2013年7月 東北他鉄旅行記(6) 7月9日(火) 弘南鉄道大鰐線 乗車など

7月の鉄旅行の続きですが、今回は弘南鉄道大鰐線の乗り鉄です。 ……写真は40枚ほどあります…(笑)
2013.07.09 1401_02(1) 2013.07.09 1035_26(1)
●一部の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。

2013年7月 東北他鉄旅行記 関連記事
2013年7月7日(日) C61 20+在来形客車 八木原~渋川/後閑~沼田
(1) 7月7日(日) 水上→長岡→新潟、夜の115系
(2) 7月8日(月) 普通列車で新潟→浪岡
(3) 7月8日(月) 寝台特急「あけぼの」 2022レ(EF81 139)他 浪岡~北常盤
(4) 7月8・9日 弘前駅構内の眺め(某ホテル8階より)
(5) 7月9日(火) 寝台特急「あけぼの」 2021レ(EF81 137)他
 
 

時間は多少前後しますが。
弘前0651→大鰐温泉0702の701系に乗ってから、「あけぼの」撮影前に弘南電鉄大鰐線に乗り換えました。
2013.07.09 0703_28(1) 大鰐
2013.07.09 07:03 大鰐
JRのホームから見る、大鰐線ホームと跨線橋です。
昨年に乗車予定だったものの果たせず、ようやくの初乗車となりました♪

2013.07.09 0704_40(1) 大鰐
跨線橋の幅が狭くなるのが、いかにも地方私鉄への乗り換えらしくていい雰囲気です。

2013.07.09 0705_06(1) 大鰐
跨線橋の窓から見る、大鰐線ホームです。
列車に乗る前に、いったん駅の外に出てみます。

2013.07.09 0708_54(1) 大鰐
大鰐駅北口です。
って……反対側には、JRの大鰐温泉駅だけでなく、大鰐駅南口があったようで……。
これを作成途中に気付きましたw


2013.07.09 0709_12(1) 大鰐
北口からは、階段と細い通路を通って、改札へ。
2013.07.09 0709_36(1) 大鰐
ここで、弘南鉄道の1日フリー切符(1000円)を購入して、乗車します。
2013.07.09 0711_06(1) 大鰐
最近、路線廃止の話も出た大鰐線ですが(後に撤回)、朝は立ち客が出る混雑で、無人駅でも数人以上乗ってくる感じでした。



この後は、鯖石まで乗るつもりでしたが、なぜか乗り過ごしてしまい、石川で下車(笑)
大鰐行きで鯖石に戻ることにしましたが、まだ時間があるので駅で撮影。
2013.07.09 0735_24(1) 石川
2013.07.09 07:35 石川
2013.07.09 0744_54(1) 石川

2013.07.09 0732_08(1) 石川
「し……しぬでおぢゃるか……」(゚Д゚) ポカーン
ネットで見かけたことのある、非常に個性的な警告の看板ですが、この路線だったのですね(笑)
(他の駅にもあるそうですが)

2013.07.09 0732_26(1) 石川
2013.07.09 07:32 石川
大鰐線と並行している奥羽本線の上り貨物です。



2013.07.09 0755_44(1) 鯖石s2
2013.07.09 07:55 鯖石
本来下車するはずの鯖石に30分くらい遅れて到着(笑)、乗ってきた列車を後追い撮影。
2013.07.09 0755_52(1) 鯖石

2013.07.09 1030_56(1) 鯖石



その後は「あけぼの」を撮影して、付近をロケハンしましたが、たまたま見かけた大鰐線の列車も撮影。
2013.07.09 0951_28(3)
2013.07.09 09:51
思ったよりも雑草が長く、びみょーでしたw

2013.07.09 0957_22(1)
2013.07.09 09:57
こちらもいまいちですw




「あけぼの」撮影後は、本格的に乗り鉄開始♪
終点の中央弘前に向かいます。
2013.07.09 1035_00(1)
2013.07.09 10:35
↑↓この2枚は、2両目連結面付近から、後方を撮ったものです。
2013.07.09 1035_26(1)
車両は、現在の地方私鉄でよく見られる元東急7000系ですが、地方私鉄らしいへろへろ線路っぽい揺れ(笑)が心地よく、車窓には山々が広がるので、乗ってて実に楽しいです♪
(東急車ながら珍しく?座面が柔らかいことも好印象でした(笑))
車窓は、並行してる奥羽本線と似ていますが、車両、線路の状態共に大きく異なるので、全く違った楽しさがあります。

2013.07.09 1039_52(1)
こちらは、2両目後方から、前方を撮ったものです。

2013.07.09 1040_04(1)
奥羽本線との交差を最後部から撮影。

2013.07.09 1045_22(1)
2013.07.09 10:45 津軽大沢 6000系
この6000系、なかなかいいスタイルです♪
定期運用は数年前になくなったそうですが、イベント列車等での運転があるのか、よくわかりませんw
それと、手前の簡素極まる保線車両と比べると、牽引車が近代的に見えますw



終点に近付くと街中を走るようになり……
終点、中央弘前に到着。
2013.07.09 1100_48(1) 中央弘前
2013.07.09 11:00 中央弘前

2013.07.09 1114_42(1) 中央弘前

2013.07.09 1115_04(1)

2013.07.09 1113_12(1) 中央弘前

2013.07.09 1119_20(1) 中央弘前
中央弘前で発車を待つ7000系です。
せっかくなので、少し歩いて走行写真を撮ることにしました。

2013.07.09 1130_46(1)
2013.07.09 11:30
駅近くでは、あまりいい場所は見当たらず、びみょーな写真となりましたがw
(また、この7000系はわりと前面重視で撮ったほうが好ましいような気がします)
2013.07.09 1131_02(1)



この日は時間に余裕があったため、駅から少し歩いて弘前城を見てきました。
2013.07.09 1216_24(1)

2013.07.09 1237_24(1)
弘前城天守です。
焼失した5層の天守の代用として、櫓を改修して天守にしたとのことですが、往時の木造のままで現存する12天守の一つです。
(その他は、松本、丸岡、犬山、彦根、姫路、松江、備中松山、丸亀、松山、宇和島、高知)
2013.07.09 1231_52(1)
この天守、目立たない側は破風が省略され、窓構造も異なるなど、目に見えて倹約してるのが独特です(笑)



この旅行唯一の観光?wを終えた後は、再び大鰐線に乗車。
2013.07.09 1345_46(2)
2013.07.09 13:45 津軽大沢
今度は最後部から、6000系などを撮影。
2013.07.09 1345_54(1)
よく見ると、6000系の奥に凸型の機関車もいます。

2013.07.09 1348_36(1)
2013.07.09 13:48
奥羽本線と交差。
2013.07.09 1348_48(1)

2013.07.09 1348_54(1)
大鰐線のこの高架橋は、「あけぼの」などの乗車時に見て印象に残っていましたし、そのたびに「あちらにも乗ってみたい」と思っていましたが、ようやくそれを果たせました。
(奥羽本線側から見たこの高架橋はこちらです↓)
http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/m/a/r/maronokimagure/20120819152106156.jpg
(掲載記事→)・2012年7月 北東北鉄旅行記(3) 7月23日 寝台特急「あけぼの」 A寝台個室(スロネ24 551)からの車窓風景

2013.07.09 1353_16(1)
この7000系、冷房は付いてないですが、走行時は窓から風が入って心地よいです♪
気温の高い日だと、停車時は少し?暑いですがw



そんなわけで、終点の大鰐に到着~。
2013.07.09 1359_32(1)
地方私鉄の雰囲気が濃厚で、景色もいい路線なので、「これで吊掛式電車であれば、まさに最高であっただろうな……」と思ってしまう部分もありましたが、この7000系でも十分に楽しめました♪
一往復乗っても全然退屈しなかったですし、また乗ってみたいと思える路線です。

2013.07.09 1401_02(1)
跨線橋から、7000系を撮影。

2013.07.09 1402_32(1)
こちらは、奥羽本線上りホームから撮影。
台車形状が独特ですw


こんなところで、また続きます
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ステンレスは強いな

記事の更新が怒濤の勢いで
読むのが追いつきません。。。
最近は日本中どこも元東急車ばっかりやなぁ
と思いますが、これはやはりステンレスのせいでしょうね。
6000系が未だ残って居たとは驚きです。
確かこの後に青蛙をステン化したようなヤツも出ましたが。
18で上京後、東急沿線に6年居たので懐かしい。
7000はアルミホイルを貼った紙に鉄筆でスジを入れて
コルゲート板を表現する、という「模型と工作」の記事を
思い出しました。

C58もなんで管理人様が撮ると格好良くなるのか
不思議です・・・一回ヲキ編成を牽いて欲しいな。

老朽化しないのは強いようです…

コメントありがとうございます。

旅行等に行くと、帰ってきた後に記事を読むのが大変……ということもあるかと思いますが、今後は週1~2回程度の更新になると思いますし、興味の薄い記事があれば、軽く流すか、「続きを読む」以下を見ないでも問題ないかと思います(笑)

地方に元東急車が多いのは、個人的には残念ですが、オールステンレス車の実用性の高さによるものでしょうから、余力の少ない現在の地方私鉄ではやむなしという気もします。
6000系は、数年前にさよなら運転があったので、当方としても現存していたのは意外でしたが、走行の機会の有無は、軽く検索してもわかりませんでした。
『青蛙をステン化したような』……5200系かと思いますが、計4両の少数派だったようですね。
個人的には、5200系・6000系あたりまでの東急車は好感が持てました。
(7000系や8500系なども悪くはないと思いますが、どうしても微妙な感情も付きまといます)

7000のコルゲート板表現……大変そうですが、どんな仕上がりになるのか見てみたい気もします。

C58……というか、列車の写真はトリミング前提で、余白多めになるように撮って、縦横1~2割程度トリミングしているものが多いので、その影響もあるかと思います。
(過去には編成後部が切れた等の失敗を何度もしましたし、手持ち撮影で余白がなるべく出ないように撮っても、角度補整を要する場合が多く、結局トリミングは必要になるので、当方の技量で無理のない、成功率の高い撮り方ということで、この手法になりました)
ヲキ編成、20両が無理なら空車の10両でもいいから、見てみたいです。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI