惜別 秩父鉄道 小豆1002F(1) 2009年の撮影まとめ(写真47枚+1枚)

秩父鉄道の小豆1002Fは、5月19日の最終運用の数日後には、早くも解体されてしまったようで…orz
その1002Fは、当方が目にしてきた車両の中で、とくに気に入ってたこともあり(電車の中では、琴電3000形の次くらいに好み)、撮影回数は最多と思いますが、まずは、1002Fが塗色変更された2009年の主な写真をまとめておきます。
2009.06.12 1500 持田~熊谷 1002Fts0.6 2009.06.27 1546 野上~樋口 1002Fths1.1
2009.11.06 1219_30 新郷-武州荒木 1002Fths1 2009.11.08 1522 デハ1002 車内2s
当時は撮影地をあまり知らず、腕も機材も今以上に拙かったので、びみょーな写真が多いだろうと思いますが(笑)
なお、過去に掲載済の写真も多いですが、当時使用していたディスプレイの色合いの関係もあり、明らかに彩度が高すぎのものばかりなので、ほとんどの写真を補整・トリミングし直しました。 …過去記事はひっこめたいほどですw
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。

関連記事
惜別 秩父鉄道 小豆1002F(2) 2010年の撮影まとめ(加工画像1枚あり)
惜別 秩父鉄道 小豆1002F(3) 2011年の撮影まとめ(写真48枚+1枚+加工画像1枚)
(2012年のまとめは作成予定)
 
  
 

■塗色変更前の1002F
1002Fが小豆色となる前にも、乗車・撮影していたので、まずはその時の写真から掲載します。

2006.04.05 1108_58(1) デハ1102 車内s
2006.04.05 11:08 デハ1102 車内
この日の主目的は、当時置換えが進行中の3000系の急行への乗車でしたが、帰途の三峰口~御花畑で乗車したのが1000系の1002Fでした。
秩父鉄道には、1990年代前半にパレオエクスプレスに乗車したことはありましたが、羽生~三峰口の全区間乗車はこの日が初めて、1000系に乗ったのもこの時が初めてで、国鉄101系非冷房車の面影を色濃く残す車内や、MT46の独特の駆動音に歓喜したものです。
(JR103系ですら、この年の3月には常磐線の定期運用がなくなって、遠出しないと乗れない車両になっていましたし、まして、青モケット、淡緑の内張を残す通勤形電車には久しく乗ってなかったですし(笑))

ところで、今回の1002Fまとめ記事作成のために、過去の写真を捜索したことで、1000系初乗車が1002Fだったことに気付きましたが、最初から1002Fとは縁があったようで…(笑)
ただ、この頃はまだ撮り鉄ではなかったこともあって、外観写真は撮らなかったようです。


2007.10.08 1059_37(1) 三峰口 1002Fts0.6
2007.10.08 10:59 三峰口
この日は、知り合いの方と共に6000系と1000系で乗り鉄しましたが、急行で三峰口に到着後、1002Fを撮影。
塗色変更前の1002F唯一の撮影となりました。
この頃は1011Fがオレンジに塗色変更されたばかり(2007年9月塗色変更)、1001Fが間もなくスカイブルーで登場するという頃で、1000系は12本全てが健在だったので、1002Fはごくありふれた1000系のうちの1本でした。
それが後に、写真左側に写っている100形と同じ塗色に変更されて、撮影に通うことになるとは……当時は全く予想できませんでした(笑)



■2009年5月30日(土) 【小豆1002F初運用】 (小豆1002F撮影1日目)
2007年9月の初代オレンジバーミリオン1011Fの登場を皮切りに、1000系のリバイバルカラーが相次いで登場しましたが、個人的には、秩父鉄道旧色(黄色+茶色帯)の登場も期待していました。
そして、内心最も期待していたのは……1000系では存在しなかったものの、それ以前の形式(100形・300系・500系・800系)で見られた旧旧色、小豆色+ベージュの塗り分けでした。
そのあたりの願望については、2008年のこの記事↓でも触れてましたが(笑)
●2008年4月3日 秩父鉄道1000形 関西線色試運転他 武州荒木~東行田


ただ、黄色+茶色帯の旧色はともかく、小豆色+ベージュの旧旧色実現の可能性は低そうに思われたので、手持ちの1000系の模型を塗り変えて我慢しようと思っていました(笑)

ところが。
2009年5月。
その、最も期待していた旧旧色が、「秩鉄カラー・リバイバルトレイン100形タイプ」として登場するとの告知が!
2009.11.28 1319 三峰口ts
三峰口 デハ107+クハニ29 (2009.11.28)
三峰口に保存されている100形ですが、個人的には電車の塗色は、このような、渋めの暖色系ツートンが特に好みです。
1000系は、非貫通の全金車としては最も好みな前面形態を備える上に、前側にもパンタの付くダブルパンタなので、それがこの塗色になるのなら、似合うことは確実と思っていました♪
そして、ほどなくして、塗色変更中の1002Fの写真が公開されて俄然意気が上がり、「これは絶対撮らねば!!!」と(笑)
小豆色に塗色変更した1002Fは、5月30日の臨時急行から運用開始するとのことで、まずはそれに乗車することにしました。

そして迎えた当日。
2009.05.30 1118 熊谷 1002Fts
2009.05.30 11:18 熊谷
熊谷駅ホームに入線してくる小豆1002Fと、初対面。
夢にまで見た?小豆色+ベージュの1000系の、あまりの渋さに感激!
1000系の形態とこの色は絶対似合うと思っていましたが、あまりにも違和感なく馴染みすぎてて、かつてこの色の1000系が存在したものと錯覚してしまいそうでした(笑)

なお、この日については下記の記事に詳しく書いてます。
●2009年5月30日 秩父鉄道 営業運転初日の秩鉄カラー(小豆色) 1002F 影森/小前田


いちおうヘッドマークを再掲載。
IMG_3359_20090530_羽生hs
秩鉄色1000系3世代の並びが、このヘッドマークでは実現していたようで(笑)

下りの臨時急行に全区間乗車し、影森で小豆1002Fをじっくり眺めた後は、上り臨時急行を軽く撮影。
2009.05.30 1444 小前田 1002Fts
2009.05.30 14:44 小前田
この頃は、秩父鉄道の撮影地を全然知らなかったので、撮りやすそうな駅でてきとーに撮ろうと思っていたのですが、結果的に、ぢつに背景がへーぼんなこの駅での撮影になりました(笑)
最初の走行写真撮影は満足のいくものではありませんでしたが、とにかくこれが当方にとっての、3年間の夢の始まりでありました。



■2009年6月4日(木) (小豆1002F撮影2日目)
小豆1002F初撮影から1週間も経ってないですが、今度はもっとまともに撮るべく、和銅黒谷へ。
しかし、踏切近くで撮ろうとしたら、貨物列車が目の前に停車して……THE END(笑)
その無念は、2011年11月↓になってようやく晴らされましたがww
●2011年11月13日(日) 秩父鉄道(2) 小豆色1002Fなど 武川~永田/和銅黒谷


その後、JR線で少し乗車・撮影してから、また秩父鉄道に戻ってきましたが、乗車した下り列車が1002Fで、そのまま乗っていてはパンタ側を撮影できないので、若干停車時間のある桜沢で下車して先回り。
2009.06.04 1544 桜沢ths
2009.06.04 15:44 桜沢
たまたま、パレオ試運転と行き違いになりましたが、C58が来るとは予想外で驚きました(笑)

続いて、1002Fですが…
2009.06.04 1545 桜沢 1002Fts
2009.06.04 15:45 桜沢
2両編成になりましたし、側面も潰れ気味になってびみょーでしたw
…というわけで、この日も満足のいく写真は撮れませんでした(笑)



■2009年6月7日(日) (小豆1002F撮影3日目)
この日は、1002Fの運用情報を確認してから出撃。
2009.06.07_1422_石原~上熊谷 1002Fts
2009.06.07 14:22 石原~上熊谷
事前に光線のよさそうな場所を調べておいたこともあって、ようやくそこそこ撮れました。
背景はあまりよくないですし、この日はこの写真以外、びみょーな構図ばかりに終わりましたがw



■2009年6月12日(金) (小豆1002F撮影4日目)
1002Fのみを重点的に撮影する場合、どのように行動するのが効率的なのかというのは、後々まで課題となりましたが、この日は初めて、朝から1002Fの撮影に専念してみました。
(この日は1002Fが熊谷折り返しの運用に入ったこともあって、5回撮影できました)
2009.06.12 0830 持田~熊谷 1002Fts
2009.06.12 08:30 持田~熊谷
まずは熊谷付近で撮影。

2009.06.12 1307 石原 1002Fths1.3
2009.06.12 13:07 石原
1002Fの上りに乗車することになったので、ホーム端から後追い撮影。

そして、熊谷付近で何度か撮影。
2009.06.12 1500 持田~熊谷 1002Fts0.6
2009.06.12 15:00 持田~熊谷
この日最後の撮影で、ようやく日差しのある中で撮れましたが、小豆1002Fの初期の写真としては、これが最も好ましく撮れたと思います。
(現在はここの踏切も、紫陽花もなくなっています)



■2009年6月19日(金) (小豆1002F撮影5日目)
この日も朝から夕方まで撮影しましたが、1002Fを撮れたのは4回で、1日撮影した場合、大体これくらいの回数になるようでした。
2009.06.19 1353 武州日野 1002Fts0.6
2009.06.19 13:53 武州日野

2009.06.19 1430 武州日野 1002Fts0.2
2009.06.19 14:30 武州日野
…側面潰れ…(笑)

2009.06.19 1705 武川~永田 1002Fths
2009.06.19 17:05 武川~永田



■2009年6月26日(金) (小豆1002F撮影6日目)
2009.06.26 0900 浦山口 1002Fs
2009.06.26 09:00 浦山口

2009.06.26 1220 武川~永田 1002Fts0.5
2009.06.26 12:20 武川~永田

2009.06.26 1603 樋口~野上 1002Fths1.2
2009.06.26 16:03 樋口~野上 1002F
この日は、三峰口からなかなか折り返してこない運用に初めて当たったようです(笑)
…以後、幾度もそれに悩まされることになるわけですが…w



■2009年6月27日(土) (小豆1002F撮影7日目)
この日も朝から撮影しましたが、1002Fは昼近くから運用に入ったので、撮影できたのは2回だけでした。
2009.06.27 1213 和銅黒谷 1002Fths
2009.06.27 12:13 和銅黒谷
2009.06.27 1213 和銅黒谷(2) 1002Fths
現在は背景に白い建物がありますが、この頃はすっきりした好ましい背景でした。

2009.06.27 1546 野上~樋口 1002Fths1.1
2009.06.27 15:46 野上~樋口
晴れの日を狙って行くことが多かったのですが、それでも夕方近くになると曇ってしまうことばかりでした(笑)



■2009年7月14日(火) (小豆1002F撮影8日目)
2009.07.14 1705 野上~樋口 1002Fths
2009.07.14 17:05 野上~樋口
ヘッドマークなし1002Fの初撮影でしたが、またしても曇りに…w



■2009年7月15日(水) (小豆1002F撮影9日目)
この日は、当方の秩父鉄道撮影の中で、最も暑い日でした…(笑)
(そのせいで、この日同行の方が途中離脱されましたし…(滝汗))
2009.07.15 1258 武川~明戸 1002Fths1.5
2009.07.15 12:58 武川~明戸
予想最高気温36℃の炎天下で待つこと3時間、ようやく1002Fが来ましたw

2009.07.15 1404 持田~熊谷 1002Fths0.5
2009.07.15 14:04 持田~熊谷

2009.07.15 1410 熊谷~持田 1002Fths0.3
2009.07.15 14:10 熊谷~持田
2009.07.15 1559 樋口~野上 1002Fts
2009.07.15 15:59 樋口~野上
この区間を走る1002Fを晴天で撮れたのは、この時だけに終わりました…。



■2009年7月20日(月祝) (小豆1002F撮影10日目)
この日は知り合いのM氏に誘われて、わりと近場で撮影。
2009.07.20 1619 武州荒木~新郷 1002Fths0.6
2009.07.20 16:19 武州荒木~新郷
到着時は晴れてたものの、それから約1時間後、1002Fが来るころには完全な曇りに…(笑)



■2009年7月26日(日) (小豆1002F撮影11日目)
この日もM氏と共に、わりと近場で撮影。
2009.07.26 1536 武州荒木~行田市 1002Fts
2009.07.26 15:36 武州荒木~行田市
ほぼ失敗写真ですがw



■2009年8月7日(金) (小豆1002F撮影12日目)
この日もM氏と同行で撮影でしたが、今度はそこそこ遠くで撮影しました。
2009.08.07 0819 武川~永田 1002Fths
2009.08.07 08:19 武川~永田

2009.08.07 1233 野上~樋口 1002F(2)ths1
2009.08.07 12:33 野上~樋口
2009.08.07 1233 野上~樋口 1002Fths

2009.08.07 1421 東行田~武州荒木 1002Fths1
2009.08.07 14:21 東行田~武州荒木
この年の夏の撮影はこれが最後になりましたが、とにかくこの年は晴れの日が少なく、なかなか晴天で撮れなかったことが記憶に残っています。
また、2010・2011年は夏場に全く撮らなかったのですが、そのことを今更後悔したり…w



■2009年10月11日(日)
2ヶ月ぶりの訪問でしたが、1002Fが日中の運用に入っておらず、初の空振りとなりましたw



■2009年10月12日(月祝) (小豆1002F撮影13日目)
2009.10.12 1512 明戸~大麻生 1002Fths
2009.10.12 15:12 明戸~大麻生 1002F
失敗写真ですが、この日の中ではましな部類なので、いちおう載せておきますw



■2009年10月18日(日) (小豆1002F撮影14日目)
2009.10.18 1030 野上~樋口 1002F(2)tts
2009.10.18 10:30 野上~樋口
横構図を大幅トリミングして、縦構図にしましたw

2009.10.18 1030 野上~樋口 1002Fkts2
こちらは、写真左側が超カツカツになったので、他の写真と切り継いでみましたが……結局びみょーですw
この後は上毛電鉄に転進しましたが、それが現時点で唯一のデハ101乗車となっています。
最近は全然、吊掛式電車に乗ってないですし、久しぶりに乗りたいものですw




■2009年11月6日(金) (小豆1002F撮影15日目)
この日は、EF81 133牽引北斗星の初撮影後、わりと近場で1002Fの撮影をしました。
2009.11.06 1148_41 新郷-武州荒木 1002Fths0.8
2009.11.06 11:48 新郷-武州荒木

2009.11.06 1219_30 新郷-武州荒木 1002Fths1
2009.11.06 12:19 新郷-武州荒木
この年に撮影の1002Fの中では、最も好ましく撮れた気がします。

ところで、このときは、羽生から乗った下りがスカイブルー1001F、新郷到着後、最初に来たのは旧色1007F、次が上写真の小豆1002F、その次はオレンジ1011F、さらにその次は標準色1008Fと、今では考えられないような当たり運用でした(笑)



■2009年11月8日(日) (小豆1002F撮影16日目)
この日は、知り合いのY氏・S氏と共に、秩父鉄道撮影に行きました。
当方は1002F撮影最優先なので、一部区間で分離行動したりしましたが(笑)、後に再合流して1002Fを撮影。
2009.11.08 1459_15 和銅黒谷 1002F
2009.11.08 14:59 和銅黒谷
架線柱の影の関係もあって、後ろパンタ串刺しになりましたが、雰囲気はけっこういいかと思いますw
そして、この1002Fに乗車。

2009.11.08 1515 影森 1002Fs
2009.11.08 15:15 影森

デハ1002は我々の専用車と化したので(笑)、車内を撮影。
2009.11.08 1522 デハ1002 車内1s

2009.11.08 1522 デハ1002 車内2s

2009.11.08 1523_04 デハ1002 車内ts3
1000系(国鉄101系)ならではの、直角に近い背ずりの長手腰掛に身を委ね、MT46主電動機の響きと、DT21台車の硬い乗心地を堪能……。
1000系の乗車の中でも、冒頭に記した1000系初乗車と、このときの乗車がとくに印象深いですが、これはこれで、贅沢な一時だったと思います。

2009.11.08 1532_32 デハ1002 車内ths
白久停車中に撮影と思われますが、このあたりの眺めはじつによいです♪

2009.11.08 1539_47 三峰口ts
2009.11.08 15:39 三峰口
帰りはこの急行に乗りました♪



■2009年11月23日(月祝) (小豆1002F撮影17日目)
2009.11.23 0903_31 明戸~大麻生 1002Fts
2009.11.23 09:03 明戸~大麻生
この日は、Y氏と共に門デフ装備となったC58撮影に行きましたが、午前中のみの撮影にとどめたため、1002Fの写真はこれだけです。



■2009年11月28日(土) (小豆1002F撮影18日目)
この日も、門デフ付C58撮影が主目的でしたが、いちおう1002Fも撮影しました。
2009.11.28 0902_34 明戸~大麻生 1002Fs
2009.11.28 09:02 明戸~大麻生

2009.11.28 1201_40 影森 1002F(2)ts
2009.11.28 12:01 影森
2009.11.28 1201_50 影森 1002Fts0.5



これで、2009年の1002Fの主な写真は掲載できましたが、写真の補整し直しがけっこう大変でした…w

ちなみに、2006~2009年の、秩父鉄道に乗車・撮影した日数は以下の通りでした。
 2006年  乗り鉄1日
 2007年  乗り鉄主体1日、撮影1日
 2008年  撮影2日
 2009年5月より前  乗り鉄主体1日

 2009年5月末~年末  撮影18日
2009年5月より前の撮影は、いずれも知り合いに誘われての行動で、国鉄色リバイバルカラーが登場しても、単独行で撮影に行くほどではなかったのですが、小豆1002Fの登場後は、一人で一日撮影して回ることも当たり前な路線になってしまいました(笑)
2008年の記事で、『秩父旧旧色が実現すれば、秩父鉄道に行く頻度は確実に2倍以上になります』とのことを書いてましたが……
本当に実現したら、2倍どころか、9倍の頻度になってましたw


●2010年以降のまとめも作成しました。
そちらはカメラ置換え後なので、2009年の写真よりは見れるものになってるかと思います(笑)

惜別 秩父鉄道 小豆1002F(2) 2010年の撮影まとめ(加工画像1枚あり)
惜別 秩父鉄道 小豆1002F(3) 2011年の撮影まとめ(写真48枚+1枚+加工画像1枚)
秩父鉄道 小豆6000系登場記念 小豆1002Fまとめ(4) 2012年撮影分
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI