2009・2010年のEF81 133牽引「北斗星」を振り返って

北斗星の牽引機置き換えから2ヶ月が経過しようとしていますが、ようやくEF81 133北斗星まとめ記事ができました。
※掲載にあたって、大半の写真を補整し直しましたが、2015年9月にその一部を再補整し、下記記事に掲載しました。
 ●惜別・寝台特急「北斗星」
2010.01.08 0907_42(色10)_栗橋~東鷲宮 EF81_133 2010.06.04 0744_36(4) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.07.09 2156_56(1) 郡山 EF81 133 「北斗星」 2010.07.11 0745_02(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
以下、2009年11月~2010年7月の、EF81 133牽引上り北斗星は一応全て掲載している超自己満足記事となっています。
 

まずは、どーでもいい雑談から失礼します。

北斗星との最初の遭遇は、1990年7月に大宮に停車中の姿を見たときでしたが、この頃の自分にとっては、基本的に縁のない列車でした。
しかしその後、就職してから3年ほどは宇都宮に住んで電車通勤していた関係で、個室寝台車を連ねた北斗星2号を毎日のように見ましたし、現住所(S県K市)に引っ越してきてからも地元を走る列車ということは変わらず、また、何度か乗車する機会も得られたので、寝台列車としては、よく利用した「銀河」と並んで、馴染み深い列車になっていました。
…そんなわけで、Nゲージの北斗星も全種類ではないですが購入してますw
エルムのセットも、EF81 133目当てで…(笑)


それから時が流れて……2009年11月4日。
この日の夜、大宮でたまたま下り北斗星を見たのが運の尽き?でした(笑)
その牽引機が、存在は知っていながら一度も見ることのできなかった、北斗星色EF81で唯一ヒサシ付のEF81 133でしたので。
個人的に最も好きな電機は、ヒサシ付のEF80一次形ということもあって、非貫通・ヒサシ付の電機が好みなのですが、当然EF81もヒサシ付の車両が大好きなのでした。
そうしたこともあって、琴電旧型車で撮り鉄に覚醒するより前の、ほとんど走行写真を撮らなかった当時でも、ヒサシ付EF81の牽引する「はくつる」はいちおう撮ってましたし(超へたっぴでしたがw)、赤い電機の前面に青いヘッドマークを掲げたその姿は、自分が実際に目にした定期の客車列車としては、最も魅力的に感じられたほどでした。
(余談ですが、ヒサシ付EF81牽引客レは、今でも「あけぼの」の青森側で見れますが、個人的感覚としては、ヘッドマークのデザインと、編成に中央通路式のソロが入る点で、はくつるやEF81 133北斗星に比べると外観的にやや物足りない感じもします。(2階建て的車両の外観が好みではないので)
…それでも、来年の夏くらいには撮っておきたいですがw)


そんなこともあって、ヒサシ付のEF81が、青いヘッドマークを掲げて北斗星を牽引する姿を見れて嬉しく思ったのですが、2日後には上り北斗星を牽引してくると予測できたので、これを迎え撃つことを決めたのでした(笑)
…以後、予想以上の泥沼にはまっていくわけですが…w



■2009年11月6日(金)  快晴  ●EF81 133北斗星初撮影  詳細記事はこちら
※天気については、当方が撮影した地点のものです。
20091106_0937_04_栗橋-東鷲宮1_北斗星
2009.11.06 09:37 栗橋-東鷲宮 ※掲載済写真を再補正
EF81 133の北斗星牽引は、2009年1月上旬以降、11月4日に下りを牽引するまでの間は途絶えていたとのことですが、それ以降はわりと頻繁に北斗星運用に入るようになりました。
その、復帰後初運用を見れてなければ、本格的に北斗星を撮影するようにならなかった可能性が高いですから、つくづく運がよかったと思います(笑)
で、この日の写真は、栗橋駅から徒歩25分ほどの場所で撮りましたが、ちょった変わった構図ながら、旧カメラで撮ったわりには上々かと思いますw


■2009年11月22日(日)  曇り  ●EF81 133北斗星撮影2回目  詳細記事はこちら
20091122_0855_45_久喜_北斗星
2009.11.22 08:55 久喜~新白岡 ※掲載済写真を再補正
最近よく撮ってる場所で撮ったものですが、もっとカメラを線路に近付けて撮らんか、と言いたくなります(笑)
カメラを載せてるフェンスが思いっきり写ってますのでorz
なお、これも旧カメラで撮った写真ですが、縦横比は一眼と同じにしてます。
あまりにもフェンスの存在感が強すぎるのでw


■2009年11月29日(日)  快晴  ●EF81 133北斗星撮影3回目  詳細記事?はこちら
20091129_0854_55(1)_久喜~新白岡
2009.11.29 08:54 久喜~新白岡 ※掲載済写真を再補正
機関車にかかるケーブルの影など、撮影場所の選定からしてすでに失敗ですし、そのうえピンボケしてますので、当方のEF81 133北斗星撮影の中で最大級の失敗写真です(笑)
ただ、当時は旧カメラだったので、さほど痛手ではないですがw


■2009年12月27日(日)  晴れ  ●EF81 133北斗星撮影4回目  詳細記事はこちら
20091227_0849_00(1)_栗橋~東鷲宮
2009.12.27 08:49 栗橋~東鷲宮 ※掲載済写真を再補正
栗橋駅から徒歩40分ほどの水沢踏切で撮ったものですが、この場所に徒歩で来たのは初めてだったので遠く感じました(笑)
写真のほうは、天気がやや微妙だったものの、この当時としては、けっこうよく撮れたと思ってました。
ただ、長編成の客車編成を撮るには、旧カメラの600万画素では辛い部分も感じましたので、新機種購入を本格的に検討することに…。
(ただ、性能的には型落ちで十分と思ってましたので、最新機種を買う気は全くなかったですがw)


■1月1日(金)  快晴  ●EF81 133北斗星撮影5回目  詳細記事はこちら
2010.01.01 0958_12(1)_栗橋~東鷲宮 EF81_133
2010 01.01 09:58 ※掲載済写真を再補正
そして、新カメラを導入してさっそく撮ったのがこれです。
2006年発売のコンデジ最上位機種から、2008年発売のデジタル一眼中級機にグレードアップすると、さすがに写りが全然違いました(笑)

ただ、ぢつはこれの撮影前、暇つぶしに鳥を撮っていまして(をいw)、その際に設定をオートにして、うっかりそのまま北斗星を撮ったためにシャッタースピードが1/400になってしまいました(愚)
それでも、よく見れば完全には止まってない、という程度で済みましたが(笑)
それにしても、元日からEF81 133牽引北斗星を晴天順光で撮れるとは、実に幸先のいいスタートでありました♪

■1月1日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 215
オロハネ24 551
オロハネ25 502
オロネ25 504
スシ24 505
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 566か565(推定)
オハネ25 563(推定)
オハネ25 561(推定)
オハネフ25 0番代



■1月4日(月)  快晴  ●EF81 133北斗星撮影6回目  詳細記事はこちら
2010.01.04 0850_34(1)_栗橋~東鷲宮 EF81_133
2010 01.04 08:50
この写真は新規掲載で、かなりトリミングはしてますが、この日の北斗星では一番マシに撮れてるような…。

2010.01.04 0850_36(1)_栗橋~東鷲宮 EF81_133
※掲載済写真を再補正
これの補正前写真は掲載済でしたが、なにゆえ、後ろパンタがびみょーなこの写真を選んで掲載したのかは謎です(笑)

2010.01.04 0850_38(1)_栗橋~東鷲宮 EF81_133
これも新規掲載ですが、後部が超カツカツ+画面に占める空の割合が多くなりすぎで、かなりびみょーですw
もっとも、このときは状況的に、カメラをこれより下には向けられなかったのですが(笑)


※この写真は掲載済
こちらは後追いですが、雪の残る様子がいかにも冬の北斗星らしくて、後部から撮った編成写真としてはとくに気に入ってるものです♪

■1月4日(月) 2レ 栗橋~東鷲宮
EF81 133
カニ24 500番代
オハネフ25 0番代
オロハネ24 550番代
オロハネ25 500番代(推定)
オロネ25 500番代
スシ24 500番代
オハネ25 238 ※ドア故障のスハネ25 500番代の代わりに連結(番号はネットより)
オハネ25 552
オハネ25 565か566(推定)
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ25 4


故障のスハネ25 500番代(ソロ・ロビー)の代わりにオハネ25(B寝台)を連結したイレギュラー編成でした。


■1月8日(金)  快晴  ●EF81 133北斗星撮影7回目  詳細記事はこちら
2010.01.08 0907_42(色10)_栗橋~東鷲宮 EF81_133
2010.01.08 09:07 ※掲載済写真を再補正
本来、EF81 133はこの前日の北斗星を牽引して上ってくるはずでしたが、前日のダイヤ乱れの影響で、8日の北斗星で上ってきました。
この日の北斗星は18分程度の遅れにとどまったので、光線の向きは普段とあまり変わらず面薄になりましたが、これはこれで味があるような気がします♪
(本人的には、一番よく撮れた部類に思えます)


■1月8日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮
EF81 133
カニ24 500番代
オハネフ25 14
オロハネ24 551
オロハネ25 502
オロネ25 504
スシ24 505
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563(推定)
オハネ25 561
オハネフ25 15



■2010年1月25日(月)  晴れ  ●EF81 133北斗星撮影8回目  詳細記事はこちら
2010.01.25 0850_46(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133kt
2010.01.25 08:50 栗橋~東鷲宮
この日はカメラの電池を充電し忘れてて、電池残量がギリギリでしたが、いちおうは撮れました(笑)
ただ、編成後部がカツカツだったので、他の写真と組み合わせて切り継ぎ加工をしてますw
(そして、こうした加工はその後何度も繰り返されることに…w)
また、色については、もっと濃い色にしたかったのですが、直すにはかなり手間がかかりそうなので我慢しましたw

■1月25日(月) 2レ 栗橋~東鷲宮
EF81 133
カニ24 500番代
オハネフ25 215
オロハネ24 552
オロハネ25 503?
オロネ25 505?
スシ24 506
スハネ25 501
オハネ25 552
オハネ25 565
オハネ25 564(推定)
オハネ25 562
オハネフ25 0番代



■2010年2月2日(火)  快晴(雪景色)  ●EF81 133北斗星撮影9回目  詳細記事はこちら
2010.02.02 0851_10(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
2010.02.02 08:51 栗橋~東鷲宮

2010.02.02 0851_10(2) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」

2010.02.02 0851_12(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
これより少し前から、焦点距離を変えながら連射ということが可能か試していましたが、1月23日の銚子電鉄の撮影では列車の速度が遅いこともあって成功し、それを受けて北斗星でもやり始めたのでした(笑)
その結果は、最初のカットを本命と位置付けていたために、やはりそれが最もバランスはよかったものの、その後の2枚もわりとちゃんと撮れてたので、味をしめてこの手法を本格導入することになったのでした(笑)
もっとも、より連射速度の速いカメラを使ったり、複数のカメラを使ったりすれば、一度の撮影機会で撮れる枚数はもっと増えるでしょうけど、三脚は使いたくないですし(荷物を増やしたくないw)、高級機を買う金もないので(笑)、当方の身の丈にはこれくらいが合ってるかと思っていますw

■2月2日(火) 2レ 栗橋~東鷲宮
EF81 133
カニ24 505
オハネフ25 215
オロハネ24 552
オロハネ25 503
オロネ25 506
スシ24 506
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 565
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ25 2



■2010年2月5日(金)  快晴  ●EF81 133北斗星撮影10回目  詳細記事はこちら
2010.02.05 0849_58(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
2010.02.05 08:49 栗橋~東鷲宮 ※掲載済写真を再補正(下の1枚も同様)

2010.02.05 0850_02(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
この日は珍しく、かなり遠くから撮影しましたが、編成写真のほうはあまりツボではない写真になりました(笑)
ただ、1回くらい、こうした構図で撮っておくのもありかと思いますし、これの副産物で、EF81 133や客車のほぼ真横も撮れたので、これはこれでよかったとも思います。
ところで、1月半ば頃から、編成写真の撮影直後、客車についてもなるべく1両ずつ撮ろうとしていましたが、この日から処理速度の速いSDカードを使用開始したために、全車の形式番号なら欠かさず撮れるようになりました。
そんなわけで以後は、1台のカメラで、編成写真数枚+全車写真(編成記録)+場合によっては後部編成写真を撮るという、欲張り撮影が常態化することに…(笑)

■2月5日(金) 2レ 栗橋~東鷲宮  掲載済
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 13
オロハネ24 554
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 505
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 8



■2010年2月15日(月)  鈍曇り  ●EF81 133北斗星撮影11回目  詳細記事はこちら
2010.02.15 0851_38(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
2010.02.15 08:51 栗橋~東鷲宮 ※掲載済写真を再補正
この日は、EF81 133北斗星撮影の中でも、最も暗い中での撮影となりました。
そのせいか、撮影者は島川も含めて、自分以外に誰もいなかったという稀有な状況に…w
写真については、やはりものすごく暗い写りになりましたが、補正しまくってどうにかなりました(笑)

改1 2010.02.15 0851_40(1) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
※この写真は掲載済

■2月15日(月) 2レ 栗橋~東鷲宮
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 214
オロハネ24 553
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 15



■2010年3月5日(金)  快晴  ●EF81 133北斗星撮影12回目  詳細記事はこちら
2010.03.05 1020_46(1) 蓮田~東大宮 EF81 133 「北斗星」
2010.03.05 10:20 蓮田~東大宮 ※掲載済写真を再補正(下の1枚も同様)

2010.03.05 1020_46(2) 蓮田~東大宮 EF81 133 「北斗星」
これまでに、わりと一般的な編成写真はそれなりの枚数を撮れたので、今度は編成の側面主体で撮ってみたくなり、この場所で撮ることにしました。
この時期に北斗星を撮った場合、通常なら前面に日が当らないのですが、この日の北斗星は大幅に遅れたため、予想外の完全順光で撮れたのでした♪

■3月5日(金) 2レ 蓮田~東大宮
EF81 133
カニ24 506
オハネフ25 14
オロハネ24 553
オロハネ25 501
オロネ25 505
スシ24 507
スハネ25 502
オハネ25 552
オハネ25 564
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4


   
■2010年3月10日(水)  曇り(雪景色)  ●EF81 133北斗星撮影13回目  詳細記事はこちら 
2010.03.10 0928.03.10 0928_14(2) 栗橋~東鷲宮 EF81 133 「北斗星」
2010.03.10 09:28 ※この写真は掲載済
この日のEF81 133は、正面の形式番号が雪で隠されてほとんど見えなくなってましたので、撮る直前に「あの雪はどかしたいのう…」と思ってました(笑)

…というわけで、どかしてみました。
2010.03.10 0928 EF81 133 「北斗星」 加工1
厳密には、他の写真からナンバーを移植してきたのですがw
しかし、やはりこのほうが見栄えがいいです♪

2010.03.10 0928_28(1) 栗橋~東鷲宮
※掲載済写真をわずかにトリミング
あえて、最後部のオハネフ25まで入った写真ではなく、その直前の写真をこちらにも載せておきます。
雪景色の白が車体に反射して、独特の雰囲気になりましたが、後ろから2両目にオハネフ24 501が連結されているのもポイントです♪

■3月10日(水) 2レ 栗橋~東鷲宮
(※この編成は、当編成に乗車の知人から連絡を受けたものと、当方の断片的な記録を照らし合わせて掲載)
EF81 133
カニ24 507
オハネフ25 12
オロハネ24 554
オロハネ25 502
オロネ24 501
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 563
オハネ25 561
オハネフ24 501 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 2

※道内等の牽引機は、DD51 1148+DD51 1095、ED79 11。


■2010年4月19日(月)  曇り  ●EF81 133北斗星撮影14回目  詳細記事はこちら
この日は、3月10日以来、40日ぶりにEF81 133が上り北斗星を牽引しました。
当方はこの間、3月20・21日には琴電旧型車目当てで四国に、3月31日夜~4月5日朝は往復北斗星で北海道に行ってましたので、EF81 133北斗星の連続撮影記録(笑)が途絶えるかも?と思ってたのですが、40日近くの間、EF81 133が北斗星運用に入らなかったおかげで、その記録は途切れずに済んだのでしたw
そして、その間に季節も光線の向きも変わったこともあり、個人的にはこの日以降、EF81 133北斗星撮影の第二ステージに突入した感がありました。
2010.04.19 0744_42(3) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.04.19 07:44 矢板~片岡 ※掲載済写真を再補正
この後、何度も通うことになる矢板~片岡の撮影地ですが、電車移動で余裕をもって撮影するためには、前日に付近で泊まる必要があり、数年前に住んでいた宇都宮に何度も泊まることにもなったのでした(笑)
写真のほうは、天気には恵まれなかったものの、ほぼイメージ通りの構図で撮れたと思いますが、築堤はまだ枯れ葉ばかりで緑が少なく、風景としてはちょっと微妙でしたw

■4月19日(月) 2レ 矢板~片岡
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 215
オロハネ24 553
オロハネ25 501
オロネ25 505
スシ24 507
スハネ25 501
オハネ25 552
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 562
オハネフ25 2



■2010年4月26日(月)  晴れ  ●EF81 133北斗星撮影15回目  詳細記事はこちら
2010.04.26 0745_12(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.04.26 07:45 矢板~片岡 ※掲載済写真を再補正
この日は晴れましたが、視点の高さは4月19日のほうがよかったです(笑)
わずかな視点の違いでも、写真の印象は大きく変わるので難しいです。、
…あと、緑が少ないので、晴れてもちょっとびみょーでしたw(むしろ曇りのほうが色彩のバランスがいいようなw)

■4月26日(月) 2レ 矢板~片岡
EF81 133
カニ24 505
オハネフ25 214
オロハネ24 554
オロハネ24 501
オロネ25 504
スシ24 506
スハネ25 503
オハネ25 551
オハネ25 565
オハネ25 564
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番代(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 8



■2010年5月17日(月)  晴れ  ●EF81 133北斗星撮影16回目  詳細記事はこちら
ようやく緑が増えてきた、三度目の片岡ですが…
2010.05.17 0745_58(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.05.17 07:45 矢板~片岡 ※掲載済写真を再補正(下の1枚も同様)
これくらい緑が増えると、やはり見栄えがいいです♪

2010.05.17 0746_00(2) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」ピンボケ
しかし……レンズの手ブレ補正がなぜか切れてたこともあって、本命のカットはピンボケしましたw
(写真はシャープ補正して誤魔化してますが、拡大するとピンボケがバレバレですw)

■5月17日(月) 2レ 矢板~片岡
EF81 133
カニ24 506
オハネフ25 12
オロハネ24 553
オロハネ25 502
オロネ25 506
スシ24 507
スハネ25 501
オハネ25 552
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 562
オハネフ25 4



■2010年6月4日(金)  晴れ  ●EF81 133北斗星撮影17回目  詳細記事はこちら
2010.06.04 0744_36(4) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.06.04 07:44 矢板~片岡 ※掲載済写真を再補正
この日は日差しが弱かったうえ、編成後半は曇られましたw
(本人的にはさほど気になりませんが)
ただ、これくらい側面重視で、なおかつ標準レンズに近い焦点距離(この写真だと換算60㎜くらいに相当)で撮った写真というのもかなり好みです♪

それで、北斗星の牽引機置換えは7月頃?との話だったので、これが最後のEF81 133北斗星になるかと思っていたのですが……実際には予想に反して、その後も意外と多く北斗星運用に入ってくれました(笑)

■6月4日(金) 2レ 矢板~片岡
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 13
オロハネ24 552
オロハネ25 501
オロネ25 506
スシ24 504
スハネ25 501
オハネ25 552
オハネ25 563
オハネ25 562
オハネフ24 502 ◇オハネ25 560番台(デュエット)の代わりに連結
オハネフ25 4



■2010年6月26日(月)  晴れ  ●EF81 133北斗星撮影18回目  詳細記事はこちら
2010.06.26 0756_16(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」切継2
07:56 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」 ※この写真は掲載済
本当は島川カーブで撮りたかったのですが、狙っていた場所の雑草が伸びて撮影不可能となりましたので、その代わりにこのカーブで撮ってみたものです。
2両目の床下が雑草で隠れる等、色々気にはなりますが、ちょっと変わった写真は撮れたかと思います♪
…ただ、これも編成後部が超カツカツなので、切り継ぎ写真になってますが(笑)
その関係で、本当はもっと赤を濃くしたいものの、難しそうなので我慢してますw

■6月26日(土) 2レ 矢板~片岡
EF81 133
カニ24 508
オハネフ25 13
オロハネ24 552
オロハネ25 502
オロネ25 504
スシ24 504
スハネ25 503
オハネ25 552
オハネ25 566
オハネ25 563
オハネ25 562
オハネフ25 2



■2010年7月7日(水)  曇り  ●EF81 133北斗星撮影19回目  詳細記事はこちら
2010.07.07 0750_06(2) 片岡~蒲須坂 EF81 133 「北斗星」
2010.07.07 07:50 片岡~蒲須坂 ※掲載済写真を再補正(下の写真4枚も同様)
たまには寝台側を撮っておこうと思ってここで撮ることにしましたが…撮影は失敗しまくりw
この写真は編成後部カツカツ+後ろパンタ串刺しですが、それでもこれが一番マシなものでしたw

その後は新幹線で北斗星を追撃(笑)
2010.07.07 0911_34(3) 大宮 EF81 133 「北斗星」
2010.07.07 09:11 大宮

2010.07.07 0911_36(1) 大宮 EF81 133 「北斗星」
大宮のホーム端で迎え撃ちましたが……しゃがんで撮ったものの、姿勢よく撮りすぎたのか(?)、視点が高すぎて安定感のない写真になってしまいましたw
以前撮ったEF81 81北斗星の写真↓と比べると、その差が明らかです(笑)
2010.02.28 0910_16(2) 大宮 EF81 81 「北斗星」
そのときは、人が多かったので視点をかなり低くしないと撮れない状況だったのですが、むしろそれがよかったようで。
…そんなわけで、この大宮での撮影は、EF81 133北斗星撮影の中で最大の失敗でしたorz
嗚呼…もったいなさすぎるw

で。さらに新特急で上野に行ってから鶯谷へ。
2010.07.07 0954_20(2) 鶯谷 EF81 133 「北斗星」
2010.07.07 09:54 鶯谷

2010.07.07 0954_22(1) 鶯谷 EF81 133 「北斗星」
こちらは無難かつ平凡かと思います。

■7月7日(水) 2レ 片岡~蒲須坂 他
※7月11日も同一編成
※牽引機連結位置以外は、7月9日の1レも同一
EF81 133
カニ24 505
オハネフ25 215
オロハネ24 554
オロハネ25 501
オロネ24 501
スシ24 507
スハネ25 502
オハネ25 551
オハネ25 565
オハネ25 564
オハネ25 561
オハネフ25 15



■2010年7月9日(金)  雨  ●EF81 133北斗星撮影20回目  詳細記事はこちら
2010.07.09 2156_56(1) 郡山 EF81 133 「北斗星」
2010.07.09 21:55 郡山 EF81 133 「北斗星」 ※この写真は掲載済
一度撮っておきたいと思っていた、EF81 133北斗星の夜の姿ですが、EF81 133最後の1レで実現できました。
この日はかなり強い雨が降っていたので、屋根のないホーム端付近での撮影は大変でしたが、その雨のおかげで、普段以上に好ましい雰囲気の写真が撮れたので、むしろありがたかったです♪
駅撮りでありながら、最も費用のかかる北斗星撮影となりましたが(笑)、行っておいて本当によかったと思っています。


■2010年7月11日(日)  曇り  ●EF81 133北斗星撮影21回目(最終)  詳細記事はこちら
…改めて振り返ると、EF81 133北斗星撮影が21回にものぼることに少々驚いてしまいますが、それもこの日で最後となりました。

2010.07.11 0745_02(1) 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」
2010.07.11 07:45 矢板~片岡 EF81 133 「北斗星」 ※掲載済写真を補正

最後の撮影は、EF81 133と北斗星編成の特徴が伝わりやすい写真になるよう意識して、6月4日と同じ場所から撮りました。
構図もそちらとほぼ同様ですが、雑草が増えて原野のような景色に変化し、また、曇天のために編成が渋い色合いとなって、6月4日の写真とは全く異なった雰囲気で撮ることができました。
EF81 133北斗星の最後を飾ることになったこの写真も、かなり気に入るものとなっています。



2009年11月から2010年7月までの約8ヶ月の間に、EF81 133の北斗星牽引は上り下り各20回行われたわけですが、結局、上りについてはその全てを記録することができました。
これは、自由度の高い仕事の体勢に変えていて、なおかつ基本的にEF81 133北斗星撮影を最優先としていたので可能になりましたが、旅行等に重なることが一度もなかったので、運にも恵まれていたと思います。
(ちなみに、もし仕事の体制が変わらないままだったとしたら、撮影可能なのは1月1・4日と7月7日の3回だけでした…w)

そのEF81 133は8月下旬に秋田に回送、入場したとのことで、また出場して貨物列車の牽引に当たるのか、それとも……
気になるところです。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI