2012年1月21日(土) 雪の秩父鉄道(2) 小豆色1002F、水色1001Fなど 白久~三峰口

前回は、「とーとー壊れたか」?みたいな文体でしたがw、今回もそんな感じで続きです。
ただ、何か大きな失敗等がないと、麻呂調にしてもあんまり面白くない気もしますし、今後は基本的にふつーの文体に戻りそうですw
2012.01.21 1546_20(1) 白久~三峰口 1002Fts
●写真のうち半数程度は、クリックすると倍の大きさで表示されます。
 
 

ほっほっほっ。麻呂でおぢゃる。(………ま た お ま え かw)
此度の文体は如何にするべきかと思うたのぢゃが、前回の続きということでもあるから、またしても自然なる文体にて記すでおぢゃる。
前回同様、読みづらい、なにやら腹立たしい、この文体ならスルーする等の苦情あらば、遠慮なく申してもらえたらと思いまするw


さて。前回は……和銅黒谷にて、麻呂の愛する小豆色1002Fの上りを無事撮影できたところまでであったが。
この日は、1002Fさえ撮れればよいとの考えであったため、羽生から戻ってくるのはしばらく先ということで、秩父駅近くの蕎麦屋にて、昼食を取ることにしたのでおぢゃる。

秩父に到着し、行き違いのスカイブルー1001Fを後追い撮影でおぢゃる。
2012.01.21 1157_38(1) 秩父 1001Fs
2012.01.21 11:57 秩父 1001F
ここでは、入線時の撮影は控えるのが無難と思われるがゆえ、後追いしか撮れぬでおぢゃる。


この後の1002Fは、樋口~野上か、それとも影森より先のいずれかで撮ることにしておったのぢゃが、まだ時間があるから、まずは樋口に行ってみたのでおぢゃる。
そして、撮影予定地点に参ったのぢゃが…
2012.01.21 1326_02(1) 樋口~野上s
2012.01.21 13:26 樋口~野上
このあたりは積雪が少なめということもあり、だいぶ雪が溶けていたでおぢゃる。
そのうえ、背景の山もあまり見えぬから、この場での撮影はまたの機会に行なうものとして、転進することにしたでおぢゃる。


2012.01.21 1358_06(1) 上長瀞~親鼻ts
2012.01.21 13:58 上長瀞~親鼻(車内より撮影)

下り列車にて移動をしておったら、途中、茶色デキ505牽引の貨物下りを追い越したから、これを撮影したいとの思いも生じたが、「二兎を追うものは一兎を得ず」の諺を重んじ、予定通り影森より先に向こうたでおぢゃる。
今は、茶色デキ505よりも、1000系…とくに小豆色1002Fの撮影を重視せねばならぬからのう。


影森~三峰口の撮影地はほとんど知らなんだが、確か白久あたりで好ましく撮れる場所があったかと思うたので、旧式携帯にて軽く検索を行ない、その場所を概ね把握したでおぢゃる。
また、車窓より、撮影可能と思われる地点の確認も行なっておったが、この後参る、白久~三峰口以外にも数箇所、よさげと思われる場所があったのう。

そして、白久にて下車でおぢゃる。
2012.01.21 1607_20(1) 白久s
2012.01.21 16:07 白久
(※実際に白久に到着したのは14:30過ぎでしたが、風景写真はいずれも16時過ぎに撮影したものです)
ホームからの撮影でおぢゃる。
さすがに山奥であるから、なかなかよい感じの雪景色でおぢゃる♪

上写真の山の拡大でおぢゃる。
2012.01.21 1607_08(1) 白久s
靄のような雲のような…w

白久駅の三峰口方の踏切を渡った後に撮影でおぢゃる。
2012.01.21 1558_14(1) 白久s

2012.01.21 1559_28(1) 白久s
一つ前の写真とほとんど同地点から撮影でおぢゃるが、この細い道を降りてゆくでおぢゃる♪
この麻呂は、平地にしか住んだことがないゆえ、このような、起伏のある地形に魅力を感じることもありまする。

2012.01.21 1554_18(1) 白久~三峰口s
細い道を降りたあと、線路を眺めるとこのような感じでおぢゃる。
左奥が白久駅でおぢゃる。

それで……この付近に、撮影予定場所があったのでおぢゃるが。
なぜかそれを見落とし、三峰口方面に歩き続けてしもうたでおぢゃる(笑)
行き過ぎた…と気付いた時には、もはや戻る時間は失われておったから、やむなく手近な場所にて撮影したでおぢゃる。


2012.01.21 1455_22(2) 白久~三峰口 1002Fts
2012.01.21 14:55 白久~三峰口 1002F
…左上のもみじ?の葉は、かわしたつもりぢゃったが…入ってしもうたw
2012.01.21 1455_24(1) 白久~三峰口 1002Fts
ともあれ、撮影場所見落としという失態をおかしながら、それなりに好ましく撮れたのは幸いでおぢゃった♪
…しかし、このすぐあとにオレンジ色1003Fが上っていったのを撮れなんだのは、少々もったいなかった気もするのう。
(移動の前に、列車の時刻を調べておくべし、ということでおぢゃるなw)


その後は、すぐに帰還することも考えたのぢゃが、ひょっとしたら1002Fが早期に折り返してくるやもしれぬ、という期待もあり、本来撮影を予定しておった有名な場所にて、もう少々撮影を続けることにしたでおぢゃる。
まずは、下り。
2012.01.21 1535_38(2) 白久~三峰口 1001Fts
2012.01.21 15:35 白久~三峰口 1001F
2012.01.21 1535_42(3) 白久~三峰口 1001Fts

2012.01.21 1535_44(1) 白久~三峰口 1001Fs
踏切近くの細い坂道からの撮影でおぢゃるが、視点を高くすれば必然的に線路に近づくことになるがゆえ、撮影場所の選定に少々迷うた部分もあったのう。
この1001F撮影の際は、やや低すぎる感があったゆえ、次の列車ではもう少し線路近くで撮ることにしたでおぢゃる。


そして、上り列車でおぢゃる。
2012.01.21 1546_10(1) 白久~三峰口 1002Fts
2012.01.21 15:46 白久~三峰口 1002F
2012.01.21 1546_10(2) 白久~三峰口 1002Fts2.8
「をを……すぐに折り返してきてくれたでおぢゃるっ!」
これならば、帰りを遅くして待っておった甲斐があったというものでおぢゃる♪

続いて、後追いでおぢゃる。
2012.01.21 1546_18(1) 白久~三峰口 1002Fts

2012.01.21 1546_20(1) 白久~三峰口 1002Fts
↑このあたりが本命の写真でおぢゃる♪
2012.01.21 1546_20(2) 白久~三峰口 1002Fts0.8

2012.01.21 1546_22(4) 白久~三峰口 1002Fts
欲を申せば、デハ側の前照灯を点灯しておる下りのほうが、より望ましく、また、予定ではもう少々、背景を大きくとるつもりであったのぢゃが……とにかく、この日三度目となる、雪景色を往く1002Fを撮影できて満足でおぢゃる♪


そして、雪の秩父鉄道撮影を終えて、満足感に酔いしれつつ、帰路についたでおぢゃる♪
2012.01.21 1619_04(1) 西武4000系 車内s
2012.01.21 16:19 西武4000系 車内
ボックスシートの車内から望む雪景色は、また格別でおぢゃる♪

影森からは例によって、急行に乗り換えでおぢゃる。
2012.01.21 1642_28(1) 6000系 車内s
2012.01.21 16:42 6000系 車内
眺めの良い中央席を確保し、しばらくは夕暮時の雪景色を楽しんでおったが、そのうち眠気が勝ってきたゆえ寝入ってしもうた(笑)


そのようなわけで、この日の撮影は終了でおぢゃる♪
また機会あらば、雪景色を往く1002Fを、今度は側面重視でも撮りたいものよのう♪
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI