2013年冬 福井・三重 鉄旅行記(2) 1月31日夜/2月1日朝 えちぜん鉄道吊掛車 MC2101形2112+2113乗車

今回も福井・三重旅行ですが、この旅行の主目的その1たる、えちぜん鉄道吊掛車MC2101形乗車についてです。
2013.02.01 0701_12(1) 勝山 MC2113+MC2112s 2013.02.01 0835_32(1) MC2112 車内
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。

●関連記事
2013年冬 福井・三重 鉄旅行記(概略版)
2013年冬 福井・三重 鉄旅行記(1) 1月31日 中央本線115系他乗り鉄 高尾→福井
 
 

■2013年1月31日(木)
●福井17:56→勝山18:49
前回は福井到着まででしたが。
ここからがいよいよ、この旅行の主目的その1の、えちぜん鉄道吊掛車MC2101形乗車になります。
ただ、平日夕方の下り列車ということで当然混んでたので、終点の勝山に着くまで写真は撮ってないです。

そんなわけで、1時間弱の間、吊掛式の重厚な駆動音を堪能して、勝山に到着。
2013.01.31 1853_08(1) 勝山
2013.01.31 18:53 勝山
夜で景色は見えなくても、勾配区間で力行を続けていることはよくわかりましたし、なかなか楽しめました。
以前、三国芦原線で吊掛車に乗ったときは、吊掛車としては駆動音がおとなしめという印象を受けたのですが、この日はかなり大きい音と感じられたので、乗車位置の違い、車両の違いといった面も大きいようです。
(同じ形式の車両で同じ台車・主電動機であっても、今回乗ったMC2112とMC2113(いずれも福井方台車付近)を乗り比べると、前者のほうがビビリ振動などが大きく、豪快な駆動音でしたし)
2013.01.31 1851_22(1) MC2112 車内
MC2112 車内
終点近くになってすいてきた後は、上写真の優先席に移動しましたが、この付近は最もよく駆動音が聞こえ、また、床からはビビリ振動が盛大に伝わってきました(笑)
2013.01.31 1850_42(1) MC2112 車内
内張りや扉などの水色が独特と感じますが、冬場に乗ると寒々しいです(笑)
(この日も翌朝も、暖房が全然効いてなかったので、実際かなり寒かったのですがw)
余談ですが、個人的には内装色が水色系というと、食堂車マシ35 1~3の登場時を思い出しますw
2013.01.31 1850_56(1) MC2112 車内

2013.01.31 1854_26(1) 勝山
勝山到着後、すぐに室内灯が消されました。

2013.01.31 1857_12(1) 勝山
18:57 勝山
予想はしてましたが……駅前に店などは何もなく、駅から宿まで迷わずに辿り着けるか多少不安を覚えたので、タクシーに乗ってしまいましたw
(徒歩10分程度なので、タクシーだとすぐでしたがw)

そして、宿に到着。
2013.01.31 1903_02(1) 勝山
……ぢつに渋くてよいです♪
こちらの宿は、チェックインが19:00までと記載されてたので、この日は福井にわりと早めに着くよう動いたのでした。
(もっとも、夕食なしのプランにしたので、もう少し遅め到着でも問題なかったのかもしれませんが)

宿の内部の写真も3枚ほど載せておきます。
2013.01.31 1918_20(1) 2013.01.31 1917_18(1)
2013.01.31 2044_54(1)
部屋の壁面下部の全周に、なにやら経文?が。
(この写真はクリックすると3倍サイズで表示されますw)




■2013年2月1日(金)
この日は、朝の上り列車で運用される吊掛車に乗るため、早朝に出発。
(それに乗るには、勝山で泊る必要がありました)
2013.02.01 0637_00(1)
2013.02.01 06:37
宿と、その近辺を撮影。
機会があれば、今度は食事付で泊ってみたいものです。

そして、駅に向かいます。
2013.02.01 0637_28(1)
前日に来た時は真っ暗だったので、どんな景色なのか全く分からなかったのですが、このようなところだったとは……(笑)
2013.02.01 0642_02(1)
この橋のすぐ向こうに勝山駅があります。

2013.02.01 0644_12(1)

2013.02.01 0646_34(1)
正面も左も右も雪山です♪
このような景色を目にすると、福井に来ているという実感がわきます♪

2013.02.01 0649_34(1) 勝山
2013.02.01 06:49 勝山
勝山駅に到着。
この後は、始発の上り列車(吊掛車)を撮るつもりでしたが、色々勘違いをしたため撮影できず(笑)

2013.02.01 0701_12(1) 勝山 MC2113+MC2112s
2013.02.01 07:01 勝山 MC2113+MC2112
駅の裏手から、ホームに進入する吊掛車MC2101形を撮影。
って……前日夜と同じ編成でした(笑)


●勝山07:17快速→福井08:06
2013.02.01 0711_32(1) 勝山

2013.02.01 0707_00(1) 勝山 MC2113+MC2112

2013.02.01 0707_32(1) 勝山 MC2101形2113+2112
2013.02.01 07:07 勝山 MC2113+MC2112
MC2101形は、元南海1201形のモハ2001形を、阪神5231形の車体に更新した形式とのことで、そのため車体は1961~1963年製と、吊掛式電車としては新しめです。
ただ、下回りは南海1201形のもので、MC2112・MC2113の台車は釣合梁式(イコライザー式)のK-16形で、台車が車体よりも明らかに古いとわかりますし、吊掛式電車であることも一目瞭然です。
この台車は、戦前から戦後にかけて多くの私鉄で使用された日車D形と同じく、ボールドウィンAA形のデッドコピー品とのことですが、この形の台車は、個人的に馴染み深い琴電や銚電などでも見られ、一部は動態保存もされてるので、非常に親しみ深くも感じます。
(なお、えちぜん鉄道で最近まで運用されてた吊掛車8両のうち、MC2108の台車はFS-107形、MC2109はFS-36形で、それらはK-16形よりもかなり近代的な外観でした)

2013.02.01 0712_16(1) 勝山 MC2113 車内
2013.02.01 07:12 勝山 MC2113 車内
明るい時間に勝山永平寺線に乗ったのは、この時が初めてでしたが、車窓に雄大な雪山の広がる景色は実に素晴らしく、できれば写真を撮りたかったのですが……平日朝の上り列車ということで、撮影は控えました。
個人的には、乗り鉄するなら吊掛式電車は、在来形客車、寝台車と並んで別格なので、吊掛式のMC2101形の運用が消滅したことは大変惜しまれますが、そのうち、クロスシート車で勝山永平寺線の車窓を堪能したく思います。


●福井08:11→鷲塚針原08:33(西長田行き 実際には数分の遅れ発生)
08:06に終点福井に到着し、これでMC2101形の朝の運用は終了かと思っていたのですが。(無知w)
折り返しで三国芦原線の西長田行きになったので、当然それにも乗車しました。
勝山永平寺線の上り列車は下りこう配となる区間が多く、走行音的にはやや物足りない感じもしたので、三国芦原線の平坦線高速走行(70km/hくらい?)を味わえたのは幸いでした♪
2013.02.01 0835_32(1) MC2112 車内
2013.02.01 08:35 MC2112 車内
この旅行は、気温が異様に高い日に当たったのですが、この日の午前は天気も快晴でした。
そして、写真の通り、車窓には雪景色が広がっていますので、できれば走行写真を撮影したくなりますが……このあたりなら編成写真も撮れそうですし、上り列車を撮れば順光になりそうです。
2013.02.01 0835_52(1) MC2112 車内
って、撮影されてる方が(笑)
そんなわけで、撮りやすそうな場所から、駅までの所要時間を測定開始。
電車と徒歩の速度差を考慮して計算すれば、撮影地までの大雑把な所要時間は算出できますのでw
(道が極端に線路から離れてたりする場合は難しいですがw)
そして、恐らく次の駅で下車すれば、MC2101形が折り返してくるまでに撮影地点に到達可能と判断。

というわけで下車しまして、発車していくMC2101形を後追い撮影。
2013.02.01 0839_04(2) 鷲塚針原 MC2113s3
2013.02.01 08:39 鷲塚針原 MC2113

2013.02.01 0840_06(1) 鷲塚針原
2013.02.01 08:40 鷲塚針原
2013.02.01 0934_54(1) 鷲塚針原
昔ながらの私鉄駅らしい、好ましい駅舎です。


そんなところで、また続きます
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI