2012年7月 北東北鉄旅行記(15) 7月26日 五能線 リゾートしらかみ5号乗車

また7月の東北旅行記ですが、現地での乗り鉄は、ようやくこれで最後となります。
2012.07.26 1829_20(1) 弘前 リゾートしらかみ5号 2012.07.26 1637_32(1)
…またしても写真47枚と、無駄に多いですがw
●一部の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
【関連記事】
2012年7月 北東北鉄旅行記(1) 7月22日 寝台特急「あけぼの」 上野/夜のA寝台個室(スロネ24 551)
2012年7月 北東北鉄旅行記(2) 寝台特急「あけぼの」 A寝台個室 車内設備について (スロネ24 551)
2012年7月 北東北鉄旅行記(3) 7月23日 寝台特急「あけぼの」 A寝台個室(スロネ24 551)からの車窓風景
2012年7月 北東北鉄旅行記(4) 7月23日 青森到着後の寝台特急「あけぼの」 客車形式写真
2012年7月 北東北鉄旅行記(5) 7月23日 八戸線キハ40乗車
2012年7月 北東北鉄旅行記(6) 7月24日 寝台特急「あけぼの」 2021レ(EF81 138)他 津軽新城~鶴ヶ坂
2012年7月 北東北鉄旅行記(7) 7月24日 大湊線キハ100乗車
2012年7月 北東北鉄旅行記(8) 7月24日 廃線から約4ヶ月後の十和田観光電鉄 三沢駅
2012年7月 北東北鉄旅行記(9) 7月24日 夕闇の中を往く、寝台特急「あけぼの」 2022レ(EF81 138)他 浪岡~北常盤
2012年7月 北東北鉄旅行記(10) 7月25日 寝台特急「あけぼの」 2021レ(EF81 137)他 富根~二ツ井(米代川橋梁)
2012年7月 北東北鉄旅行記(11) 7月25日 津軽線キハ40乗車
2012年7月 北東北鉄旅行記(12) 7月25日 寝台特急「あけぼの」 2022レ(EF81 137)他 新青森~津軽新城
2012年7月 北東北鉄旅行記(13) 7月26日 寝台特急「あけぼの」 2021レ(EF81 138) 陣場
2012年7月 北東北鉄旅行記(14) 7月26日 陣場駅付近の様子/秋北バスなど
 
 

■2012年7月26日(木) (5日目-3)
●秋田14:10→弘前18:23
大館から秋田まで、2時間20分ほど701系に揺られ、13:51に秋田に到着。
次に乗る列車はこれです。
2012.07.26 1400_56(1) 秋田 リゾートしらかみ5号
14:00 秋田 リゾートしらかみ5号
この東北旅行記でも何度か登場していた列車ですが、現地での最後の乗り鉄で、これに乗ることになりました。
(この写真はかなりびみょーですが、本記事最後のほうで、もう少しましな写真は載せてますw)

車内も撮影。
2012.07.26 1404_54(1)
こちらは乗車した1号車、キハ48-703ですが、キハ48改造とは思えないほど豪華です(笑)
2012.07.26 1405_20(1)
シートピッチは特急グリーン車並と感じましたが、検索してみると1200ミリとのことで、スロ53(1160ミリ、現代の特急グリーン車でも標準的寸法)とスロ60(1250ミリ)の中間的寸法でした。
全車指定席の快速ながら、足掛けがないこと以外は特急グリーン車並の設備で、かなり乗り得と感じます♪

隣の2号車の車内も拝見。
2012.07.26 1407_44(1)
寝台特急の開放B寝台車や、東武の特急「スペーシア」の個室にも似た、簡易個室タイプの車両でした。
2012.07.26 1407_16(1)
開放B寝台車と同じように、通路との間に扉はないですが、一区画の定員は4人なので、1号車よりもさらに豪華と言えそうです。


そして、14:10に秋田を発車。
2012.07.26 1448_22(1)
14:48
窓の縦寸法がとてつもなく大きいですw
また、観光列車ということもあってか、ガラスは非常にきれいな状態が保たれてます。

乗車時間は、弘前まででも4時間13分、終点の青森までなら5時間9分にも及びますが、14:58着の東能代までは、奥羽本線を走り、そこで進行方向を変えて五能線に入ります。
(それもあって、秋田までの701系乗車で、これと重複する区間は寝てましたw)

2012.07.26 1526_22(1)
15:26
五能線内に入ったので、座席の向きを変えました。
写真のD席は山側ですが、海側のA席の空きはなかなか出ず、旅行中も指定券券売機を毎日確認し、乗車2日前になってなんとか確保できました(笑)
(天気の悪い24・25日ならA席もあいてたのですが、この列車には旅行最終日の26日に乗りたかったもので…)

2012.07.26 1527_18(1)
15:27
海が見えてきました……が、前日の大湊線・前々日の津軽線乗車時と同じく、灰色の海です(笑)

2012.07.26 1533_20(1)
15:33
山側の景色はこんな感じで、まさに山側ですw

2012.07.26 1543_50(1)
15:43

2012.07.26 1547_46(1)
15:47

2012.07.26 1549_08(1)
15:49
景色はけっこういいのですが……やはり天気が残念ですw
2012.07.26 1549_18(1)

2012.07.26 1549_26(1)

2012.07.26 1552_10(1)
15:52

2012.07.26 1552_26(1)
雲の切れ目から、わずかに日差しが……

2012.07.26 1600_58(2)
16:00

2012.07.26 1604_06(1)
16:04

2012.07.26 1604_18(1)

2012.07.26 1604_32(1)

2012.07.26 1604_56(1)

2012.07.26 1608_52(1)
16:08


16:14頃、ウェスパ椿山駅に停車中にも少し撮影してますが、カテゴリ分けの関係で、それについては別記事で掲載しています。
2012年7月 北東北鉄旅行記(16) 7月26日 五能線 ウェスパ椿山の8620形78653


2012.07.26 1622_06(1)
16:22

2012.07.26 1624_02(2)
16:24
このあたりで、完全に晴れました♪
予想以上に天気が回復したので、この日のこの列車(海側)に乗れて幸いでした♪

2012.07.26 1630_18(1) 深浦
16:30 深浦
リゾートしらかみ同士で行き違い。

2012.07.26 1635_14(2)
16:35
やはり、蒼い空と海はよいものです♪

2012.07.26 1635_32(1)

2012.07.26 1635_34(1)

2012.07.26 1636_16(1)
16:36

2012.07.26 1636_54(1)
今回の乗車で、天気と光線の向き、景色のよさが最も揃ったのは、この付近のような気がします。
(この写真は、写り込みが目立つので拡大画像なしですが。やはり、窓の開く車両のほうが景色を撮りやすいですw(当然))

2012.07.26 1637_32(1)
2012.07.26 16:37
風景写真としては、この2枚↑↓がよく撮れた気がします。
(拡大画像あり)
2012.07.26 1637_40(1)


2012.07.26 1639_14(1)
16:39

2012.07.26 1640_56(1)
16:40

2012.07.26 1641_58(1)
16:41

2012.07.26 1645_20(1)
16:45
この後、17:12頃までは海が見えましたが、その後は内陸部の走行となったので、あまり写真は撮ってないです。

2012.07.26 1742_54(1) 五所川原
17:42 五所川原
津軽鉄道の起点、五所川原ですが、五能線の車内から見たのは初めてでした。
(なにしろ列車本数が少ないので、「日本海」乗車後、津軽鉄道のストーブ列車に乗った際は、青森からバスで来ましたw)

2012.07.26 1754_06(1)
17:54

2012.07.26 1801_42(1)
18:01
夕方の斜光線が車内を照らし、乗客は減って人の声も少なくなり、車内はまったりとした空気に……

2012.07.26 1806_40(1)_01
18:06

2012.07.26 1816_52(1)
18:16

2012.07.26 1817_06(1)
18:17

2012.07.26 1818_26(1)
18:18


そして、弘前に到着。
リゾートしらかみ5号は、青森まで運転を続けますが、当方はここで下車し、発車していく姿を撮影しました。
2012.07.26 1829_20(1) 弘前 リゾートしらかみ5号
2012.07.26 18:29 弘前 リゾートしらかみ5号

2012.07.26 1829_28(1) 弘前 リゾートしらかみ5号
中間の先頭部形態はキハ48のままですが、個人的にはこちらのほうが好みです(笑)

2012.07.26 1829_32(1) 弘前 リゾートしらかみ5号

2012.07.26 1829_38(1) 弘前 リゾートしらかみ5号

「リゾートしらかみ」も、五能線の乗車も今回が初めてでしたが、車両は非常に快適で景色もよく、途中からは天気にも恵まれたので、大いに楽しめました♪
ただ、個人的鉄趣味の点から言うと、いかにも観光列車的車両なので、味わいという点では八戸線や津軽線の非冷房キハ40系のほうが断然勝りました。
(機関真上となる好みの席を確保できなかった→機関音があまり聞こえなかったということもマイナス要因…)
もちろん、どちらにも違ったよさはあるのですが(笑)
(当方、撮影については趣味がかなり狭いですが、乗り鉄趣味がわりと広いのは幸いでしたw
基本的に古い車両のほうが好きなのは撮影のほうと変わりないですが、新しめの車両でも、景色と座席の座り心地がよければ楽しめますので♪)


そんなところで、また続きます。
2012年7月 北東北鉄旅行記(16) 7月26日 五能線 ウェスパ椿山の8620形78653
2012年7月 北東北鉄旅行記(17) 7月26日 寝台特急「あけぼの」 2022レ(EF81 138) 弘前入線/B寝台個室 車内設備について (オハネ24 553)
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI