2013年冬 福井・三重 鉄旅行記(概略版)

1/31~2/3朝まで、福井・三重方面の旅行に行ってましたが、記事掲載にはかなり時間がかかりそうなので、まずは概略版を掲載します。
2013.02.01 0707_32(1) 勝山 MC2101形2113+2112 2013.02.01 1848_50(1)
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

■2013年1月31日(木)
2013.01.31 0718_10(1) 高尾
今回の旅行は、この高尾からが旅行の始まりという感じでした♪

2013.01.31 0852_36(1)
中央線115系の鈍行で塩尻まで乗車し、そこから先はおもに特急乗り継ぎで名古屋、米原、福井へ。


さらに福井から、えちぜん鉄道で勝山へ。
2013.01.31 1853_08(1) 勝山
この旅行の最大の目的は、最後の運用を続ける吊掛式電車、MC2101形への乗車でした♪
MC2101形の乗車はこれで2回目ですが、勝山永平寺線の乗車は初でした。
(以前来た時に、そちらにも乗っておけばよかったのですがw)
翌朝のMC2101形使用上り列車に乗るためには勝山泊が必須となるので、その付近の宿に泊まりました。



■2013年2月1日(金)
2013.02.01 0644_12(1)
勝山駅近くの景色です。

2013.02.01 0707_32(1) 勝山 MC2101形2113+2112
そして、前日夜に続き、MC2101形2112+2113に乗車♪
勝山永平寺線は下り列車が上り勾配となるので、夜の下り列車のほうが力行が多く、走行音的にはこちらのほうが楽しめましたが、この路線は景色も素晴らしいので、朝の上り列車もまた違った楽しさがありました。
(ただ、どちらの車内もかなり寒かったです…w)
ちなみに、2112と2113の福井方台車付近を乗り比べましたが、前者のほうがビビリ振動などが大きく、豪快な駆動音でした(笑)

それで、福井08:06到着でMC2101形の朝の運用は終了かと思っていたのですが、折り返しで三国芦原線の西長田行きになったので、もちろんそれにも乗車しました(笑)
また、天気がよかったこともあり、予定にはなかった駅間での撮影もしましたが、それは後日掲載します。

ところで、MC2101形置換用の新車1編成が2月4日(本記事掲載当日)夕方から運用開始したそうで……。
この旅行を決めた時は、その情報は知らず、出発前日に知ったのですが、かなりギリギリに近いタイミングでの訪問だったのかもしれません(汗)
(新車の運用開始でMC2101形の運用が減ったのかは知らないのですが、いずれにしても運用離脱は間近でしょうし……)


えちぜん鉄道の乗り鉄・撮影後は、福井鉄道に初乗車♪
2013.02.01 1020_02(1) 田原町s
この200形は、外観、車内共に以前から気になる存在だったのですが、運よく田原町からすぐに乗れました♪
2013.02.01 1021_26(1)
車内は、国鉄の近郊形電車の初期グループにも似た作りと配色で、非常に好印象です♪
乗車後、行き違う列車のほとんどが新しい車両だったので、かなり運がよかったと改めて思ったのでした……(笑)
また、日中も200形が2編成運用に入っていたので、駅間などでの撮影もしましたが、その頃には曇ったので、大した写真にはなりませんでした(笑)
(いちおう後日載せるとは思いますw)


そして福井から離れ、三重県の関に向かい、この日の宿へ。
2013.02.01 1817_32(1)
これが、この日の宿の外観です(笑)
(ブレてるので拡大画像なしとなるのが歯がゆいですがw)
一部の方?には有名な、「関ロッジ」の「ブルートレイン」です。

ここにも以前から来たいと思っていたのですが、えちぜん鉄道吊掛車との両立も可能ということもあって、ようやく来れたのでした。
……宿にチェックインし、ここに案内されて、この客車……ナハネ20 2237の姿を目にした時は、その懐かしい姿に感激すると共に、「本当にこの車両に泊れるのか……!!」と喜びつつステップを上がり、車内に入ったものです♪

その客室です。
2013.02.01 1848_50(1)
「をを……寝台幅52センチの三段寝台……!! 懐かしいのう……たまらぬわ……♪♪」
ほぼ原型の部屋も1つだけあるそうですが、とくに部屋指定はしなかったので通常の部屋です。
ただ、それでも十分原型をとどめてますし、外観を見たとき以上に感激しました(笑)
この部屋は、側窓2つ分で1部屋となっているのでかなり広く、20系らしさと快適さが両立された、素晴らしすぎる宿でした♪
(どこに寝るか迷いましたが、約20年前に急行「あおもり」で乗ったときと同じ、中段にしましたw)

ところで、関ロッジは4月1日~6月30日の間、施設改修工事のため休館とのことですが。
正直、このナハネ20の外観(とくに建物に面してない南側)と便所はかなり傷んでるので今後が心配ですが、なんとか営業を継続してもらいたいと思います。
(存続してもらえたら、三岐鉄道貨物撮影などの際に利用したいのですがw)



■2013年2月2日(土)
三重に来たので、当然の如く?ここにも来ました。
2013.02.02 1238_52(1) 四日市s
存廃問題で揺れる、近鉄内部・八王子線です。
国内の現役ナローゲージとしては、他に三岐鉄道北勢線も存在し、乗り鉄的にはそちらのほうが路線が長く、力行区間も多いので、個人的にはそちらのほうが楽しく感じますですが、車両の外観的には内部・八王子線のほうが好ましく思います。
今回は編成写真は撮れなかったですが、一度くらい撮っておきたい気もします。


その後は、こちらも当然?訪問。
2013.02.02 1431_16(1) 保々 ED45 7+ED45 6s
三岐鉄道三岐線ですが、再訪したいと思いつつ5年ぶりの訪問となりました。
(過去記事を見て5年ぶりとわかって驚きましたw)

今回はこんな天気↓だったので、晴天順光の写真など、夢のまた夢でしたが(笑)
2013.02.02 1642_00(1) 保々
……この分厚い雲は一体……?
ただ、1日目と2日目昼まではよく晴れてたので、それ以上を望むのは贅沢だろうとも思いますw

2013.02.02 1544_46(1) 東藤原 ED5082s
元東武のED5082は除雪用となっていました。
もう1両のED5081の整備も待たれるところですが、そちらの状況は見忘れました(笑)


その後、夜の北勢線で乗り鉄してから名古屋に出て、夜行バスで帰還しました。

とりあえず概略版は以上ですが、追って正式版も掲載しようと思います。
ただ、今後、更新ネタは色々発生しそうなので、また遅めペースでの掲載になりそうです。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI