2012年7月 北東北鉄旅行記(5) 7月23日 八戸線キハ40乗車

9月は蒸機撮影が多かったので、だいぶ間があきましたが、7月の東北旅行の続きを掲載します。
2012.07.23 1407_00(1) 久慈 キハ40 551s 2012.07.23 1329_38(1)
【関連記事】
2012年7月 北東北鉄旅行記(1) 寝台特急「あけぼの」 上野/夜のA寝台個室(スロネ24 551)
2012年7月 北東北鉄旅行記(2) 寝台特急「あけぼの」 A寝台個室 車内設備について (スロネ24 551)
2012年7月 北東北鉄旅行記(3) 寝台特急「あけぼの」 A寝台個室(スロネ24 551)からの車窓風景
2012年7月 北東北鉄旅行記(4) 7月23日、青森到着後の寝台特急「あけぼの」 客車形式写真

●一部の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

■2012年7月23日(月) (2日目-3)

■青森10:20→浅虫温泉10:36
「あけぼの」で青森到着後、10:16にそれの回送を見送り、東北本線…もとい青い森鉄道の10:42発の上りに乗ろうとしましたが。
10:20発の浅虫温泉行き快速がE751系だったので、それに乗ることに。
2012.07.23 1020_02(1) E751系車内
2012.07.23 10:20 E751系車内
これに乗っても結局、浅虫温泉からは青森10:42発の701系に乗ることになるのですが、特急車に乗れるなら701系より快適ですし(笑)

16分の短い乗車後は、続行の上りまで20分以上あるので、浅虫温泉駅付近を散策。
2012.07.23 1052_08(1) 浅虫温泉
浅虫温泉
2012.07.23 1052_22(1) 浅虫温泉

2012.07.23 1047_36(1) 浅虫温泉付近
浅虫温泉付近

2012.07.23 1047_06(1) 湯ノ島(浅虫温泉付近)
湯ノ島(浅虫温泉付近)




■浅虫温泉11:01→八戸12:11
この日以降、何度も乗車することになる701系に乗車。
2012.07.23 1210_42(1) 八戸 701系
2012.07.23 12:10 八戸
この時は車内写真を撮れなかったので、この形式については、続きの記事で少し触れようと思います。




■八戸12:19→久慈14:07
そして、この日の乗り鉄の主目的、八戸線キハ40です。
2012.07.23 1215_28(1) 八戸 キハ40 551s
2012.07.23 12:15 八戸 キハ40 551+キハ48 1548+キハ40 590
首都圏色の3連でした。
個人的には、山陰線などで首都圏色のキハ40系は見慣れてるので、さほど感慨はなかったのですが、車両基地にいたキハ40系は全て別の色(白+赤帯)だったので、当たりだったのかもしれません(笑)

個人的に、首都圏色よりもツボだったのは……
2012.07.23 1213_18(1) キハ40 551車内
キハ40 551車内
2012.07.23 1213_04(1) キハ40 551車内
全車非冷房!(笑)
帰還後に軽く調べてみると、この八戸線(と津軽線)のキハ40系は、全車非冷房とのことで……非冷房車好きにとって最高です♪
座席生地などの色は変更されていますが、それ以外はキハ40系登場時(1977~1982年)とほとんど変わりないようで、1980年代頃の旅の雰囲気が日常的に味わえるわけです。

この日の最高気温は25℃前後?だったと思いますが、非冷房ということもあって、車内は少し暑く感じられたので、窓を上昇。
(ちなみに当方は極度の寒がりですw)
2012.07.23 1218_34(1) 八戸
そして、発車。
側窓から、風が入り込んで涼しく感じられるとともに、響き渡るディーゼルエンジンの轟音。
「こ……これは……最高でおぢゃるっ♪」

夏場の冷房付車両だと、空調の音が大きいために、電車の駆動音や気動車のエンジン音が聞こえづらくなり、乗り鉄的には少し物足りなく感じられることもあるのですが。
それが非冷房車の場合、空調の音がないだけでなく、暑ければ窓を開けられ、エンジン音などがさらに大きく聞こえるので、個人的には大好きです(笑)
(秩父鉄道の1000系でも、中間の非冷房デハに喜んで乗りますしw)
そんなわけで、この八戸線キハ40系も絶品でした♪

2012.07.23 1220_56(1) DD56 3s
2012.07.23 12:20 DD56 3
八戸臨海鉄道のDD56 3と並走し、追い抜きます。

2012.07.23 1244_38(1)s
12:44
八戸からしばらくは、市街地を走りますが、しばらく走ると海が見えてきます。

2012.07.23 1244_52(1)
12:44

2012.07.23 1246_40(1)
12:46

2012.07.23 1321_18(1)
13:21
八戸線は、海が見える区間がけっこう多いですが、一番多いのは、このような木々の間を走る区間だと思います(笑)
(この写真は走行時の雰囲気を再現すべく、シャッタースピードを1/60に下げて撮影。
F22ですが、それでも白飛びしてるのでもっと絞ればよかったかもw)


2012.07.23 1325_06(1)
13:25


2012.07.23 1329_06(1) 宿戸~陸中八木
2012.07.23 13:29 宿戸~陸中八木
このあたりはきれいな景色なので、何気なく写真を撮っていたのですが、写真の奥に見える鉄橋は、昨年の震災後の津波で流失した箇所でした。

2012.07.23 1329_18(1)
2012.07.23 13:29 宿戸~陸中八木

2012.07.23 1329_38(1)
2012.07.23 13:29 宿戸~陸中八木

2012.07.23 1337_54(1)
13:37

2012.07.23 1338_16(1)
13:38

2012.07.23 1407_00(1) 久慈 キハ40 551s
2012.07.23 14:07 久慈 キハ40 551
終点の久慈に到着~。
八戸線の運転速度はあまり高くないものの、景色のいい区間もけっこうありますし、非冷房で窓を開けられるということもあり、かなり楽しめました♪

2012.07.23 1409_32(1) 久慈
2012.07.23 14:09 久慈

2012.07.23 1436_46(1) 久慈s
2012.07.23 14:36 久慈

この後は、できれば三陸鉄道で南下したいところでしたが、今回使用の切符の区間から外れるのと、その後の予定の関係もあり、また八戸線で折り返しました。





■久慈14:46→八戸16:44
久慈駅でそばを食べてから、折り返しの八戸行きに乗車。
2012.07.23 1453_20(1)
14:53
進行方向左側の席を確保して、今度は山側の景色を堪能♪
このあたりは上り勾配なので、原型機関(220PS)のキハ40では、30km/h以下しか出せないようです。
その鈍重な走りもまた味という気もしますが(笑)

2012.07.23 1458_22(1)s
14:58

2012.07.23 1458_28(2)
14:58

2012.07.23 1548_50(1) 階上 キハ40 590s
2012.07.23 15:48 階上 キハ40 590

途中で進行方向右側に移動。
2012.07.23 1615_30(1)
16:15
大幅トリミングですが、これは、地球深部探査船「ちきゅう」のようです。
最近の模型誌でこれの模型を見たので、この船のことも少し知ってましたが、その実物をここで見れるとは思いませんでした(笑)

2012.07.23 1615_36(1)
16:15

2012.07.23 1615_58(1)
16:15

2012.07.23 1643_38(1) 八戸s
2012.07.23 16:43 八戸
終点の八戸に到着。
キハ40に片道約2時間、計4時間近く乗れたので、なかなか乗り応えがありました♪
同じ区間を往復ですし、帰りは天気が悪くなってたので、さすがに帰りの後半はやや食傷気味にもなりましたが(笑)
ともあれ、風を感じながら景色を楽しめる非冷房車はやはり素晴らしいです♪
(夏場に北海道のキハ40あたりにも乗ってみたくなりますw)




■八戸16:55→新青森17:19
この区間は、この後の予定の関係で、やむなく新幹線利用となりました。
2012.07.23 1654_54(1) 2012.07.23 1717_28(1)
E5系に初めて乗りましたが、普通車の座席は硬めで、座り心地はさほどよくない気もしました。
(個人的に、柔らかめの座席が好きということもありますが)
しかし……キハ40からE5系への乗り換えだと、その速度は全く別世界の如しでした(笑)
ただ、新幹線は防音壁が高くて見晴らしがよくないですし(2階建以外)、近年に開業の区間はトンネルが多いので、その速さは便利なものの、乗り鉄的にはややびみょーですw

2012.07.23 1720_06(1) 新青森
2012.07.23 17:20 新青森




■新青森17:27→鶴ヶ坂17:34
701系で鶴ヶ坂に移動後、18:39に上り「あけぼの」を撮りましたが、暗すぎてまともな写真にならなかったので、掲載は控えますw

■鶴ヶ坂19:14→青森19:28
そして青森に戻って、1泊目の宿へ。
この旅行は、「あけぼの」乗車と撮影に重点を置いたものだったのですが、いざ現地に着くと、出発前に見た週間天気が思いっきり外れ、曇りばかりの予報に変わったため、宿に到着後、撮影計画の大幅変更に追われることになりました(笑)


そんなわけで、また続きます…w
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI