2013年6月16日(日) (2)秩父鉄道1000系他 撮影・乗車 皆野など

前回に続きまして、6/16の秩父鉄道のC58以外の写真を掲載します。
2013.06.16 1537_54(1) 皆野 1003F 2013.06.16 1305_50(3) 浦山口~武州中川 1001Fs
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

まずは明戸近辺です。
2013.06.16 0938_20(1) 大麻生~明戸 1003Fs
2013.06.16 09:38 大麻生~明戸 1003F


続いて、樋口近辺。
2013.06.16 1126_40(1) 樋口~野上 7506Fs
2013.06.16 11:26 樋口~野上 7506F(上り)

2013.06.16 1126_44(2) 樋口~野上 7506Fs
座席の座面が硬いので個人的に苦手な7500系ですが、背ずりは傾斜が多い好ましい形状で、ロングシートとしてはかなり上等な部類と思います。
それだけに、座面を柔らかく改良してくれれば、劇的に座り心地が改善されると思うのですが。
(座面の硬さのせいで、総合的な座り心地はかなり下位、E231系初期車と似たようなレベルで、個人的には1000系より劣ると思っていますw)
……この7500系が増殖すると、以前は「外れ」と思っていた5000系が「当たり」に変わってしまいました(笑)
(座席の座り心地、乗心地、静粛性など、秩父鉄道の普通列車用電車としては最優秀なのでw)


樋口から武州中川までは1001Fに乗車。
2013.06.16 1223_56(1) 浦山口~武州中川
12:23
カーブなので車窓が物凄く傾いてますが、それはともかくw
土休日は下りパレオの直前が1001Fなので、乗車・撮影しやすくてありがたいです♪
そして、乗るならこの、非冷房のデハ1100が一番ですw
(たまに、開閉できなくなってる窓があるので、暑い日にそこに当たると困りますがw)



下りパレオを撮影後、一駅歩いてみることにしました。
2013.06.16 1238_02(1) 7704Fs
写真の左側には架線柱と住宅がありますが、上りパレオを撮るのにも悪くないかもしれません。
(煙の具合はわかりませんがw)

2013.06.16 1255_58(1)

2013.06.16 1257_08(1) 2013.06.16 1257_48(1)
細い道を抜けて……

目的地に辿り着きました。
2013.06.16 1303_10(1)
この場所、景色はいいですが、斜面を登る必要があるので、あまり一般的ではない気がしました。
「この麻呂、不覚にも下りる際に尻もちをついてしもうたでおぢゃるwww」
つるつるの履物では危険ということでおぢゃるな……w

2013.06.16 1303_54(1)

そして、上りの1001Fを後追い撮影。
2013.06.16 1305_50(3)  1001Fs
武甲山を入れて撮ると、どうしても車両が小さくなります(笑)
また、撮影可能な人数も少なめのようです。
2013.06.16 1305_56(1)  1001Fs

2013.06.16 1315_14(2) 7502Fs

2013.06.16 1315_22(2) 7502F
左側の建物を入れないで撮るのが無難?
ここでC58を撮ってみたい気もしますが、線路際の雑草が伸びているので、それが少なくなった頃にでもまた来たいと思います。

2013.06.16 1333_34(1) 浦山口
この駅から乗るのは初めてでしたが、斜面の上に駅舎がある様子は、いかにも山奥らしくていい雰囲気です。
2013.06.16 1339_12(1) 浦山口
「つかれたでおぢゃるw べんちで一休みでおぢゃるw」



その後は影森近辺でパレオを撮影しましたが。
2013.06.16 1408_58(1) 影森~御花畑 7502F
2013.06.16 14:08 影森~御花畑 7502F
車窓から見た感じでは、このような構図でパレオも撮れそうにも思えたのですが、3両が上限だったようです(笑)



長瀞でパレオ発車を撮った後は、急行で帰ることにしましたが、まだ時間に余裕があるので皆野へ。
2013.06.16 1519_30(1) 西武4000系 車内
2013.06.16 15:19 長瀞 西武4000系 車内
乗り鉄的にはかなり好きな車両です♪
ここでは3駅しか乗れないのが残念でしたが(笑)
2013.06.16 1525_56(1) 西武4000系 車内
2013.06.16 15:25 上長瀞~親鼻
この日の朝まで雨だったせいか、荒川は茶色く濁ってました。
……それにしても、西武4000系の、窓中央に細い柱のあるこの窓は、軽量客車のB寝台車のようです(笑)
(もちろん、窓の大きさや縦横比はかなり違いますが)
【参考↓】オハネ12 29 車内 2009.09.19 碓氷峠鉄道文化むら
2009.09.19 1144_42(1) 碓氷峠鉄道文化むら オハネ12 29ts
テーブルの形状も似てるような気がしたので、なおさら軽量寝台車っぽい雰囲気に思えたのですが、写真で比較してみると、やはりかなり似た形状だったようです。
こうなると、窓を開閉できないのが唯一残念に思えてきますw



2013.06.16 1531_28(1) 皆野 7002F
2013.06.16 15:31 皆野 7002F
皆野に到着後、行き違いの上りを撮影。
側面潰れですがw

2013.06.16 1536_02(1) 皆野
皆野の上り方ですが、左側の木造の古い建物と貨物ホーム跡、木造の駅舎とホーム屋根、右奥に聳える武甲山など、好ましい雰囲気です。

この場所で、下りを撮影してみましたが。
やってきたのは……
2013.06.16 1537_52(1) 皆野 1003Fs
2013.06.16 15:37 皆野 1003F
オレンジバーミリオンの1000系、1003Fでした♪
上写真は左側の転轍機標識を入れて撮りましたが、その上方に派手な色の建物が少し見えてしまうのが難点ですw

2013.06.16 1537_54(1) 皆野 1003F
個人的に、現在の秩父鉄道の電車で最も「当たり」の1003Fが来るとは、幸運でした♪
昭和の雰囲気を色濃く残すこの場所に、1003Fはよく似合います。

2013.06.16 1537_56(1) 皆野 1003Fs

2013.06.16 1538_12(1)
ここで上りパレオを撮ってみたい気もしますが、それの場合、ここだとアウトカーブで編成後部が見えない、もしくは見えづらくなるのが個人的にはやや難点です。
ただ、雰囲気は実にいいので、これくらいの晴天の日があれば撮ってみたいとは思います。

2013.06.16 1540_02(1)s
2013.06.16 15:40
上り貨物と行き違い。

2013.06.16 1540_16(2) 皆野 デキ108s
2013.06.16 15:40 皆野 デキ108


皆野では予想外の収穫となりましたが、これにて帰還することにしました。
2013.06.16 1623_08(1) 6000系 車内
2013.06.16 16:23 小前田~永田 6000系 車内
……牧場に牛が(笑)
実にのどかですw

2013.06.16 1642_20(1) 熊谷~持田
2013.06.16 16:42 熊谷~持田
高崎線、上越新幹線との交差ですが、タイミングよく、上り貨物のEF65が来ましたw
2013.06.16 1642_24(1)
急行は快適かつ、乗ってて楽しくて、何度乗っても実によいです♪
個人的には、熊谷止まりではなく羽生行だととくに楽で助かりますw
(土休日夕方の熊谷止まり急行の接続の悪さは、先のダイヤ改正で改善されたようですが、そのあおりで普通列車が熊谷で十数分停車することになったので、一長一短ですw …先週はその影響を受けましたw)


秩父鉄道には、小豆1002Fの撮影で数十回通いましたが、当時はとにかくそれの撮影(とくにパンタ側順光となる場所)が最優先だったので、まだ行ったことのない場所も多く、今回は久しぶりに、C58以外にもある秩父鉄道の魅力を味わえました。
(1000系が引退したら、C58以外の車両で外観的に魅力を感じるのは貨物くらいになりそうですが)
今後の訪問も、主目的はC58になるかと思いますが、形式走行写真と好ましい情景とを両立して撮れる場所は他にもありそうですし、今後もまだまだ楽しめそうです♪
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

色がキレイだ

最初の方の曇りはともかく
武州中川-浦山口間?の写真、
尻餅と引き替えに素晴らしい色です。
特殊な細工が施してあるんでしょうか。
背景が曇りで良い具合に陽が当たってるのでしょうか。
1305・1315のシリーズは東南アジアの
熱帯雨林の中を行くような感じがします。
皆野のオレンジバーミリオン編成もキレイですが
何より周りが昭和のままで素晴らしい。
木造の小屋、線路脇の柵、駅舎と。
さすがロケハンの達人、
小生も今度行ってみます。

No title

コメントありがとうございます。
曇りだと、とくにオレンジは映えないです(笑)

山背景の写真は、浦山口からのほうが近い場所ですが、かなりの急斜面のため転倒の危険性があり、撮影可能な定員も少ないので、あえて撮影区間はわかりにくくしました。
(文章等を見ればわかるようにはなっていますが)
このあたりでの撮影時は、手前のほうは日差しがあり、背景が曇りだったので、緑がいい色になったのかと思います。
また、ここでの写真はホワイトバランスは「オート」のまま、RAWで撮影して、そのままだとやや黄色味が強い感じでしたが、RAW現像時に「自動調整」として青みを強くしています。
(「オート」と「晴天」の中間程度の色合い)
ホワイトバランス「オート」だと、被写体の色合いによっては、実際の色のイメージとかなり異なる場合もありますが、そのあたりは写真取り込み後に調整しています。
以前撮った写真では、過度の補整で不自然な色合いになったものも多いですが(笑)

皆野については、ネットでC58の写真を色々見ていて見付けたものを参考にしていたので、独自色は薄いです。
(撮影地点は記載されてなかったので、記憶と地図を頼りに、皆野と割り出しました)
この駅は、以前から好ましい雰囲気と思ってはいましたが、駅の外に出て構内を見てみると、予想以上に昭和でした。
列車を撮影する際は、右側の小屋や柵も入れるべきか迷います(笑)
他にも、昭和の雰囲気で撮れる区間があるか、探してみたいと思います。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI