2012年5月26日(土) JRおおみや「鉄道ふれあいフェア2012」 EF80 36など

5月26日は、JRおおみや「鉄道ふれあいフェア2012」に行ってきました。
少し前の記事で『基本的に人の多いところは苦手』なんて書いてましたが、それでも行くに値する目的があれば突撃しますw
今回は、前日になってこのイベントについて調べたらEF80 36も展示されるということで、急遽出撃することにw

2012.05.26 1259_58(2) 大宮工場 EF80 36ts 2012.05.26 1155_04(1) 大宮工場 EF58 93s
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

「鉄道ふれあいフェア」…というか大宮工場公開については2年前にも書いてますので、今回は電気機関車の写真のみ載せておきます。

今話題?の、EF65 2000番代。
2012.05.26 1234_32(1) 大宮工場 EF65 2092s
改番の理由なども説明されてましたが、話の途中を少し聞いただけですし、よく覚えてないですw



■EF58 93
2012.05.26 1155_04(1) 大宮工場 EF58 93s
EF58は、個人的に興味の深い、昭和30年代前後(1950年代~60年代)の優等列車牽引に使用されたということで、模型や過去の写真などでは非常に馴染み深い存在ですが、淡緑5号の青大将色のEF58を見たのは、1993年に同じ場所で見て以来、約19年ぶりでした。

この塗色のEF58が登場したのは、1956年11月の東海道本線全線電化に際して、特急「つばめ」の編成を、それまでのぶどう色1号から、淡緑5号の新色に一新したためですが(少し遅れて「はと」の客車も塗色変更)、青大将色のEF58は、「つばめ」「はと」以外の特急や急行、普通列車の牽引にも使用されました。
(当方、このあたりの話には詳しくないのでこのくらいにしておきますw)

2012.05.26 1154_24(1) 大宮工場 EF58 93s
この塗色もEF58の形態によく似合っているとは思いますが、個人的にはEF58はぶどう色2号が最も好みです。
(ぶどう色2号のEF58は、直流電機では最も好きな部類です)
ところでこの写真は、正午近くの撮影なので日が高く、下回りが真っ黒ですw

2012.05.26 1156_00(1) 大宮工場 EF58 93s



■EF80 36
EF80の一次形ヒサシ付は、個人的に最も好きな電機ということで、2年前と同じく、これを見たい、撮りたいがために、ここに来ることになりました。
2012.05.26 1214_44(1) 大宮工場 EF80 36 EF60 510 EF65 535s
非貫通の新性能電機3形式の並び。
個人的には、この中で断然地味な(笑)EF80が断然好みですw
(形態のみならず、赤13号(ローズピンク)の塗色が好きということも大きいですが)
EF80の外見は、EF60などと比べても鈍重な印象で、野暮ったい感じもしますが、それがこの形式ならではの特徴と思いますし、同じ交直流機でも、洗練されてスマートな印象のEF81とはまた違った魅力があると思います。

2012.05.26 1226_16(1) 大宮工場 EF80 36ts
EF80は、1962~1963年に製造の一次形と、1966~1967年に製造の二次形に大別されますが、一次形は1~30の旅客形(電気暖房用電源・引き通しあり、スノープロウ付)と31~50の貨物形(電暖関連装備なし、スノープロウなし)に区分され、大宮に保存のEF80 36は一次形の貨物形ということになります。
(貨物形と言っても、14系や24系などの牽引には使用されましたし、在来形客車についても、暖房の必要ない時期には牽引することもあったようです)
個人的には、スノープロウとジャンパ栓の付く、一次形の旅客形のほうがより好みではありますが、とにかく、EF80の一次形が保存されていることをありがたく思います♪

2012.05.26 1223_06(1) 大宮工場 EF80 36s

2012.05.26 1307_52(2) 大宮工場 EF80 36ts
今回の展示は2年前とは異なり、ヘッドマークなし、パンタ下降状態での展示でしたが、そのせいか付近の人の数は2年前ほどではなく、柵やロープはなかったので形式写真を撮りやすく、ありがたかったです♪
(そのため、2年前よりはだいぶまともな写真が撮れたかと思います)
また、EF58などの直流電機だと、パンタを上げてないと、正直物足りない感じもありましたが、EF80だと前側パンタを上げてない姿もふつうなので、さほど物足りなさは感じませんでした(笑)
(それでももちろん、できることなら北側のパンタは上げてほしかったとは思いますが)

2012.05.26 1300_34(1) 大宮工場 EF80 36ts
【視点低め】
EF80一次形のヒサシは、EF81などのヒサシ(ツララ切り)とは異なり、『車体前面から上がってきた雨水が埋込式前照灯に溜まり腐食することへの対策』とのことで、1970年代前半~半ばくらいに取付工事が行なわれたようです。
(一次形の運転室側窓の改造もですが、改造時期はあまり特定できてないので、今後要調査ですw)

2012.05.26 1259_58(2) 大宮工場 EF80 36ts
【視点ふつう】(立って撮影)

2012.05.26 1300_52(1) 大宮工場 EF80 36ts
【視点高め】(カメラを持ち上げて撮影)

…EF80は特別に好きということもあって、微妙に構図を変えて撮りまくってました♪
それの写真を使って、みょーなかこうでもできればいいなぁ…なんてたくらんでた…というのも一因でしたがw
その目的の場合、もっと車両から離れて撮りたいのですが、ここに載せたくらいがほぼ限界のようでした。


2012.05.26 1214_06(1) 大宮工場 EF80 36s
このEF80が、「ゆうづる」や「十和田」を牽引する姿を見てみたかったものです…。
(EF80牽引の列車で最も見たいと思うのは、在来形の寝台車・座席車に加えて食堂車も連結していた頃の「十和田」です。
中でも、マシ35連結最末期の「十和田4・6号」がとくに好みですが、その頃だとEF80でヒサシ取付改造された車両が存在したのかは微妙な気もします。1972年になれば確実に存在するので、オシ17連結最末期の「十和田2・3号」でもいいですがw)


EF80は1986年までに引退したので、当時小学生だった当方は、現役時の姿に接することは叶わなかったのですが、今でもこうしてその姿を見れることは大変嬉しく思います。





■おまけ(帰途)
帰りは、川越線・八高線・両毛線経由で帰りましたw
とくに、キハ110の八高線は、気動車ということもあって旅行気分も味わえて、なかなか楽しかったです♪
その八高線は景色のいい区間で混んでいたため、車窓の写真は断念しましたが、両毛線115系はすいてたので、車内から見た夕日の写真を掲載します。
2012.05.26 1802_32(1) 両毛線s

2012.05.26 1803_14(1) 両毛線s

2012.05.26 1816_00(1) 両毛線s
そんなわけで、先週に続いて、近場乗り鉄を堪能してしまいました(笑)
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

大宮も秩父鉄道も公開には行けませんでした。
こうやって人様の写真を見ると羨ましい気持ちが増します・・・
EF80は
我が郷里四国にかつて生息していたDF50に
似たところがありますね。
どちらも必要性が優先されて性能には目をつぶった、
という印象を持っています。
そのせいか外観の鈍重な印象というのも共通してるように思います。

No title

コメントありがとうございます。

大宮も広瀬川原も、基本的に毎年この時期に開催されてるようなので、都合の合う時があるようでしたら、行かれてみては…と思います。

EF80とDF50ですが……
性能的には、電機とディーゼル機という車種の違いや登場時期の違いもあって、EF80はC62等の大型蒸機の置換えに十分な性能を得られたのに対し、DF50は、C57やC58の置換えは可能だったものの、C59~C62、D51等の置換えは困難という違いはありました。ただ、どちらも過渡的な存在で、確かに、必要性優先で性能に目をつぶった面はあると思います。
(EF80も、同時期の直流F形機や交流機の性能には及ばなかったですし)
また、車両デザイン的にも過渡的なためか、どちらも見た目に鈍重で、どこか垢抜けない印象があるという点で共通してると思います。
そうしたことが逆に個性となって、魅力と感じたりすることも珍しくないのですが(笑)

…そういえば、DF50の実車は、一度も見たことがないです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI