2013年2月7日(木) 「SLおいでよ銚子」試運転 C61 20+在来形客車+DE10 1202 椎柴~松岸

「SLおいでよ銚子」の本運転は、本日2/9~11に行なわれますが、2/7の試運転を撮影してきました。
2013.02.07 1538_14(4) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。

■お知らせ(再)  ツイッター始めました。→https://twitter.com/kura_maro
このブログで書くほどではない話やメモ書き的なことなど、ちょっとした呟きが主体になるかと思います。
 
 

「SLおいでよ銚子」は、煙のよく見える冬季にC61+在来形客車6両の編成を見れるという点で魅力ですが、埼玉からだと遠く、所要時間と運賃が嵩むわりに、電車移動だとC61先頭の走行写真は1回しか撮れないというのが難点です。(成田線の列車本数少なすぎ…w)
ただ、一度くらいは撮っておきたかったので、試運転最終日に出撃しました。

2013.02.07 1341_02(1) 佐原
2013.02.07 13:41 佐原
209系の車内から、「SLおいでよ銚子」の客車が見えました。
2013.02.07 1341_24(1) 佐原

2013.02.07 1353_34(1)
2013.02.07 13:53
この日は平日で、「SLおいでよ銚子」はまだ試運転なのにすごい人www

ところで、千葉の209系には今回初めて乗りましたが、クロスシートはE231系後期形と同じ形状のようで、座面クッションはわりと良好なものの、座面前端部は薄く、かつ位置が高すぎるタイプなので、姿勢よく座らないと疲れやすいようです(笑)
(そして、姿勢よく座ってても、太腿が圧迫されて痛くなってくるので、時々姿勢を変えないと疲れるという……。E233系の座席では座面前端のクッションも厚くなるなど、だいぶ改善されてますが、座面前端が高過ぎる傾向は残っている気がします)


そして椎柴に到着し、踏切付近で撮影開始。
2013.02.07 1521_12(1) 椎柴~松岸s
2013.02.07 15:21 椎柴~松岸 209系
……それにしても、銚子の近くの普通列車が209系とは……つくづく時代は変わったものですw

ただ、そんな時代になっても、C61+在来形客車の編成を目にすることができるというのは、非常にありがたいことですが♪
……というわけで、「SLおいでよ銚子」です。
2013.02.07 1538_04(1) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s
2013.02.07 15:38 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」試運転 C61 20+在来形客車+DE10 1202
列車が来る前から、「風が強いのう……」と思ってはいましたが、案の定、煙が風に流されてます(笑)

2013.02.07 1538_10(2) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s
煙が編成手前にかかるよりは全然いいですが……w
また、薄日ながら、なんとか日差しがもってくれたのは幸いでした。
2013.02.07 1538_12(2) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s
個人的に、蒸機の場合はとくに視点低めが好みなので、今回もそのように撮りました。

2013.02.07 1538_14(1) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s

2013.02.07 1538_14(3) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s
↑↓このあたりが本命の写真です。
煙が風で流されたこと以外は、概ね満足です。
2013.02.07 1538_14(4) 椎柴~松岸 「SLおいでよ銚子」 C61 20+在来形客車+DE10 1202s
連射時にズームアウトしすぎたせいで背景が広くなりすぎ、ほとんどの写真が大幅トリミングとなったのはちょっと?失敗でしたがw
ただ、編成が切れたりカツカツよりはいいですw


2013.02.07 1538_16(1) 椎柴~松岸s


■2013年2月7日(木) 「SLおいでよ銚子」試運転
C61 20
オハニ36 11
オハ47 2246
オハ47 2261
スハフ42 2173
オハ47 2266
スハフ42 2234

DE10 1202

2013.02.07 1538_18(2) 椎柴~松岸 スハフ42 2173s
スハフ42 2173
今回はスハフ32 2357が入らない編成となったので、戦後製切妻車のみの編成となりましたが、その中からスハフ42 2173を掲載します。
この車両は、現役時代末期に客室側窓がアルミサッシ化され、窓枠が他車よりも細いため、窓枠が車体色に塗り潰されてもその違いは判別できます。
……ところで、床下の色もほどよく汚れて、現役時代の客車のようです。(残念ながら写真でしか見たことはないですけど…w)


この後は、少しだけ銚子電鉄に行こうと思ったのですが、乗ろうと思っていた下り列車に、約1分差で間に合わなかったので、久しぶりの銚子電鉄訪問は叶わず、そのまま帰還となりました(笑)
本番は……気が向いたら1日だけ行くかもしれませんw
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらへのコメントが後になってしまいましたが…汗

平日のシテンは参加できませんでした。かの有名な一本松踏切ですね、シテン初日の2日にはここでドレインを切ってくれるというサービスがあったのですが、ウテシによって違うんでしょうかね?

水郷、小見川方面と違ってタイガーロープも無くすっきりとした写真が撮れるのは好ましいですね。

No title

こちらにもコメントありがとうございます。
この場所で撮ったのは、今回の蒸機の停車駅から比較的近いので煙が期待でき、なおかつ、側面も重視した編成写真を撮れるからでした。
ただ、実の所、椎柴~松岸の中間あたりまでロケハンしても好ましい場所が見当たらず、結局一本松踏切に戻って撮ったのでした。
琥珀さんのブログを拝見しますと、より松岸方面にある柴崎踏切付近まで辿り着ければ、一本松踏切以上によさそうだったようですが(笑)
ともあれ、この近辺は目障りなタイガーロープもなく、すっきり撮れたのは幸いでした。

ドレンを切る場所は、駅発車後であっても一定ではない感じですし、運転士によっても、その時々の状況や気分(笑)によっても変わるのではないかと思います。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI