2013年7月28日(日) (1)機関車故障救援で重連となった寝台特急「あけぼの」 2022レ(救援EF81 133+EF64 1051) 鴻巣~北本

7/28には色々と撮影してきたのですが、まずはこの日最注目と思われる、重連「あけぼの」を掲載します。
2013.07.28 1215_46(1) 鴻巣~北本 「あけぼの」 2022レ EF81 133+EF64 1051+24系s
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
●この日の編成を追加しました。(7/29)
 
 

7/28には、高崎線で在来形客車の運転がありましたが、朝夕にそれを撮影し、その間の昼間に秩父鉄道のC58を撮れば、時間・予算の両面で効率がよさそうだったので、その両者を撮影する計画でした。
「あけぼの」については、「機関車故障の為、吹上で停車している」との情報を出発前に得てはいましたが、そんなに重症と思ってなかったので、さほど気に留めず、予定通り撮影をしていました。

しかし、明戸でC58を待っていたときに……友人より一通のメールが。
いわく、
「あけぼのの機関車壊れて、133で救援」

その文面を見たときの心境は、
「な……なんぢゃとぉぉぉぉぉっ!?」
でしたw

「あけぼの」のEF64がそんなに重症だったことも驚きでしたが、よりにもよって救援機が、個人的に特別好きな、ヒサシ付のEF81 133とは、二重の驚きでしたw

……とりあえず、心の内の動揺を抑えつつ、今から吹上に向かったら何時頃になるか調べつつ、C58を無難に撮影して駅に戻り、とりあえずC58追撃の下り電車に乗車。
結局、吹上着予定は11:26頃となりそうでしたが、それを調べた頃には救援のEF81 133が吹上に到着していたようで、撮影できるかは微妙な情勢でした。
しかし、無理と決まったわけでもないので、(いつでも撮影可能な)C58追撃を中止し、(ほとんど機会のなさそうな)重連「あけぼの」撮影に、駄目元で行ってみることを決断。
そんなわけで、小前田で行き違いの上り電車に乗り換えましたが、この転進の決断をしたのは小前田停車の直前だったので、ギリギリのタイミングでした(笑)

そして、この上り電車は、オレンジ色の1000系、1003Fでした♪
2013.07.28 1055_16(1) デハ1103 車内s
2013.07.28 10:55 デハ1103 車内 (携帯写真)
中間デハは非冷房で暑いので、早速窓を開けますw
「うむ。ぢつに爽快でおぢゃる♪」さすがに30℃おーばーじゃと、窓を開けても、ちと暑い気もするがのw
それはともかく、数少ない1000系に当たるとは、なにやら幸先がよさそうな気がしました♪

その後、熊谷で高崎線に乗り換え、7分ほどで吹上に到着。
2013.07.28 1126_51(1) 吹上 2013.07.28 1127_16(1) 吹上 2013.07.28 1127_35(1) 吹上
2013.07.28 11:27 吹上 (3枚共、携帯写真)
「まだ吹上におったでおぢゃる!!!!!」
これで、転進が無駄にならない可能性が一気に上昇し、内心万歳(笑)
EF64とEF81が重連になっていることも確認しつつ、追い越し。

高崎線の撮影場所はほとんど知らないので、その後は進行方向右側の車窓を注視して、「光線の向きを含め、比較的好ましく撮れそう」「人が多くない」「駅から遠くない」場所を捜索。
しかしあまり欲張ると、そのうち大宮あたりまで行ってしまうので(笑)、前記の点を概ね満たしてそうな、鴻巣~北本で撮ることにして、北本で下車しました。
(余談ですが、駅ホーム端や一部区間での撮影者の多さに、思わず吹いたりもしましたw)

北本では、駅のわりと近くから線路と道路が並行していて、いちおう撮影可能と言える場所は多いのですが、住宅街なので背景がいいとは言えず。
しかし、遠くの方には、木々を背景に撮れそうな場所が見えたので、そこまで歩きました。

その場所で練習撮影。
2013.07.28 1208_36(1) 鴻巣~北本s
2013.07.28 12:08 鴻巣~北本 
架線柱は編成にかかりますが、個人的には近距離で撮るなら許容範囲でした。


そして、見慣れた赤い機関車の姿が。
2013.07.28 1215_38(1) 鴻巣~北本 「あけぼの」 2022レ EF81 133+EF64 1051+24系s
2013.07.28 12:15 鴻巣~北本 「あけぼの」 2022レ EF81 133+EF64 1051+24系
この写真の架線柱はさすがに目立ち過ぎとは思いますが、いちおう掲載w

数日前に黒磯訓練で撮影したEF81 133ですが、まさか、このような出番があることは全く予想できませんでした(笑)
(2010年に、同車が「カシオペア」の救援に向かったことがあったとは思いますが、救援任務はその時以来でしょうか?)

2013.07.28 1215_42(1) 鴻巣~北本 「あけぼの」 2022レ EF81 133+EF64 1051+24系s
夏場の真昼の、これほど日の高い時間にヒサシ付EF81を撮ったのは初めてでしたが、ヒサシの影で窓下手すりのあたりまで真っ黒になるのですね…(笑)
ところでこの写真、架線柱がちょうど2階建構造車(ソロ)の2両を隠してるので、個人的にはちょうどいい位置、なんて思ったりもします(笑)

2013.07.28 1215_46(1) 鴻巣~北本 「あけぼの」 2022レ EF81 133+EF64 1051+24系s
このあたりが本命の写真です。
EF81 133とEF64 1000番代の重連牽引の寝台特急……初めて見ましたが、なかなかよいです♪
両機のパンタが全て上昇というのも絶品です♪

2013.07.28 1215_46(3) 鴻巣~北本 「あけぼの」 2022レ EF81 133+EF64 1051+24系s
日が高いのはやむを得ないとして(いつも通り、だいぶ補整はしています)、良好な光線向きで撮影できたことも幸いでした♪

2013.07.28 1215_48(2) 鴻巣~北本
広角ですが、EF81 133。

2013.07.28 1215_50(2) 鴻巣~北本
こちらも広角ですが、EF81 133+EF64 1051。

2013.07.28 1216_00(1) 鴻巣~北本

2013.07.28 1216_14(1) 鴻巣~北本s
客車の後追いも問題なく撮影できましたが。
この1分弱ほど後に下り列車が通過したので、けっこう危なかったのかもしれません(汗)
ともあれ、滅多に見られない垂涎物の編成を無事に撮影でき、転進が成功に終わったので万々歳でした♪


■2013年7月28日(日) 2022レ 「あけぼの」 鴻巣~北本
EF81 133 【吹上~(救援)】
EF64 1051 【長岡~】
オハネフ24 10 金帯
オハネ24 13 白帯
オハネ24 44 金帯
オハネフ24 19 白帯
オハネ24 551 金帯
オハネ24 554 金帯
スロネ24 553 金帯
オハネフ24 25 白帯
カニ24 109 金帯
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI