銚子電鉄見聞記 2010年5月8日(土) (2)仲ノ町

当方の地元ネタの北斗星関連記事が続いた関係で、地方私鉄ネタがすっかりご無沙汰となってしまいました(汗)
今後はその方面の記事もぼちぼち掲載していこうと思いますが、まずは、7月24日に新車両2000形の営業運転開始が決まった銚子電鉄からです。
2010.05.08 1409_22(1) 仲ノ町 デハ1002・デハ801・デハ2001 2010.05.08 1420_38(1) 仲ノ町 デハ2002
しかし……この、5月8日訪問分の1回目の掲載は、約2ヶ月前でした…。
ここまで間があくとは、本人的にも予想外でしたが、そのせいで鮮度ゼロの記事となっています(笑)
※仲ノ町駅構内の見学・撮影は、入場券を購入のうえ許可を得て、立入可能区域表示の内側で行っております。
 

この日は、午前中にはお目当てのデハ801が走っていましたが、昼頃には運用から外れてしまったので、仲ノ町に行ってみることにしました。


■デキ3
以前は黒一色だったデキ3ですが、近年に塗色変更されました。
2010.05.08 1353_30(1) 仲ノ町 デキ3

2010.05.08 1354_26(1) 仲ノ町 デキ3
黒一色に慣れてたので、ちょっと違和感が…(笑)
個人的には、デハ801・701をこの旧色にしてほしかったですが……さすがにそれは、実現せずに終わりそうです。



■デハ701
2010.05.08 1344_42(1) 仲ノ町 デハ701

2010.05.08 1349_08(1) 仲ノ町 デハ701

2010.05.08 1359_04(1) 仲ノ町
デハ701のすぐそばには、パンタグラフ(PS13?)が置かれていましたが、これはデハ301あたりに付いてたものでしょうか?


■デハ801
2010.05.08 1340_20(1)2 仲ノ町 デハ801
完全逆光ですが、この日はデハ801の走行写真を満足いくほど撮れなかったので、その分ここで撮りまくりました(笑)

2010.05.08 1341_10(1) 仲ノ町 デハ801
デハ801は、このくらいの角度で見ると、とくに好ましいような気もします。
個人的には、車両を撮影するなら走行写真が一番ではありますが、留置されてる車両を撮る場合、微妙に距離と角度を変えつつ、理想のアングルを考えながら撮ることが可能ですし、ディティール写真や資料写真も撮り放題なので、走行写真撮影とはまた違ったよさがあるように思います。
(頻繁に通った琴電でも、瓦町などに留置の旧型車をよく撮ったものです(笑))

自分の場合、旧型車が運用に入り続けていると仲ノ町に寄る余裕がなくなってしまうので、留置されてる旧型車を撮影したのは約2年半ぶりのことでしたが、旧型車をじっくり眺めつつ撮るのも、またいいものです♪

2010.05.08 1341_58(1) 仲ノ町 デハ801

2010.05.08 1410_42(1) 仲ノ町 デハ801・デハ2001
こちらは、駅の外から、デハ801と「新車」デハ2001を。

2010.05.08 1409_22(1) 仲ノ町 デハ1002・デハ801・デハ2001
そこに営業列車のデハ1002がやって来ると、なんともカラフルな並びになりました(笑)
ちなみに、各車の製造年は、左から順に、昭和35年、25年、37年とのことで…。
真ん中のデハ801は、戦前製電車と大差ない形態なので、明らかに古めかしく見えますが、デハ1002とデハ2001では、どちらが古いのか、外観からはほとんどわからないような気がします。


■デハ2002
この車両は、撮っていい位置にいるのか、ちょっとよくわからなかったので、駅舎の付近にあった(と思います…)立入可能区域の書かれた地図で「問題なし」と確認してから撮影を行いました。

2010.05.08 1418_32(1) 仲ノ町 デハ2002
…湘南形の前面形態に、クリーム色の塗色は……
まさしく、東武熊谷線キハ2000形!(笑)

2010.05.08 1417_02(1) 仲ノ町 デハ2002
もちろん、所有していた会社も、車体の大きさも、それに車種すら違うので(笑)、実際にはけっこう形態は異なるのですが(当然)、キハ2000形のイメージは十分伝わってきます♪

こちら↓は色調を「自動補正」にしてみました。
2010.05.08 1420_38(1) 仲ノ町 デハ2002
このほうがいい感じかも…?
しかし……正直、この車両の前面を見たときは、あまりにもクリーム色が似合っているので、そのかっこよさにちょっと感動してしまったり…(汗)
これで、側面のラッピングがなければ最高だったのですが…(笑)


側面がラッピングされてしまったのは、個人的には残念でしたが、前面にそれがないことについては幸いでした。
これなら、そのうち前面重視で撮ってみたい、という気がしますので♪
…うまく側面を反射させて、ラッピングがほとんどわからないように撮れればいいのですが(笑)

2010.05.08 1421_16(1) 仲ノ町 デハ2002台車
こちらは、デハ2002の台車です。



そんなわけで、ぜひとも見てみたいと思っていたクリーム色のデハ2002を見れましたし、デハ801も存分に撮れましたので、帰還することにしました。

銚子に着くと、14:39発の総武本線の列車が停まっていましたが、これは211系だったのでパスしまして、次の成田線の113系で帰ることにしました。
しかしこれが15:19発で、発車までの間、車内で40分ほど待つことに(笑)
途中で観音の鯛焼きやたこ焼きを食べてきたので、腹も減ってなかったですしw
2010.05.08 1448_28(1) 銚子 113系車内
もっとも、この時は疲れてたので、ちょっとひと眠りするにはちょうどよかったのでした(笑)

発車した後は、MT54の走行音とコイルばねのDT21台車のハネっぷりを堪能しましたが、銚子からの帰りはやっぱりこれが一番です♪


…それで、7月24日に銚子に行くかどうかは不明です。
というか、恐らく行かないだろうと思います。
その日は、銚子電鉄ファンだけでなく、京王電鉄ファンの方も押し寄せて、人が多そうな気がしますし…(汗)
あと、個人的にはそれよりも、旧型車のさよなら運転のほうが気になるものでして…(汗)
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI