸」晴天順光での撮影ですから、気合いも入るというものです(笑)
ただ、当方のカメラでは、連射し過ぎると砲身が加熱…じゃないw、射撃できなくなったりピンボケしたりといった機能低下が発生するので、連射し過ぎないようにたまに間隔をあけつつ、数次にわたって連射しました。

2010.03.11 0936_14(2) 大宮 EF64 1053 「北陸」

2010.03.11 0936_16(2) 大宮 EF64 1053 「北陸」

2010.03.11 0936_18(1) 大宮 EF64 1053 「北陸」

2010.03.11 0936_18(3) 大宮 EF64 1053 「北陸」

2010.03.11 0936_48(1) 大宮 スハネフ14 28
スハネフ14 28

…あんまり変化はないかもしれませんが、これも最後ということで多めに載せました。
実際には、編成写真17枚と客車を1両ずつ撮ったのですが(笑)


…それにしても……「北陸」は満足に撮れることのないまま、終焉を迎えてしまうだろうと思っていたのですが…
まさか、廃止の2日前になって、こんな機会が訪れて、本当に晴天順光で撮れるとは思いませんでした。
(結局、「北陸」は3時間半以上の遅れでした(汗))
出撃するか迷って、眠い中いちおう出撃しましたが……つくづく、誤った判断をしないでよかったです(笑)


さすがにもう、これで大満足だったので、そのまま引き上げることも考えたのですが、またしても鶯谷に行ってみることにしました(笑)
ただ、編成写真が目的というわけではなく、資料的な客車の写真でも撮れればめっけもの、という程度の感覚でしたが。

鶯谷に着いてすぐに、「北陸」の推進回送がやってきました。

2010.03.11 1021_12(1) 鶯谷 スハネフ14 28
10:21 鶯谷 スハネフ14 28

2010.03.11 1021_16(1) 鶯谷 オハネ14 63
オハネ14 63

2010.03.11 1021_18(1) 鶯谷 スハネ14 759
スハネ14 759

2010.03.11 1021_20(1) 鶯谷 スハネフ14 29
スハネフ14 29

2010.03.11 1021_24(1) 鶯谷 スハネ14 755
スハネ14 755

2010.03.11 1021_26(1) 鶯谷 オロネ14 702
オロネ14 702

2010.03.11 1021_28(1) 鶯谷 スハネ14 703
スハネ14 703

2010.03.11 1021_32(2) 鶯谷 スハネフ14 32
スハネフ14 32

2010.03.11 1021_34(1) 鶯谷 EF64 1053 「北陸」
EF64 1053

回送の通過間際に到着したので、車体にかかるケーブルについては割り切りましたが、意外と側面にも日が当っていたので、資料写真としては、予想よりもいい感じに撮れたと思います。
大宮では反対側面を撮っているので、これで全車の両側面が撮れましたし(笑)
なお、上り「北陸」最終日の編成も、ここに記載のものと同一でした。


その後は、上野に立ち寄ると、売店でこんなものが売っていたので購入してみました。
北陸w
『おつかれさま寝台特急北陸(青) リングビスケット』 525円です。
商品名の『(青)』って何だろう、と思いましたが、どうやらEF81バージョンの『(赤)』も存在するようで(笑)
ただ、上野で自分が買った店では青しか見かけなかったので、赤は金沢でしか売ってないのかもしれません。

それにしてもこれ…正面はちゃんとEF64になっていますが、側面は客車との合造車?になってたりして、ちょっと笑えますw
…それと、このEF64の番号は1053になっていますが、この日撮影した「北陸」のEF64も1053だったので、偶然の一致?にこれまた笑えました♪


なにやら、ものすごく長くなっていますが、そろそろ終わろうと思います(汗)

「北陸」が廃止となってしまったのは残念の一言ですが、「北陸」の寝台車のA個室、B個室、B開放の3種類全てに乗車できて、そのどれもが思い出深いものになりましたし、また、最後になって、まさかの晴天順光での撮影機会が得られたことも、忘れられない記憶となりそうです。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI