2011年10月29日(土) 秩父鉄道(3) 「ELみつみね」 和銅黒谷/旧色1007Fなど 樋口~野上

今回も10月29日の秩父鉄道撮影の続きを掲載します。
(実際の掲載は2日00:30頃ですが、1日掲載としてあります)
2011.10.29 1446_26(1) 和銅黒谷 「ELみつみね」 デキ505ts
今回の内容は、色々とびみょーすぎるのですがw
●一部の写真(4枚)は、クリックすると倍の大きさで表示されます。
 
 

小前田付近で小豆色1002Fを撮った後は、当然の如く、その後の運用を追ってみましたが、1534レ(三峰口12:24→熊谷13:54/14:00→羽生14:21)の後、順当に行けば1537レ(羽生14:33→熊谷14:55/15:03→三峰口16:39)に入りそうということで、何ヶ所かの候補地のうち、和銅黒谷に行ってみることに。
この日はデキ505+12系の「ELみつみね」が運行されてるので、和銅黒谷でちょうどそれを撮影できるということも一因でしたが、どちらかと言うと、約2年間行ってなかった和銅黒谷の状況を確認することが主目的でした。

2011.10.29 1443_26(1) 和銅黒谷s
2011.10.29 14:43 和銅黒谷 (写真は三峰口方面) ※この駅で撮影の写真は、いずれも赤みを強めにしています(晴天日陰)
その和銅黒谷の様子ですが、予想していたよりも光線の向きが側面寄りで、1537レの時刻(和銅黒谷発16:05)では、恐らく正面にほとんど日が当らなそうに思われ、また、建物などの影が列車にかかる可能性もありそうなので、ここでの1537レの撮影は断念しました。
(その時間に実際に撮ってみたわけではないので、実際のところは不明ですが)


とりあえず、上り「ELみつみね」がやってきますので、それを撮影。
2011.10.29 1446_26(1) 和銅黒谷 「ELみつみね」 デキ505ts
2011.10.29 14:46 和銅黒谷 「ELみつみね」 デキ505 ※この2枚は通常と異なる縦横比としています。
2011.10.29 1446_28(2) 和銅黒谷 「ELみつみね」 デキ505ts

当方の標準的撮り方(わりと側面重視で、35ミリ版換算50ミリ前後まで引き付けて撮影)からは外れてますが、当初の予定ではこの後に波久礼で、それに近い撮り方をする予定だったためでもありました。
それにしてもこの編成、機関車も客車も渋めの色ということもあって、なかなか似合ってるように感じます。

2011.10.29 1446_38(2) 和銅黒谷s
これはお遊び撮影ですw


その後は、前記の通り、波久礼で「ELみつみね」と、1537レを撮る予定だったのですが。
上り列車で野上~樋口を走行中、外を見ると、思っていたよりも光線の向きが悪くなく、日の傾きも1537レの時間なら大丈夫そう、ということで、急遽予定変更で樋口にて下車
なにしろこの区間は、個人的に、1002Fを最も撮っておきたい場所で、なおかつ、順光もしくはほぼ順光で撮れる季節も時間も限られるという、実に難儀な場所ですので…(笑)
夏場に撮っておけばよかったのに、というのは重々承知してますので、この際横に置いておきますw
その区間に、今の季節としては最も理想的な時間に1002Fが入りそうとなれば、この予定変更は当方にとって当然のことでありましたw
その代償として、「ELみつみね」の二度目の撮影はできなくなりましたが。
後になって、樋口のホーム端で撮っておけばよかったと思いましたが、なぜかそれをしませんでした。もったいない…w


そして、約2年ぶりにその撮影場所に来たのですが、以前来た時とは少し状況が変わっていました。
2011.10.29 1536_30(1) 樋口~野上s
2011.10.29 15:36 樋口~野上
2年前に撮ったのはこのあたりでしたが、そのときの写真(下)と比べると、写真左のほうに、雑草?が盛大に積み上げられています(笑)

2009.07.14 野上~樋口 17:05頃


そんなわけで、以前と同じ場所ではまともに撮れないので、畑の端部の外から撮ることにしました。
2011.10.29 1538_34(1) 樋口~野上s


まずは、上り列車。
2011.10.29 1544_06(1) 樋口~野上 7503Fts
2011.10.29 15:44 樋口~野上 7503F
さすがに側面薄ではありますが、これくらいで撮れれば十分です♪


そして、下り……
小豆色1002Fが入ってると予測の、1537レです。

「って……をや…?」

2011.10.29 1548_02(2) 樋口~野上 1007Fts
2011.10.29 15:48 樋口~野上 1007F

「な……なにゆえ……そなたが来るのでおぢゃるか…っ!?」(混乱w)


2011.10.29 1548_04(1) 樋口~野上 1007Fts

内心、「なにゆえ……なにゆえでおぢゃるかぁぁぁぁぁぁぁorz」と絶叫しつつも、連射でちゃんと撮ってたのはえらいと思いますw(あほw)
ただ、もう少し正面重視のほうがよかったかな…という気もしますw

で。撮影直後、1002Fの運用予測を再確認しましたが、とくに間違いはなく、そうなると……熊谷で車両取り換えが行なわれたようです(汗)
秩父鉄道での車両取り換えされた記憶は、2年以上前に1回か2回あったような?という程度なので、全然気にとめてなかったのですが、ここでその車両取り換えに遭遇してしまうとは…orz
1534レと1537レの時刻を見ると、いずれも熊谷での停車時間が長いですが、どちらかの列車で車両取り換えが毎回行なわれるのかどうかすらわかりません(汗)
予想では、一定ではないような気がしますが、今後、そうしたことも要調査となりそうですw


2011.10.29 1554_36(1) 樋口~野上 デキ507ts
2011.10.29 15:54 樋口~野上 デキ507
帰る前に上り貨物を撮影しましたが、これが、光線の当たる状況で撮れる最後の列車でした。
この後は間もなく、太陽が山に隠れて一気に暗く…(笑)


これでこの日の撮影は終了ですが、フリー切符を使っていることもあり、いったん皆野へ。
2011.10.29 1648_26(1) 皆野s
秩父鉄道は、渋い駅舎が当たり前のように存在しているのも魅力の一つです♪

そして、熊谷行きの急行に乗車。
2011.10.29 1658_38(1) 6000系車内s
撮影で疲れた後は、これで帰るのが極楽です(笑)
2011.10.29 1658_44(1) 6000系車内s
急行料金200円という低価格のわりに、けっこういい座席と広めの座席間隔で、何度乗っても実に快適です♪
電動車に乗ると走行音は大きめですが、個人的にはそれも魅力ですw

2011.10.29 1701_30(1) 親鼻~上長瀞s
2011.10.29 17:01 親鼻~上長瀞


そして、熊谷に到着。
2011.10.29 1757_28(1) 熊谷 1002Fs
2011.10.29 17:57 熊谷 1002F
奥の側線で1002Fが休んでました。
この日は結局、1002Fの走行写真は1回しか撮れませんでしたが、その1回は、これまでの撮影の中でもかなり好ましく撮れたので、無念…というほどではありませんでした(笑)

そして、「遠からずまた撮ってくれるわ…」と心の内で誓って(笑)、帰途についたのでした。



ところで、話は変わりますが、11/1午前に、秩父鉄道野上-樋口間で、踏切で停止したダンプカーに普通列車が衝突する事故が発生したそうで…(汗)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00000034-mai-soci
↑いつまで掲載されてるかわかりませんが、いちおうニュースサイトのアドレスです。

個人的に、現場近くに2日前に行ったばかりということもあり、事故の写真を見たときは驚愕しましたが、あの脱線の仕方からすれば、乗員乗客の方が軽傷以下で済んだのは不幸中の幸いと感じます。
ただ、事故車両のデハ5004の前面は大きく変形するなど、素人目には、修理は難しく思えるほどです…。

その5004Fですが、10/29朝に撮影したものの未掲載だったので、ここで掲載しておきます。
2011.10.29 0716_54(3) 新郷~武州荒木 5004Fts
2011.10.29 07:16 新郷~武州荒木 5004F
2011.10.29 0717_00(1) 新郷~武州荒木 5004Fts
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

事故をニュースで知った時、このブログは今秩父鉄道をやっている最中だったと思い、開いてみました。
やはり、事故の事は載っていましたね。逮捕された運転手は女性の様で、クラッチトラブルで動かなくなったと言っている模様です。こういう整備不良は気を付けないと、後でえらい事にもなりかねません。ツルツルのタイヤで走っている大型車もよく見掛けます。スリックタイヤは今F1でも使っていないのに…。
デハ5004は無償譲渡なのでしょうが、地方私鉄にとってはこの1輌でも大きい筈です。1輌失って結局3輌失う事になるでしょう。修理の費用より、何処からか無償譲渡を受ける方が良いとも考えられます。
1000系と言えば、小豆や朱色が思い浮かびますが、このリゲインもなかなかだと思います。
P.S. 投稿先の方に続きの記事を載せました。明日位に又別ジャンルの記事も載せます。

No title

コメントありがとうございます。

基本的に、このブログでは事故や災害についてはあまり触れてないのですが、秩父鉄道は個人的に、特別に身近な存在ということもあり、大したことは書けないと思いつつも、少しだけ触れておきました。(事故の2日前にたまたま5004Fを撮っていたので、写真も追加できました)

ダンプの車種を見ると、極端に古いというほどではなさそうですが(1994年以降製造、事故車が何年製かは不明)、一時期は某社製トラックのタイヤがよく外れるということで問題視されましたし、整備はしっかりやってもらいたいものですね。鉄道車両のように、厳格に検査をしてもらえたらいいのですが…。

5004Fの処遇については、リンク先の地味鉄庵さんに予測が書かれてますし、当方が書けることはなさそうですが、やはりデハ5004は廃車、他の2両は部品取り…という可能性が高そうに思えます。
また、長期的には、確かに中古車の譲渡を受けるのがよさそうに思います。

旧色1007Fについてですが、この記事では予想外の衝撃が強すぎたため、1007Fが来て残念…としか見えないかと思いますが(汗)、あの色もけっこう好きではあります。(1000系としては小豆色の次点)
しかし、リゲインとは…。昔のCMの歌は好きでした(笑) 
それで、写真だと確かに「黄色と黒」に見えますが、実際には黄色と濃い茶色だったりします。(念のため)

続きの記事のほうも拝見しました。
日本海は、やはりローズピンクのEF81に魅力を感じます。それと、日本海の客車についてはあまりよく知らなかったのですが、日によって、白帯の比率がかなり高いときもあるのですね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI