2011年6月4・5日(土・日) 「SL C61復活号」 井野~新前橋など

6月4日には、C61 20復活後初となる営業運転が行われましたので、当然の如く?撮りに行ってきました♪
2011.06.04 1032_24(2) 井野~新前橋 9735レ 「SL C61復活号」 C61 20+在来形客車
…今後、このブログは当分の間、C61主体になりそうな気もします…w
●上りの失敗写真1枚を追加しました。(6/13)
●以下の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

■2011年6月4日(土)
2011.06.04 1032_20(1) 井野~新前橋 9735レ 「SL C61復活号」
2011.06.04 10:32 井野~新前橋 9735レ 「SL C61復活号」
この日は晴天だったということもあり、煙よりも光線の向きを重視して、新前橋駅から徒歩十数分?のこの場所で撮りました。
それでも、光線的には正面にほとんど日が当らず、また、この季節だと太陽の位置も高いので、やや?苦しいですが。
(この日は遅れが出てたので、多少それも影響してそうです)


2011.06.04 1032_22(2) 井野~新前橋 9735レ 「SL C61復活号」 C61 20+在来形客車
6/12までは、このヘッドマークを付けて運行されますが、青地に特急「はやぶさ」と同じ図柄を配し、そこに「C61 20」を重ねたデザインで、国鉄の特急等以外はヘッドマークへの関心の薄い当方にとっても、なかなか好ましく感じられます。
…青地なら「はつかり」「はくつる」でもよかったのでは、という気もしますが(笑)

2011.06.04 1032_24(2) 井野~新前橋 9735レ 「SL C61復活号」 C61 20+在来形客車
例によって?このあたり↑↓が本命です♪
2011.06.04 1032_26(1) 井野~新前橋 9735レ 「SL C61復活号」 C61 20+在来形客車
そんなわけで、側面は概ね順光?で撮れましたが、やはり煙が出てないと物足りなく感じることは否めません(笑)
個人的には、電車や気動車なら、光線の向き最優先なのですが、蒸機の場合、光線の向きよりも、煙を重視したほうが見栄えがいいような…という気もします。
秩父鉄道のC58を撮ってたときから、そう感じてはいましたがw
また、気温の高い日でも見える黒い煙は、重油併燃時、または不完全燃焼によるもので、現在の保存運転の場合、演出としてやっている場合も多いようですが、それでも、煙が出てたほうが写真的に見栄えがいいのは確かです(笑)


…ところで、C61 20をわりと引きつけて撮ったのはこれで3回目ですが、毎回非公式側だったということに、いまさら気付いたり…w
なので、今度?は公式側を撮りたいものです(笑)

それと、この列車は所定時刻より20分以上遅れてたので、多少?光線は悪くなりましたが、とにかく、被らずに撮れたのは何より幸いでした♪
なにしろ、この編成写真を撮ってから約50秒後に、上り列車が通過していきましたので…(汗)
個人的に最近、近場ではよく被ってるので、「早朝からここまで来ておきながら、それの再現になるのでは…」と危惧してましたw
また、本来の予定では、後続の上越線下り列車に乗って、駄目元でC61を追撃するつもりだったのですが、この遅れによって不可能になり、また、個人的に時間不足がまだ続いていたので、午後の上りは撮らずに帰還することにしました。

■2011.06.04 9735レ 「SL C61復活号」
C61 20
スハフ32 2357
オハ47 2266
スハフ42 2173
オハ47 2261
オハ47 2246
オハニ36 11




■2011年6月5日(日)
この日は、前日とは逆に、上りだけを撮ってきました。
…撮影は失敗だったのですが、いちおう載せておきますw

これまでのC61の撮影機会のうち、思い通りに撮れたものは、自分的な標準的構図ばかりでしたので、今度はより側面重視で撮りたく思い、今後、何度も行くことになりそう?な、渋川~八木原にロケハンを兼ねて行ってきました。
ただ、実際に行ってみると、線路際の雑草が伸びて、側面重視で撮ると機関車などの下回りが一部隠れる場所が多そうで、結局、渋川と八木原のほぼ中間のカーブ区間で撮ることに。

2011.06.05 1649_48(1) 渋川~八木原 9736レ 「SL C61復活号」 C61 20+在来形客車
2011.06.05 16:49 渋川~八木原 9736レ 「SL C61復活号」
こちらは、後ろ切れ失敗&実際に近い?暗さの写真です(笑) (6/13追加)

2011.06.05 1649_50(2) 渋川~八木原 9736レ 「SL C61復活号」 C61 20+在来形客車
こちらは、後ろ超カツカツ&実際より明るめ写真(笑)
それに、C61のスノープロウにかかる雑草も気になりますが、これより前に撮った2枚は、編成後方が切れましたのでorz
なにゆえこのよーなことになったか白状しますと……かなり暗くなってきたので、露出を稼ぐためにズーム流し的に撮ったところ、列車はうまく止めて撮れたものの、カメラを進行方向側に振りすぎたという…よくやるパターンでしたw(最近は少なくなってきたと思ってたのですが…w)
これらの写真は、時間をかければ、他の写真との切継加工+煙描画などで対処できなくもなさそうですが、そんなことをするよりも撮り直したほうが早そうです。
…そのうち、またこの近くで撮ろうと思いますが、それが可能に思えるほどの本数が設定されてるのは、実にありがたいことです(笑)


そんなわけで、撮影的には失敗でしたが、線路から離れて側面重視で撮るのもいい感じ、ということは確認できました(笑)
また、やはりC61の次位がオハニ36となる編成は格別です♪
以前の記事でも触れた、かつての特急「はやぶさ」「平和」を彷彿とさせるというのもありますが、この組み合わせは、東北本線の急行でも見られ、その当時もオハニ36(または電暖化改造車のスハニ37)は上野方に連結されていましたから、なおさら好印象です。
(当方の本来の鉄道趣味の中心は、1950~1960年代の在来形客車使用の優等列車なものでして(笑))
もちろん、スハフ32がC61の次位というのも違った魅力がありますが、C61登場後のスハフ32は普通列車での使用が主体なので、これだと普通列車的雰囲気が強まる感じがします。
(戦後でも、スハフ32が定期急行の増結車として使われたことはあったと思いますが)

2011.06.05 1649_54(1) 渋川~八木原 C61 20
C61の斜め後方ですが、2軸従台車の後に、(ボイラー能力のわりに)短めのテンダーと、大振りなテンダー台車が続くので、ほとんど隙間なく車軸が並び、下回りの密度感が非常に高いという印象を受けます。

2011.06.05 1649_58(1) 渋川~八木原
C61+オハニ36…のあとは、どうしても特ロ(特別二等車、スロ54など)か、マロネ40などの優等寝台車が欲しくなってしまいます(笑)
よ…よこかわの、マロネ40(マイネ40)を……ぜひw
あと、オシ17とナハネ11(オハネ12)とナハフ11も…w(くどい&無理w)
…そのあたりの話は、ここ↓でさんざん書きましたがw
●2011年4月27日(水) C61 20 試運転時の在来形客車 両側面写真と…無駄に長い戯言(汗)


そのようなたわごとはともかく(汗)、今後、このような編成が当たり前に見ることができるというのは、全くありがたすぎです♪
それで、次の週末は用事が入ってるので、撮りに行けるか未定ですが(日曜だけ行くかも?)、少なくとも今月後半にはまた行こうと思います♪
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI