2012年2月10日(金)  「SL内房100周年記念号」 C61 20+在来形客車 (2)袖ヶ浦~巌根

今回は、2月10日の「SL内房100周年記念号」の後半分を掲載します。枚数は少なめですが(笑)
2012.02.10 1527_28(1) 袖ヶ浦~巌根 C61 20+在来形客車ts2.5
また、最後のほうの帰途の話は、久しぶりのとーぶネタとなっていますw

ところで、前回は約3ヶ月ぶりに秩父鉄道以外の記事となりましたが、やはりC61は人気なようで、前回記事の閲覧数は他記事よりかなり多いですし、日曜日のアクセス数は平均の約2倍となり、その後もやや多めで推移しています♪
●C61の写真は、クリックすると倍の大きさで表示されます。
 
 

蘇我付近で「SL内房100周年記念号」の撮影後、すぐ駅に向かいましたが、その途中でこれを撮影。
2012.02.10 1331_06(1) 蘇我~浜野 EF65 1122ts
2012.02.10 13:31 蘇我~浜野 EF65 1122
パンタは上がってないですが、原色かつ光線も理想的だったのでw


その後は内房線下りの217系に乗りましたが、209系のボックスシート化されたクハに1度乗ってみたかったので、少し残念(笑)
まぁ、217系やE231系と大差ないだろうとは思いますが…w

ところで、内房線の下りは、浜野までなら何度も乗ってましたが、それよりも先まで乗ったのは初めてでした。
(上りなら、2回ほど乗車した事がありましたが)
ただ、今後、久留里線や小湊鉄道、いすみ鉄道などに乗車したいとは思っていますので(秩父鉄道のほうが落ち着いた後?)、遠からず、また内房線下りに乗ることになりそうですし、そのときには恐らく209系にも乗れそうです(笑)
小湊鉄道と言えば、五井でその気動車が留置されてる光景も目にしましたが、昭和の頃からほとんど変わりない気動車が何両も留置されてる光景は実に素晴らしかったです。
不思議と、まだ一度も乗ったことがないですし、やはりいずれ行かねばなりません(笑)

また、ボックスシートの進行方向窓側を確保できたので、撮影可能と思われる場所もいちおう見てましたが、内房線で再び蒸気牽引在来形客車編成が運転されて、その際に曇りの日があれば、長浦~姉ヶ崎あたりで撮ってみたく思いました。
今回は晴れだったので、光線が比較的ましで、なおかつキャパシティの大きい場所ということで、無難な袖ヶ浦~巌根で撮ることにしましたが。


袖ヶ浦から20分くらい?歩いて、撮影地点に到着しましたが……有名撮影地ということもあって、すでに3桁の人出が(笑)
それでもキャパシティが大きいので、概ね理想的な場所を確保できまして、撮影開始♪

2012.02.10 1443_26(1) 袖ヶ浦~巌根 DE10 1752s
2012.02.10 14:43 袖ヶ浦~巌根 DE10 1752
上りを牽引したDE10の回送です。
あえて、他の方のカメラの入り込んだこの写真を選んでみたりw

2012.02.10 1450_04(1) 袖ヶ浦~巌根 209系ts
2012.02.10 14:50 袖ヶ浦~巌根 209系
下り普通列車で、架線柱手前に先頭車を入れて、あまり広角にせずに(35ミリ版換算50ミリ前後で)撮れるか確認。
この場所でもいちおう可能なようですが、なにぶんへたっぴな当方ゆえ、上写真のような近距離のみの撮影にしぼるか、それより架線柱1本手前から撮影開始するか悩みました(笑)


そして、C61です。
2012.02.10 1527_24(3) 袖ヶ浦~巌根 C61 20+在来形客車ts1.5
2012.02.10 15:27 袖ヶ浦~巌根 C61 20+在来形客車
結局、欲張って&保険を兼ねて、やや遠くから撮影開始しましたw
(実際には架線柱2本手前でも撮りましたが、望遠側は何枚も載せても変化が少ないので省略しました)

2012.02.10 1527_24(4) 袖ヶ浦~巌根 C61 20+在来形客車ts2.2
これだと、個人的感覚としては遠い感じなので、写真の左側にある架線柱をC61が抜けた後が本命ですが……

2012.02.10 1527_28(1) 袖ヶ浦~巌根 C61 20+在来形客車ts2.5
こちらも無事、撮れました♪
強いて言うと、空の割合がやや大きくなりすぎたのと、オハニの荷物室扉に架線柱がかかったのが少し気になりますが、狙い通り、側面重視で、各車形態のよくわかる構図で撮れたので満足です♪
しかし……ヘッドマーク付のC61牽引で、オハニ36が次位の客車7両編成となると、在来形客車当時の「はやぶさ」の基本編成(7両)を彷彿とさせるので、どうしてもその次の客車2両くらいは青帯が欲しくなってしまいます(笑) …マロネ40とスロ54…w
…って、毎回のように同じようなことを書いてますが(汗)
やはり、そのあたりは自分でどうにかしないといけないようですw


2012.02.10 1527_30(1) 袖ヶ浦~巌根 C61 20+在来形客車ts
こちらはわずかに広角ですが、後部が切れてますw
なお、ここでも客車の写真は撮りましたが、光線が側面薄であまりよくないのと、形式写真と言うには遠かったので省略します。


2012.02.10 1533_26(1) 袖ヶ浦~巌根s
2012.02.10 15:33 袖ヶ浦~巌根
撤収途中に、209系のすれ違いを撮ってみたり。


その後は、久留里線か小湊鉄道に乗ることも少し考えたのですが、久留里線は陥没?だかで運休していたので無理になり、小湊鉄道も、明るいうちに全区間乗車は不可能ということで素直に帰ることにしました。
ただ、五井で、斜光線を浴びる気動車の姿くらい撮っておけばよかったと少し後悔もしたり…(笑)

で。『素直に帰る』と言いつつ、久しぶりにこのような車両に乗りました。
2012.02.10 1823_32(1) 浅草 東武350系ts
2012.02.10 18:23 浅草 東武350系
以前、宇都宮に住んでたことがあったので、この列車には何度も乗りましたが、今回は春日部までなので、少し物足りない感もありますw

2012.02.10 1824_30(1) 浅草 東武350系s
東武350系 車内
2012.02.10 1824_36(1) 浅草 東武350系ts
車内は、今や貴重な、背ずりの傾かない回転クロスシートです♪
昭和の優等列車的な雰囲気は素晴らしいですが、他形式の同種の座席や転換クロスシートと比べても背ずりの傾斜が少ないので、座り心地は正直びみょーですw
もう少し背ずりを傾けて固定すれば大幅に座り心地がよくなると思うのですが、現状でも、春日部まで乗って指定席300円なら文句はないですw
しかし…平日の下り「しもつけ」に乗ったのは初めてだったと思いますが、北千住~春日部で満席?になったのはちょっと驚きでした。
短距離の利用が多いのですね…。



最後に脱線しましたが(汗)
この日のC61の撮影は、機関車重視の編成写真と、側面重視の編成写真の撮影がいずれも成功して万々歳でした♪
理想に近い写真を2回撮れれば、すーせんえん出費した甲斐があるというものですw

今後も、C61またはD51牽引の在来形客車編成が比較的近場で運転されれば、なるべく撮影したいと思っていますので、蒸機の写真目的の方は、そうした編成が関東で運転された際に、またご覧いただけましたら幸いです。
(あと、C58がまた門デフ付で走ってくれれば撮りたいと思っているのですが(笑))
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

こんばんは。
この前のコメント読みました。
マイネ41が「つばめ」に連結されていたとは驚きです。

C61+在来型三等車ですが、やはり、私も優等車を入れて急行風になればって思います。
思ったのですが、供奉車を改造して編成に入れられないものなんでしょうかね?スイ38みたいに。
保留車の1号編成用や大宮の高架下に放置されている344を整備の上編成に組み込めないでしょうかね?

あとは、今年の改正で運用から外れるであろうオロネ24をディーゼル発電機搭載のうえオロネ10風として組み込めないかと。
クリームの帯を消したらぱっと見た感じ似るのではないかと思ったりもするのですが(笑)
オロネをそのまま解体はしないでほしいです(個人的な感情ですみません。)

妄想万歳です(笑)

こんにちは。
再びのコメントありがとうございます。

マイネ41連結の「つばめ」は、交通科学博物館の図書室にある「京都大学鉄道研究会雑誌」に、編成記録が掲載されていました。
昭和26年11月の記録ですが、マシ35の前の特ロ2両はスロ53、マイネ41の後の展望車はマイテ39 11と、なかなか興味深い編成です。

C61牽引の列車には、やはり優等車が欲しいですね。
そして、供奉車というのは名案です。それならば、希少な在来形の優等座席車も存在しますね(笑)
転用する場合の手続等の難易度は不明ですが、車両の状態的には、1号編成の一等車330、一等二等車340、電源用の460の3両くらいは、比較的容易に転用できそうですね。ただ、さすがに、これらに等級帯を入れようとしたら反対意見が多そうですが(汗)
個人的には、大宮の一等二等車344なら、整備の上、等級帯を追加しても文句は来ないのでは、という気もしますが、こちらは整備も手続きも大変そうです。
(横川等の静態保存車でも似たようなものとは思いますが)
344は戦前製寝台車や食堂車にも近い外観ということで、もし整備して連結してくれれば、実に見栄えがしそうですから、ぜひとも見てみたいものですが(笑)
それと、344については以前写真を撮っていましたので掲載してみました。(悪乗りしすぎた感もありますが(笑))

オロネ10風オロネ24もよさそうですね。
これについては、手元に、ある実験を行ったサンプルがありますので、1~2週間後くらい?に掲載したいと思います(笑)
また、オロネ24の処遇については同感です。あれは最後の開放A寝台客車ですし、できることなら1両くらい保存してほしいと思います。(こうした話はキリがないですが(汗))

他に使えそうな車両は……数年前なら、サロ110が、客車の雰囲気を感じさせ、なおかつ窓も開けられる優等座席車として残っていたものですが、さすがにサロ211では、客車化して連結するのは厳しそうです。
(基本的な車体形状は好ましいですが固定窓ですし、見た目には、車体のコルゲートが…(笑))
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI