2010年7月11日(日) EF81 133「北斗星」/EF510-506「カシオペア」 矢板~片岡

すっかり、EF81 133祭り(?)となってますが、これで3件連続のEF81 133「北斗星」です(笑)
2010.07.11 0745_02(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
自分的には無難に撮ってきたつもりですが……一般的には、この撮影地としてはあまり無難な構図ではないのかも…?(笑)
ところで、前回・前々回記事は文をチェックする時間がなかったので、いつも以上に誤字脱字等が多かったですね…(恥)
ただ、郡山のEF81 133の写真は自分としても非常に気に入ってるので、多くの拍手をいただけて嬉しく思います♪
 

EF81 133牽引の「北斗星」も、さすがに今回が最後になりそうな気がしますが、その最後(?)の撮影については、わりと簡単に決められました。
6月4日に矢板~片岡で撮った側面主体の写真が、構図的には気に入ってるのですが、その時はけっこうびみょーな天気だったのと、その場所での曇りバージョンも撮っておきたいということで、その時と同じ場所から撮ることにしたのでした。

…そんなわけで、また宇都宮で泊まって、翌朝の始発で出撃。
もはやこの行動も当たり前になってしまいましたが、最初の数回は3000円弱のカプセルホテルだったのが、そのうち3800~4500円のホテルになってたのは、ぜーたくし過ぎだったかもしれませんw

矢板~片岡の有名撮影地には、もう何回来たかわからないですが、日曜に来るのは初めてでした。
これまで、平日のカシオペア運休日にEF81 133を撮りに来た時は、撮影者の人数は多くても10人弱くらいだったと思いますが、今回は…
「日曜日に久しぶりの北斗星色機充当」
「北斗星EF81置換え4日前」
「北斗星EF81置換え前の最後の休日」
「最後になりそうな(?)EF81 133」
これだけでも大変ですが、それに加えて、
「EF510カシオペア運行日」
でもあったため、集まる人数はけっこう多くなるかと予測されました。

で。始発で片岡に着き、現地付近に行ってみると……
路駐の車が列をなしていました(笑)
その数、約20台w

…始発で行って既にこの状況とは、完全に予想を超えてましたw
最終的に集結した人数は、40人くらいになってたのでしょうか?(汗)
(当方の撮影位置からは全景は見えなかったのですが、とりあえず、昔の帆船の軍艦みたいな砲門数になってるのはわかりましたw)
ただ、当方の予定していた場所はあいてたので、人数が多くても何の支障もなかったですが♪
(あまり一般的な場所ではなさそうなうえ、三脚を立てられない場所なので、まず埋まってることはないだろうとは思ってましたが)


この区間では何度も撮ってますので、予行演習写真は省略しまして。
まずは、カシオペアです。
(これも自分にとっては予行演習なのですがw)
2010.07.11 0726_44(1) 矢板~片岡 EF510-506 「カシオペア」
2010.07.11 07:26 矢板~片岡 EF510-506 「カシオペア」
この日は、背景の山並みがほとんど見えませんでした(笑)
また、ここに来たのは約1ヶ月ぶりでしたが、前に来た時とは、ずいぶん様子が変わりました。
これで鉄塔とか建物が無ければ、原野の中を走ってるみたいなのですがw

2010.07.11 0726_44(3) 矢板~片岡 EF510-506 「カシオペア」

2010.07.11 0726_44(4) 矢板~片岡 EF510-506 「カシオペア」
個人的な感覚から言うと、やはりEF510は側面主体で撮ったほうが好ましく写る気がします。
…しかし、やっぱり機関車と客車の色が不似合いに思えてしまいますw


続いて、EF81 133牽引 「北斗星」です。
2010.07.11 0745_00(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.07.11 07:45 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
晴天下の北斗星は、機関車の赤と客車の青とが鮮烈で素晴らしいですが、曇りの下での北斗星は、本来の色に近い見え方となって、渋さが感じられるものとなり、違った良さがあると思えます。
また、原野っぽい雰囲気と、曇りの天気もよく似合ってるという気がします。

2010.07.11 0745_00(2) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
例によってパンタ串刺しw
列車との距離の変化による、列車の見え方の変化をわかりやすくするために、あえて載せてます。


2010.07.11 0745_00(3) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」

2010.07.11 0745_02(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
これが本命の写真です。
個人的には、このくらい線路から離れて撮るなら、引き付けて撮るほうが好みなものでして。
また、個人的には、側面が反射したり、逆に暗くなったりするのはあまり好まないのですが、ここではそのようなことにならなかったので、やはり見栄えがよく思えます。


この日の編成は、以下の通りでした。
■7月11日(日) 2レ 矢板~片岡
※7月7日と同一編成
※牽引機連結位置以外は、7月9日の1レと同一
EF81 133
カニ24 505
オハネフ25 215
オロハネ24 554
オロハネ25 501
オロネ24 501
スシ24 507
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 565
オハネ25 564
オハネ25 561
オハネフ25 15




そんなわけで、恐らくこれが、EF81 133北斗星の最後の撮影になったかと思います。
(同じようなことを、もう何回書いたかわかりませんが…w)
欲を言えば、7月9日の郡山で撮った写真が非常に好ましかったので、それと同じような構図で走行写真も撮りたかった…なんて思う部分もあります。
133については、意外と、そのような一般的な構図で撮ってなかったようですし。(気付くの遅いw)
もっとも、そのような欲求は本当にキリがないので、いちいち言ってもしょーがないのですが(笑)
ただ、今回撮った写真が、「曇り」という条件下で、今、一番撮りたかったものだったのは確かなので、それを狙い通りに、無事に撮れたのはなによりだったと思います。

…さて、12・13日の下り北斗星の牽引機はどうなるのでしょうか…?
13日は、一番人気のあれになりそうな気がしますが…
12日については、またEF81 81なのか、他の北斗星機なのか、あるいは、喜ぶ人の少なそうな(笑)カシオペア機なのか……
それとも、まさかの133なのか…?(笑)
(7/12 01:55追記)
→って…某所に『12日78、13日87』とありましたが…今度も当たってしまうのでしょうか?(笑)
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI