2013年7月 東北他鉄旅行記(9) 7月9日(火) 急行「はまなす」 201レ(ED79 14) 青森

しばらく間があきましたが、また7月の東北他旅行の続きです。
2013.07.09 2224_30(1) 青森 「はまなす」 ED79 14s 2013.07.09 2218_24(2) 青森s
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。

2013年7月 東北他鉄旅行記 関連記事
2013年7月7日(日) C61 20+在来形客車 八木原~渋川/後閑~沼田
(1) 7月7日(日) 水上→長岡→新潟、夜の115系
(2) 7月8日(月) 普通列車で新潟→浪岡
(3) 7月8日(月) 寝台特急「あけぼの」 2022レ(EF81 139)他 浪岡~北常盤
(4) 7月8・9日 弘前駅構内の眺め(某ホテル8階より)
(5) 7月9日(火) 寝台特急「あけぼの」 2021レ(EF81 137)他
(6) 7月9日(火) 弘南鉄道大鰐線 乗車など
(7) 7月9日(火) 弘南鉄道弘南線 乗車/ED33 3
(8) 7月9日(火) 弘南線新里駅の8620形48640
 
 

夕方の上り「あけぼの」撮影は大雨に降られたりで失敗したので省略しまして(笑)

2013.07.09 2145_06(1) 青森s
2013.07.09 21:45 青森
夕食後、急行「はまなす」入線を撮ってみることにしました。

シャッタースピード1/20秒でズーム流し。
2013.07.09 2218_24(2) 青森s
2013.07.09 22:18 青森 DE10 1763
個人的感覚としては、そこそこ撮れたかと思います。

2013.07.09 2219_14(1) 青森s
こちらも入線中の光景です。
14系座席車と、寝台車による編成は、1980~90年代の夜行急行の雰囲気が強く感じられて、実に好ましいです。

2013.07.09 2224_30(1) 青森 「はまなす」 ED79 14s
2013.07.09 22:24 青森 「はまなす」 ED79 14
この日は増結のない所定編成だったので、編成写真を無理なく撮影できました。
2013.07.09 2226_14(1) 青森 「はまなす」 ED79 14s
ED79を先頭にした「はまなす」は、かつての東北の夜行急行を彷彿させる編成でもあり、一度は撮影しておきたかったので、停車中とはいえ撮影できてよかったです。


以下、客車の写真を載せておきます。
(急いで撮ったのでブレてる写真ばかりですが)
2013.07.09 2227_40(1) 青森 スハネフ14 552
スハネフ14 552 B寝台
B寝台車2両は、基本的に寝台特急のB寝台と変わりない設備ですが、寝台料金も変わらないので、7時間半前後の乗車だと、やや割高にも感じられます。
2013.07.09 2228_00(1) 青森 オハネ24 501
オハネ24 501 B寝台

2013.07.09 2228_24(1) 青森 スハフ14 551
スハフ14 551 普通車自由席
この3号車は、多客期の増結時、指定席になることもありますが、座席はモケット色以外ほぼ原型の車両が多いようで、さらにディーゼル発電機の騒音も加わるので、指定席でこれに乗りたいとはあまり思えないです(笑)
(1993年夏の急行「八甲田」の青森→上野で、スハフ14に乗ったことはありますが……夜行で乗るには快適と言い難いものでしたw)

2013.07.09 2228_52(1) 青森 オハ14 515
オハ14 515 普通車指定席「のびのびカーペット」
「はまなす」で一番人気のカーペット車で、寝室側の窓配置は独特です。

2013.07.09 2229_28(1) 青森 オハ14 508
オハ14 508 普通車指定席「ドリームカー」
5・6号車の指定席は、特急グリーン車の座席に取り替えた車両で、他の座席車よりも格段に快適です。
また、上写真手前の窓1枚分は、4つの椅子+テーブルを2組設けられたフリースペースとなっています。
2013.07.09 2231_20(1) 青森 オハ14 510
オハ14 510 普通車指定席「ドリームカー」

2013.07.09 2230_12(1) 青森 スハフ14 508
スハフ14 508 普通車自由席


2013.07.09 2232_46(1) 青森
カーペット車から前方を1枚。
そろそろ、跨線橋を渡ることにしますw

2013.07.09 2238_34(1) 青森
この4号車に乗ります♪

……というところで、また続きます
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

相変わらず、写真がカッコいいなーと大きくして眺めています。
もう少し編成が長い方がお好みだったりするのでしょうか。
(でも、長くなると、手前側にのびてくるので、編成写真が撮れないというジレンマ)

今回の、ヘッドマークの花の色とか文字が白いのはレアなんじゃなかったでしたっけ。

No title

くらまろさんこんばんは。臨時ではなくこういう定期客レは今や特急ブルトレ以外では、コレのみになってしまいましたね~。

どのカットも味わいがありますね。一昔前の「ゆうづる」の雰囲気です。

青函新幹線が登場すればお役御免でしょうが、その前に消えたりしないか心配です。なんか久々に行きたくなってしまいますが、時期的に走行画像はきついですね。・・・う~む来季の6月めどに計画します。

No title

>>ちとからさん
コメントありがとうございます。
鉄道写真は、なるべく、その車両や列車の特徴、魅力が伝わってくるものを目標としていますので、拡大表示までして眺めてもらえて、大変嬉しく思います。
編成の長さは、こうした客車列車ですと、本来はもっと長いほうが好みです。
ただ、ご指摘の通り、増結するとこの場所で「はまなす」の編成写真は撮れなくなるので、それよりはこの所定編成のほうがいいです(笑)
個人的には、客車6~7両なら、見栄えのする最低限の長さと感じますし。
(さすがに、客車5両以下だと厳しく感じます)

「はまなす」の撮影も乗車も、この時が初めてだったので、ヘッドマークがレアなものとは気付かなかったのですが、画像検索してみますと、確かにこの色は少ないようですね。
ご指摘がなければ、ずっと気付かなかったと思います。ありがとうございました。

No title

>>レイルファンにっしーさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
「はまなす」は、残り少ない客車列車としても貴重ですが、いつの間にか、JR唯一の定期急行列車となってしまいました……。

夜の夜行列車は、編成写真以外であっても、実に絵になると思います。
個人的には、ED75改造のED79牽引で、寝台車2両の後に14系座席車が連なる編成ということで、急行「八甲田」「津軽」などのイメージも感じていたのですが、ヘッドマークがあることを考えれば、ED75牽引「ゆうづる」の雰囲気に近いとも言えそうですね。

新幹線函館延伸で、本州~北海道間客レが重大な転機を迎えるというのは、多くの方の予想するところですね。
個人的には、それまで「はまなす」は持つのでは、と予想していますが、廃止確定後、人の押し寄せる前に、なるべく早めに撮影しておいたほうがよさそうに思えます。
当方は、徒歩・列車移動専業なので、駅間での撮影は諦めます……(笑)
(その分?、「あけぼの」撮影に注力してる感もあります)

夜にも強い

えっ、これ手持ち撮影ですか、スゴイですね。
ほんとにキレイですね。(車輌のアラも見えますが)
次記事も拝見しましたが
確かにこっちの夜の方が車体の痛みは目立ちませんね。
列車その物や客車は「最後の」とか「唯一の」と言った冠が
いっぱい付きますが、機関車の方も年期入ってますよね。
いっぺん乗っときたい列車です。

まだまだ修行不足です(汗)

>>南東風さん
コメントありがとうございます。

当方は、一眼に使えるような三脚は持ってないので、全て手持ち撮影です(笑)
2008年発売の一眼使用のため、感度を上げるとノイズが目立つので、入線時以外はISO400前後で撮っていますが、落ち着いた環境で座って撮る場合、シャッタースピード1/3~1/4秒で、ブレずに撮れる成功率3割程度です。
(この成功率なので、とくに編成写真は多めに撮って、成功したものを選んで載せてます)
客車の撮影は手早く済ませる必要があったので、シャッタースピードはその倍以上で撮り、パソコン取り込み後に明るく補整しましたが、それでもブレてる写真が多いのが困りものです(笑)

牽引機のED79 0番代は1986~87年改造、その種車のED75 765以降は1975~76年新製とのことで、国鉄形としては比較的新しい部類と思っていましたが、車齢37年以上の今となっては確かに、年期が入っていると言えるようになってしまいました。
昭和50年代以降製造の車両は、当方の感覚では「わりと新しい」部類だったのですが……時代は変わったようです(笑)

はまなすは、かつての夜行急行並に車種豊富な編成が魅力ですし、5・6号車のドリームカーも味わいがあり(後日掲載予定です)、さらに、安価な「北海道&東日本パス」での乗車も可能なのでおすすめです。

さらにビックリ

なんと限りなく1秒に近いSSですか・・・たまげたぁ。
てっきり15分の1くらいかと思ってマシタ。
(小生は15分の1でもブレブレですが)
「座って撮る」とありますが、地べたに座り込んで
片膝を三脚代わりにするみたいな撮り方なんでしょうか。

ED79←ED75は交流区間のEF65見たいな印象があって
あんまり好きな型式ではありませんが、
最近は金太郎に席巻され懐かしくなってます。
いやはや勝手なもんです・・・

No title

夜間撮影時、以前のネオ一眼では、1/3~1/4秒での撮影はまず成功しなかったので、本体・レンズ双方の手ぶれ補整のおかげと思います(笑)
ただ、成功率3割ほどなので、何枚も撮ったにもかかわらず全滅という、苦い経験も一度ありました。
この「はまなす」撮影時のように、停車時間が長い時ならともかく、撮影可能時間が短めの場合は、もう少し成功率の高いシャッタースピードで撮影して、取り込み後に明るく補整したほうがよさそうに思えます。

「座って撮る」は、いかにも、地べたに座り込んで撮ることが多いです。
(どちらかと言えば、視点を下げたいという意図のほうが大きいですが)
片膝を三脚代わりにするか、もしくは両脇を締めて、顔にカメラを押し付けてブレを最小限にする感じです。

ED79・ED75は、当方的にもEF65同様、ありふれた形式ということもあって、特別好きというほどではなかったのですが、少数派になってくると、やはり多少意識が変化してきますね。
(EF64、EF65等ですと、数が減ってきても、原色以外はとくに撮りたいと思えないですが(笑))
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI