2012年2月10日(金)  「SL内房100周年記念号」 C61 20+在来形客車 (1)蘇我~浜野

2月10~12日に、C61 20+在来形客車7両による「SL内房100周年記念号」が運転されましたが、運転初日の2月10日に撮影に行ってきましたので、それの前半分を掲載します。
2012.02.10 1324_04(4) 蘇我~浜野 C61 20+在来形客車ts
なお、前回・前々回に試みた麻呂調文体は、本人的にとりあえず満足できたのと、昔からの知り合いには好評?なものの、他の方にとってはそーではなさそうということで、今回は本人的にふつーの文体としています(笑)
●C61などの主な写真は、クリックすると倍の大きさで表示されます。
 
 

「SL内房100周年記念号」の試運転は先週から行なわれてたので、けっこう気になっていまして、2/7火曜の天気が極端に悪くなければ(ふつーの雨程度の天気なら)撮影に行くつもりだったのですが……
極端に悪かったので、行けずに終わりました(笑)
…ヘッドマークなしの写真も撮りたかったのですがw

で。本番は2/10~12でしたが、10日なら平日なので、土日の11・12日よりは人出が少ないだろう…ということで、10日に行ってきたのでした。
(予算面を考えると、ホリデーパスを使えないのは痛いですがw)



当日の朝は、大宮からの「しもうさ」なら乗り換えが少なく、楽に行けそうなので、それで行くことも考えたのですが、もう少し早く到着したく思ったので、それより20分くらい早く出撃。
しかし、京葉線の車両ドア故障の影響で、乗車した武蔵野線の列車の行き先が手前の駅に変更されたりで、乗り換えが2回増えたうえ、結局「しもうさ」に乗ることに…(笑)
結果的には、予定よりも到着が20分くらい遅れたのですが、最初から「しもうさ」に乗っていれば、ダイヤ乱れの影響はほとんど受けず、無駄に疲れずに済んだのに…w

また、撮影場所の1ヶ所目は、比較的光線の向きのよさそうな蘇我~浜野で考えていましたが、この区間で撮ったことはないので、いったん浜野まで行って撮影可能な場所を下見しようと考えていました。しかしこれも、列車遅れの影響で不可能に…(笑)
そのよーなわけで、なにやら先が思いやられる展開となりましたが、とにかく蘇我で下車。


上りの「DL内房100周年記念号」に間に合ったので、まずはこれを撮影。
2012.02.10 1127_32(2) 蘇我~浜野ts
2012.02.10 11:27 蘇我~浜野 「DL内房100周年記念号」
超大幅トリミングです。
なにゆえこのよーな写真を撮った&載せたかと言うと…

こうなったからですw
2012.02.10 1127_34(1) 蘇我~浜野ts

2012.02.10 1128_04(1) 蘇我~浜野s
ただ、「DL内房~」がここでカブりやすいという話は存じていたので、これは想定内のことでした。
下りの「SL内房~」さえ撮れれば無問題ですw


その後は、「SL内房~」が来るまで、行き交う列車を撮影しつつ待機。
2012.02.10 1203_20(3) 蘇我~浜野ts
2012.02.10 12:03 蘇我~浜野
ここの貨物をまともに見たのは初めてでしたが、タキの連結両数がかなり多いので少し驚きました(笑)

2012.02.10 1307_18(2) 蘇我~浜野ts
2012.02.10 13:07 蘇我~浜野 209系
今回はあまり早く行かなかったうえ、到着が遅れたので、画面左側のケーブルには目をつぶりました。
(これくらいなら消すのも難しくないですし)
また、撮影時の姿勢はかなりみょーなことにw
ところで、房総地区の普通列車と言えば、スカ色の113系のイメージしかないのですが、今の主力はこのような車両になってしまったとは…(汗)
クハにボックスシートが設けられたのが多少は救いですが、競争率が高そうな…?
(まだ乗ったことがないので実情はわかりませんが)



そして、C61です。
2012.02.10 1323_58(1) 蘇我~浜野 C61 20+在来形客車ts
2012.02.10 13:24 蘇我~浜野 「SL内房100周年記念号」 C61 20+在来形客車
まずは、カブらず無事に撮れたので安心(笑)
そして、すごい煙…♪
2012.02.10 1324_00(4) 蘇我~浜野 C61 20+在来形客車ts
この付近では、撮影目的の鉄の方だけでなく、親子連れの方などの姿も多く見られ、和やかな雰囲気でした♪
2012.02.10 1324_04(1) 蘇我~浜野 C61 20+在来形客車ts

2012.02.10 1324_04(4) 蘇我~浜野 C61 20+在来形客車ts
ここではこれが本命の写真です♪
C61+在来形客車の編成は久しぶりに見ましたが、やはり素晴らしすぎます♪
また、C61の次位がオハニ36で爆煙というのも最高です。
正直、あまりの素晴らしい光景にちょっと感動・興奮してしまったり…(笑)
それを抑えて冷静に撮ることが難しく感じることもありますが、今回は概ねうまくいったと思いますw


かぶる可能性もある区間において、晴天順光で撮れて満足ですが、欲を言えば蒸機の場合だと、もう少し反射してくれたほうがいいような感じもします。
撮影経験が浅いこともあって、光線の向きと反射の仕方の関係はあまりわかってないのですが(笑)
それと……ついでに申しますと、赤色反射板はないほうが…w

2012.02.10 1324_06(1) 蘇我~浜野 C61 20ts
これは後部が切れました(笑)

2012.02.10 1324_06(4) 蘇我~浜野 オハニ36 11ts
オハニ36 11


続いて、後追いです。
当方、蒸機と同等以上に在来形客車も好きなので、いちおうその全車の写真も載せてます。
(今回は形式写真にはしなかったですが)
2012.02.10 1324_08(1) 蘇我~浜野ts
C61は斜め後ろの姿も美しいので、もう少し早く後追いに転じてればよかったような気がします(笑)

2012.02.10 1324_08(3) 蘇我~浜野 オハニ36 11ts
オハニ36 11

2012.02.10 1324_10(2) 蘇我~浜野 オハ47 2246ts
オハ47 2246

2012.02.10 1324_12(1) 蘇我~浜野 オハ47 2261ts
オハ47 2261

2012.02.10 1324_14(1) 蘇我~浜野 スハフ42 2234ts
スハフ42 2234
今回は、高崎の在来形客車の整備後、初めて7両全車による編成となりましたが、そのため、6両での運転時に外されてたスハフ42 2234が組みこまれ、隣のスハフ42 2173とは車掌室同士が向き合う形での組成となりました。

2012.02.10 1324_16(1) 蘇我~浜野 スハフ42 2173ts
スハフ42 2173
この写真から後は、電線が…(笑)

2012.02.10 1324_18(1) 蘇我~浜野 オハ47 2266ts
オハ47 2266

2012.02.10 1324_20(1) 蘇我~浜野 スハフ32 2357ts
スハフ32 2357
写真としてはびみょーすぎですが、在来形客車の7両編成は実に見事です♪
これで寝台車や特ロ、食堂車などもあればなおいいのですが…w

ところで、1/150の模型でこれらの客車の7両セットがしばらく前に発売となったので、購入も考えたのですが。
乗降扉の引っこみが足りない(全車)のと、それによってスハフ32の妻面形状が実車と異なるという、発売前から判明していた欠点に加えて、オハ47・スハフ42・オハニ36など、スハ43形グループの特徴とも言える、オハ61等よりも太いウインドシルが再現されていないので、購入をやめました(笑)
(他社のスハ43等では再現されてますし)


2012.02.10 1324_20(2) 蘇我~浜野ts
公園には、見物の方の姿が多数見られました。



ここでの撮影がほぼ理想的にできたので、これだけでも十分満足できるものでしたが、ゆーめー撮影地に追撃しましたので、次回に続きます。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

こちらにお邪魔するのはお初?です。
私のチャリ圏内までお出でになっていたのですね。
もっともその時私は風邪で家に籠もっていて、汽笛の音で、そういえばなんか走るって言ってたなあ…と他人事状態でした。結局今日まで一度も見に行きませんでしたorz

で、本題と関係ない話ですが、KD55 103を撮影されていますね。
これこそ今やSLより少ない(?)国鉄DD13の生き残りですよ。
いつか撮りたいと思ってるんですが、地元だけに「いつでも見られる→結局撮らず仕舞い」になる可能性も…

No title

房総にも行かれたんですね。
小生も復活した?蒸気暖房を味わいたく
2月11日の乗車を考えていましたがついに切符は手に入らず
結局仕事に出ることになってしまいました。
写真を拝見するとどうも暖房は蒸気ではなさそうですね。
ひょっとして暖房無し・・・乗客に熱気はありそうですから。

こちらでは初めまして(笑)

>クモイ103さん
このようなところに、初コメントありがとうございます(笑)
10日の撮影後に、お会いできるか連絡させていただこうかとも思ったのですが、行ったのが平日だったので控えておきました。
しかし、風邪をひかれていたとは……もう回復されているのならいいのですが…(汗)
ところで、ご自宅は線路からけっこう離れていたようにも思うのですが、あの距離でも汽笛の音は届くのですね。
C61牽引の在来形客車編成は、昭和30年代の急行列車の雰囲気を感じさせるものもありますし、また機会があれば、ぜひご覧になられてみては…と思います。

京葉臨海についてはあまり知らなかったので、DLはDD13に準じた新製機ばかりかと思っていたのですが、少し検索してみると…KD55 103は、この鉄道で唯一現役の、国鉄DD13の生き残りだったのですね。この日はそれを何気なく撮影していましたが、狙って撮ろうとするとなかなか来てくれない…ということになりそうな気もします(汗)
また、地元ですと逆に、何かきっかけがないと、なかなか撮りに行けないことが多いと思います。当方も、北斗星はいつでも撮れるので、もう半年以上全く撮ってないですし…(笑)
(新幹線が函館に伸びるまでに、客車の真横などを撮らないと…と思ってはいるのですが)

確かに暖房の煙は見えないのですが…

>南東風さん
コメントありがとうございます。
今回の房総は、C61+旧形客車7両の理想的編成で、しかも機関車次位がオハニ36、煙も期待でき、撮影する場合の所用時間・距離的にも上越線での運転と大差ないということで、最低1日は行くと、早い段階で決めていました(笑)

上越線・信越線以外の旧形客車列車の指定券は、いわゆる「10時打ち」をしないと入手が難しい場合が多いようです。
暖房については、蒸気暖房が使用され、基本的に窓開け禁止(寒気侵入防止?)だったため、車内は熱すぎるくらいだったとの話を、ネット上で見かけました。
写真では確かに、暖房管などから漏れる蒸気暖房の煙は確認できないですが、この日は気温が低いというほどではなかったので、見えにくかったのか、それともこのときは供給していなかったのかも…という気がします。

お久しぶりです。

夜遅くに失礼します。

C61+在来型7両。ついに実現したのですか。
やはり長い編成は風格があっていいですね。
これに西とのコラボでマイテがついたら最高だと思うんですが(笑)
ついでに交博のマロネフとスシ、横川のマロネを復活させて「つばめ」モドキとか。(むしろ「富士」?)
あ、それならナショナルトラストのスハフも塗装変更でつけないと…ごめんなさい。自重します…。

しかしオハニの車掌さんがしきりに手を振っていらっしゃるのが微笑ましいですね。

関西圏なんでまだ見に行く機会が無いのが残念。

こちらは自重できませんでした(笑)

コメントありがとうございます。
個人的に、客車列車は機関車含まずで7両以上が自然な姿と思っていますので、今回の編成は実に見栄えがよく、C61の魅力がさらに際立つ感もありました。

現代でも(いちおう)可能な妄想編成案、自分も大好きなので歓迎です♪
個人的には、優等車がマイテ49のみだとやや寂しい感じもしてしまうので、やはりその前にマロネフ59とスハシ38(スシ28)が欲しいです(笑)
また、戦後の「つばめ」で、増結用一等車としてマイネ41を連結していた記録もありますので(スイ38の登場前)、そのイメージでマイネ40を連結するのもよさそうな感じがします。

「つばめ」イメージの理想的編成は、大体こんな感じ↓でしょうか。
 オハニ36 スハフ43 スハフ43 オハ47 オハ47 スハシ38(スシ28) マロネフ59 マイネ40 マイテ49
特ロも並ロも現存しないのが痛いですが、それでもここまでやれば、客車にもこだわったリバイバル「つばめ」と言えそうです(笑)

個人的には、「はやぶさ」「平和」や「あさかぜ」っぽい編成も、妄想してしまいます。
 オハニ36 マロネ40(マイネ40) オシ17 ナハネ11(オハネ12) ナハフ11
これにオハ47かスハフ42を数両足したり、「あさかぜ」等のマロネフ29のイメージでマロネフ59を足したり…(笑)
こちらは自重できず、すいません(笑)

内房のC61の話に戻りますが、沿線には撮り鉄の方だけでなく、家族連れの方なども多数見られたので、乗務員の方々にとって、手を振りたくなるような雰囲気だったのかも、なんて思います。
C61+在来形客車は、寝台列車のような絶滅危惧種ではないので、余裕ができたときに見に行くということでも問題ないかと思います。
もちろん、なるべく早く見てみたいというお気持ちもよくわかりますが。
(自分も、C61復活前には「落ち着いた頃に撮りに行けばいい」と思っていたものの、実際には在来形客車初使用の試運転の日に行ってしまいましたし(汗))
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI