2011年12月10日(土) 秩父鉄道(1) 小豆色1002Fなど 武州荒木~東行田/樋口~野上など

最近はまるで秩父鉄道ブログのようになっていますが、訪問ペースに掲載ペースがなかなか追いつけないこともあって、今回も秩父鉄道記事になります(笑)
さすがに今回からは写真の省略が多くなりますがw
2011.12.10 1224_04(1) 樋口~野上 1002Fts
●主な写真は、クリックすると倍の大きさで表示されます。
 
 

この日も早朝出撃。
2011.12.10 0619_20(1) 新郷 7501Fs
2011.12.10 06:19 新郷 7501F
って、まだ真っ暗ww

2011.12.10 0633_30(1) 新郷~武州荒木 7501Fts
2011.12.10 06:33 新郷~武州荒木 7501F
日の出前はとりあえず、富士山バックで撮影。

2011.12.10 0639_06(1) 新郷~武州荒木 5003Fts
2011.12.10 06:39 新郷~武州荒木 5003F
当方のカメラでは、シャッタースピードをあまり確保できず、ここでは背景を流したくないので、列車が完全には止まってないですが(笑)


2011.12.10 0655_08(1) 新郷~武州荒木 5002Fts
2011.12.10 06:55 新郷~武州荒木 5002F
日の出後はふつーに撮りましたが、空気が澄んでいたので、こちら側の背景もなかなかいい感じです♪
2011.12.10 0655_12(2) 新郷~武州荒木 5002Fts


2011.12.10 0657_18(1) 新郷~武州荒木 5003Fts
2011.12.10 06:57 新郷~武州荒木 5003F



この後は武州荒木側に移動し…
2011.12.10 0716_26(1) 新郷~武州荒木 1003Fts
2011.12.10 07:16 新郷~武州荒木 1003F
いちおう富士山を入れて撮ってみましたが……やっぱりびみょー(笑)
今回の早朝撮影で、1000系は7時台に水色1001Fと朱色1003Fが来ましたが、他はステンレス車でした。
1000系についても、これまでと同じような写真またはびみょーな写真ばかりになったので省略しますw


2011.12.10 0757_26(1) 新郷~武州荒木 7504Fts
2011.12.10 07:57 新郷~武州荒木 7504F
東行田方面に向かう途中で撮影。

そろそろ小豆色1002Fが来るかも?という気もしたのですが、かまわず東行田方面に歩を進めていたら…
2011.12.10 0808_42(1) 武州荒木~東行田 1002Fts
2011.12.10 08:08 武州荒木~東行田 1002F
「ほんとに1002Fが来てしもうたわ…orz」
結果的には、武州荒木~東行田のカーブにもう少し早く行くか、それとも、無理せずに移動途中で武州荒木駅付近で撮っておくべきでした(笑)
嗚呼、勿体ない…w


ともあれ、そのカーブで折り返しの下り1002Fを撮ることに。
その前に、まずは1001F。
2011.12.10 0817_14(2) 武州荒木~東行田 1001Fts
2011.12.10 08:17 武州荒木~東行田 1001F
2011.12.10 0817_16(3) 武州荒木~東行田 1001Fts
すでに面薄ですが(笑)


続いて、1002F。
2011.12.10 0837_10(2) 武州荒木~東行田 1002Fhts
2011.12.10 08:37 武州荒木~東行田 1002F
…あと少しだけ線路に近付いてれば、編成に架線柱がかからなかったのですが(笑)
なお、上写真はあまりにも面薄だったので、前面を明るく補整してます(笑)
(下写真は補整なし)
2011.12.10 0837_14(2) 武州荒木~東行田 1002Fts


2011.12.10 0919_16(1) 武州荒木~東行田 1001Fts
2011.12.10 09:19 武州荒木~東行田 1001F
1002F追撃に移る前に、1001Fを撮影。
少し広角ですが、とりあえず前面付近の建物はほぼ隠せましたw



その後は、樋口に移動。
2011.12.10 1125_04(1) 樋口~野上 7502Fts
2011.12.10 11:25 樋口~野上 7502F
時々、車窓からここで撮影されてる方を見かけたこともあり、以前から撮ってみたいと思っていた場所ですが、ようやくの初撮影となりました。
撮影の自由度はあまり高くないですが、背景はなかなか好ましいですし、紅葉はちょうどいい時期だったようです♪

2011.12.10 1132_20(1) 樋口~野上 1005Fts
2011.12.10 11:32 樋口~野上 1005F
2011.12.10 1132_22(2) 樋口~野上 1005Fts
12月に入っても1005Fが運用に入ってるとは意外でした(笑)
ただ、17日には見かけなかったですし、さすがにこの日の撮影が最後ということになりそうです。
2011.12.10 1132_22(3) 樋口~野上 1005Fts2.5


2011.12.10 1146_30(1) 樋口~野上 1003Fts
2011.12.10 11:46 樋口~野上 1003F
2011.12.10 1146_34(1) 樋口~野上 1003Fts

2011.12.10 1146_34(3) 樋口~野上 1003Fts


2011.12.10 1151_04(1) 樋口~野上 7504Fs
2011.12.10 11:51 樋口~野上 7504F
これは視点高めで撮ってみましたが、個人的には低めのほうがよさそうです。
(列車との距離がこれくらいだと、1000系の写真より、わずかに視点高めのほうがよかったような気もしますが)


そして、(予想よりは1本遅かったですが)1002F。
2011.12.10 1224_04(1) 樋口~野上 1002Fts
2011.12.10 12:24 樋口~野上 1002F
この時間だと、少し側面薄になりました(笑)
ついでに言うと、太陽の位置が高すぎて、床下にあまり日が当ってないのと、ケーブルの影が目立つのが多少気になります。
あと、前記の視点の高さも…w

2011.12.10 1224_06(1) 樋口~野上 1002Fts

2011.12.10 1224_06(2) 樋口~野上 1002Fts

2011.12.10 1224_06(3) 樋口~野上 1002Fts
ともあれ、ここで1002Fを無事撮れたのは幸いでした。
三峰口で数時間引っこむ運用だったらどうしようかと…w

というあたりで続きます。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

寝台特急日本海及び急行きたぐにの定期運行終了=季節列車降格が発表され、「偉大なる領導者」は死去して、サッカー元日本代表の宮本恒靖が引退を発表しました。
さた、一見ロケ地として良さそうでも、実際に行くとそれこそ電線類が邪魔で使えなかったというのはよくある事です。秩父鉄道でもこんなケースは意外と多いですが、実は近鉄もこういう所が多い様です。電線類が低い所にあるのは最悪です。ローアングルで何とか交わしたと思えば、影が思いっきり車体に被るのでは良い絵は撮れません。
背景に障害物と難敵はありますが、何を優先して何を我慢するかというある部分での割り切りも大事という事でしょうか…。

寒そう~

毎度キレイな写真ですねぇ。でも、
見るからに寒そうで小生はとてもこの季節の早朝は無理です。
ビミョーと言われてる富士山とオレンジ車の写真が一番良いです。
いかにも関東内陸部の冬・・・といった感じが良く出てますよ。
冬の富士山は高崎線の通勤電車内から見てますが
朝日を横から浴びているときが一層キレイに見えます。

RM誌340号に高崎旧客の蒸気暖房の件が出てるようでが
これだけであの高い本は買えません。
もしお持ちなら内容漏らしてクダサイ・・・

No title

>Blairfindy1号2号さん
コメントありがとうございます。
「日本海」「きたぐに」は、季節列車として運転されるのなら不幸中の幸いという感じもしますが、使用形式がどうなるのか気になるところです。
個人的には、「日本海」の最大のポイントは、最後の開放A寝台客車オロネ24にあると思っていますので、臨時でもこれが残ってくれればありがたいのですが、開放B寝台のみの編成になりそうな気もします。それなら編成全車が「あけぼの」の予備車と共用できますし。また、臨時「きたぐに」も583系のままならいいのですが…。

今回の樋口~野上の写真ですが、1000系の中でも、小豆色1002Fの写真だけがなぜか不満でした(笑)
撮影直後は好ましく撮れたと思ったのですが、パソコン上で見ると、どこか微妙な…。
原因としては、本文中でも触れた通り、電線の影、太陽の高さ、光線の向きなどもありますが、最大の要因は視点が低すぎたことだろうと思っています。(それに前記の点も重なって、微妙さが増したような…)
形式によって、見栄えのする構図というのは異なると思いますが、いまだに研究不足のようです…(笑)

電線の影は確かに難物ですが、今回の写真くらいなら、個人的にはなんとか目を潰れる範囲のような気もします。
(これくらいなら、その気になれば画像加工で消せなくもないですし)
ただ、日の高い季節だと、車体側面に電線の影が盛大にかかって、どうにもならないこともありますね。当方も何度かやらかしてます…(笑)

完璧な条件で撮影できるということは極めて稀なので、仰る通り『何を優先して何を我慢するかというある部分での割り切り』は大事と思いますし、場合によっては、写真に個性を盛り込める部分とも思います。
当方の場合、機関車牽引列車以外は「列車の進行方向」よりも「光線の向き」を重視し、「前パン側撮影」に重点を置いてますので、後追い撮影主体にすることも多いですが、これもそうした割り切りの一つかと思います。

早朝はかなり寒かったです(笑)

>南東風さん
コメントありがとうございます。
この日の早朝は、水たまりに氷が張ってましたし、霜もおりてましたので、気温は0℃前後だったのだろうと思います(笑)
ただ、風は弱かったので、日が昇ってからはそんなに寒くなくなりましたし、9時頃以降は手袋も不要になるくらいでしたので、風の弱い晴れの日なら、撮影に行かれても問題ないのでは、という気もします。
(この次の週は、風が強かったので、丸1日寒かったですが(笑))

写真について、お褒めの言葉もありがとうございます。
当方、風景メインの列車写真は滅多に撮らないので、富士山とオレンジ色の写真はお遊び的な撮影でしたが、一番良いと言って頂けて、撮影・掲載した意味がありました。
言われてみれば、確かに季節感は出てるような気もします。晴れれても寒そうですし(笑)
冬の富士山は…朝日を浴びてる時ももちろんいいですが、日が昇る前の、赤く染まっている姿もまた違ったよさがあるように感じます。

RM349号の件ですが、立ち読みできなかったので、やむなく?購入しました(笑)
蒸気暖房の話は、過去の客車暖房の話が主体の計8ページで、在来形客車好きの当方的には買ってよかったと思えるものでした。
(特集の「日本海の乗る」のほうは、開放A寝台車に何度も乗ってると新鮮味に欠ける内容でしたが)
高崎の旧形客車の蒸気暖房についての情報は、「10/18に暖房試運転」(写真あり)「今後もシーズンオフの期間に整備が行なわれると思われる」というくらいでした。
来年2月に、千葉でC61+旧形客車7両の運転が行われますが、個人的予想・期待としては、この時までに整備されるのでは?という気もします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI