2011年6月18日(土) 「SL C61復活号」 9735レ 津久田~岩本

6月18日に、また「C61復活号」を撮ってきましたので、まずは下りの9735レから掲載します。
2011.06.18 1131_48(2) 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」
●以下の大部分の写真は、クリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

前回のC61撮影の際は、ほとんど煙の出てない写真になったので、今度は煙にも期待しつつ、岩本に。
現地に着くと、4/27の撮影時に近い位置なら確保できそうでしたが、できれば違う場所で撮りたかったので、津久田方面に少し歩いて、空きのある場所をなんとか確保(笑)

まずは、前座の115系を撮影。
2011.06.18 1122_12(3) 津久田~岩本 115系
2011.06.18 11:22 津久田~岩本 115系
これまで、115系はあまり撮ってなかったのですが、C61撮影のついでによく撮るようになったので、けっこう撮り貯めることができています(笑)
高崎付近では、湘南色の115系があまりにも当たり前に走ってるので、正直、貴重さは感じないのですが、置換えが始まってしまえば、あっという間に姿を消すでしょうから、なるべく撮っておこうとは思います。



そして、C61ですが……
この季節としては、予想以上の煙だったので、その迫力に思わず、予定より早く撮影開始(笑)
2011.06.18 1131_46(1) 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」
2011.06.18 11:31 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」
前回の運転まで、C61の煙室扉のナンバープレートが現役時よりもやや下寄りに付けられていましたが、今回から通常の位置になったようで、個人的には、こちらのほうがより好ましく感じられます♪
ただ、見方を変えると、煙室扉ナンバープレートがやや下寄りの姿は、営業運転開始2週目までのレアなものだった?と言えそうです。
(今後、ナンバーの位置が変わらなければ(笑))

なお、撮影開始後2枚目までは背景の架線柱や建物が微妙な感じで省略したので、上写真は3枚目に撮ったものです。
本来はこの位置から撮るはずだったのですが……煙とドラフト音に昂りすぎて、ついついシャッターに力が入りすぎましたw
力行時の蒸機は、その迫力に呑まれず冷静に撮ることが求められるので(笑)、電車や電機などよりも、うまく撮るのが難しいと感じます。


2011.06.18 1131_46(3) 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」
架線柱よりも外側から撮っていることもあって、写真左側の架線柱、とくに黄色い板が目立ちますが、それには目をつぶりました。
また、客車の側面が赤くなってるのは、踏切警報機の赤が反射しているためですが、実はそのことは全然意識してませんでした(笑)
いずれも、その気になれば画像加工で消せるでしょうけど…w


2011.06.18 1131_48(1) 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」
この写真は別記事に先行で掲載したものです。(トリミング以外の補正なしなので、他よりやや暗め・コントラスト弱め)

2011.06.18 1131_48(2) 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」
ここでの本命はこのあたり↑↓です♪
2011.06.18 1131_48(3) 津久田~岩本 9735レ 「SL C61復活号」0.6

それにしても……
ううむ……かっこよすぎる…(笑)
C61だけでも十二分に魅力的なのに、それが、ぶどう色で統一された在来形客車の編成を牽引しているのだから素晴らしすぎます…。
また、今回はヘッドマークなしなので、現役時代に近い雰囲気や渋さがさらに増していると感じられます。

それと、当方は列車撮影に電車(琴電旧型車)から入った人なので、蒸機中心で撮られてる方よりは煙への期待度は少ないと思いますが、やはりこれくらい煙が出てると迫力が違います♪
もちろん、気温が低ければもっと盛大な煙になるのでしょうけど、冬場に蒸機を撮ったことはないものでして(汗)

あと、撮影についてのちょっとした失敗にも触れておきます。
予定よりも撮影開始が早すぎたのは前述しましたが、そのせいで、上の写真(連射9枚目)を撮ったところで連射速度が一時的に低下し、C61のアップの写真は撮れずに終わったのでした(笑)
8枚程度撮ると連射速度が落ちることはわかっていたので、ある程度引き付けてから撮り始めようとしていたのですが……C61のあまりの迫力の前に屈しました…w



続いて、後追いです。
2011.06.18 1131_50(2) 津久田~岩本 9735レ C61 20
D51と同じ径の太いボイラーに2軸従台車という組み合わせということもあり、重厚感が素晴らしいです。

2011.06.18 1131_52(1) 津久田~岩本 9735レ C61 20
…こちらはピンボケorz

2011.06.18 1131_52(4) 津久田~岩本 スハフ32 2357
スハフ32 2357

2011.06.18 1131_58(1) 津久田~岩本 オハ47 2246
オハ47 2246
個人情報保護のため?、拡大画像は省略(笑)
…それはともかく、編成の全車について、こんな感じの撮り方ができていれば面白かったような気もしますが、単なる形式写真的なものとどちらを優先するべきか迷って、結局どちらつかずになりました(愚)
そのあたりは今後への課題ということで、今回はうまく撮れた3両分を載せておきます。


2011.06.18 1132_00(1) 津久田~岩本 オハニ36 11
オハニ36 11
この車両の貫通扉両脇をよく見ると、かつて特急運用が存在した証の、テールマーク掛けが残っています。
オハニ36 11の特急運用は、1960年に「はやぶさ」が20系客車に置き換えられて終了しましたが、それから51年後の今に至るまで撤去されず残されたことに、感慨深くなったりもします。
以下、余談ですが。
軽く調べてみたところ、過去に特急運用のなかったと思われる、大井川鉄道のオハニ36 7にはテールマーク掛けは見当たらず、特急運用のあったスハフ43 2・3では撤去されてるようです。
また、一部のスハフ42は臨時特急「さくら」などで使用されたことがあるので、テールマーク掛けを設けた車両も存在したと思われますが、JR東のスハフ42 2173には付いてないようで、スハフ42 2234にはかなり低い位置にオハニ36 11と異なる形状のステーが付いてるようです(これは近年に取付?)。


2011.06.18 1132_00(3) 津久田~岩本
この、オハニ36最後尾の編成写真を見て思ったのですが…
(以下、また妄想ですw)
C61に「はやぶさ」のヘッドマークを付けて走れば絶品だろうと想像しますが、オハニ36にも「はやぶさ」の行灯式テールマークを付けたら最高だろうな…と(笑)
牽引機にこだわらなければ、「かもめ」「あさかぜ」「平和」もよさそうですがw


■2011.06.18 9735レ 「SL C61復活号」
C61 20
スハフ32 2357
オハ47 2266
スハフ42 2173
オハ47 2261
オハ47 2246
オハニ36 11

(6/4・5と同一編成)


最後が、また客車の話になってしまいましたが(汗)、次回は上りの9736レを掲載予定です。
先に、「煙は出てないです」とお断りしておきますが(笑)
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI