2008年1月14~18日 九州その他見聞記 (3)特急「あかつき」

今回は、先月の九州その他見聞記の続きをご紹介いたします。


●関連記事
2008年1月14~18日 九州その他見聞記 (1)急行「銀河」 開放A寝台車
2008年1月14~18日 九州その他見聞記 (2)三岐鉄道
 
■1月15日(火)(つづき)
三岐鉄道三岐線と北勢線を堪能した後、新幹線で京都に出て、夕食を済ませてから
ホームに向かうと、次に乗車する列車はすでにホームに入線していました。

特急「あかつき」 オハ14 301 新大阪
京都-長崎間を結ぶ寝台特急「あかつき」です。
当ブログでも何度か触れていますが、この列車は、鳥栖まで併結して運転される寝台特急「なは」(京都-熊本)ともども、3月15日のダイヤ改正で廃止となります。
当方は寝台列車に、わりとよく乗っているほうだと思いますが、さすがに関東在住ですと関西が起点の列車を利用する機会はあまり無く、この「あかつき」には二度目の乗車でした。
…まずは、この日の「なは」「あかつき」の編成を。

■2008年1月15日 特急「なは・あかつき」
  31列車(鳥栖-長崎間33列車) 京都→熊本・長崎

 EF66 51 東京→下関
       下関→門司 未確認
 ED76 70 門司→鳥栖
 ED76 90 鳥栖→長崎
 カニ24 15 (電源車)
1 オハネフ25 109 (B寝台)
2 オハネ25 136 (B寝台)
3 スハネ25 2124 (B寝台1人個室「ソロ」)
4 オハネフ25 2106 (B寝台2人個室「デュエット」)
5 スハネフ15 3 (B寝台)
6 オロネ14 302 (A寝台1人個室「シングルデラックス」)
7 オハネ14 303 (B寝台1人個室「シングルツイン」/B寝台2人個室「ツイン」)
8 オハネ15 352 (B寝台1人個室「ソロ」)
9 スハネフ15 7 (B寝台)
10 オハ14 301 (普通車指定席「レガートシート」)
 (電源車・1~4号車「なは」 5~10号車「あかつき」)


「なは・あかつき」は、京都駅7番線に19:50に入線後、20:02に発車しますが、新大阪と大阪でしばらく停車しますので、そこで買い物や撮影することも可能です。
(新大阪20:28/20:35(18番線) 大阪20:41/20:47(3番線))
また、京都と大阪では、「なは・あかつき」の停車ホームの反対側から撮影できますので、客車の撮影をしてみましたが、このときは三脚を使用しませんでしたので(人も多いですし…)あまりまともには撮れませんでした。
以下に、一部の車両の写真を掲載しますが、いずれもかなり補整を行った上で、サイズを小さめにして誤魔化しています(笑)


特急「なは・あかつき」 EF66 51+カニ24 15+オハネフ25 109  京都
京都では線路を2本挟んだ状態で撮影できましたが、かなり暗いので三脚なしでは厳しいです。
なお、この側からは列車の先頭を撮影することはできなかったと思います。


特急「なは」 スハネ25 2124  大阪
「なは」3号車、B寝台1人個室「ソロ」のスハネ25 2124です。
車内には中央に通路を設け、その両側に1人個室がレール方向に上下2段に、計28室設置されています。

しかし……この車両を見て、思わず吹き出すと同時に、なんとかならないものか…と思ってしまいました…。
外板を補修したパテが剥げ落ち、その箇所は補修せず、部分的に塗装を行って済ます…ということを繰り返しているうちに、このような姿になってしまったものと推察されます。
今までにも特急「はくつる」「あけぼの」などで状態の悪い車両は見てきましたが、ここまで見た目の酷い車両は初めて見ました(汗)
この車両の場合、2階建てのような外観で、本来は華やかな車両のはずなので、なおさら哀れな姿に映ってしまいますが、おそらくこのような姿のまま「なは」の最後の頃まで使用されるものと思われます…。
(ちなみに車内の方は、少し見た感じでは至って普通で、むしろ結構良さそう…とすら感じられました)

なお、大阪では線路を1本挟んだ状態での撮影になりましたが、京都よりはかなり明るいので、だいぶマシに撮れました。
(それでも三脚は欲しいですが、人がかなり多い状況ですし、停車時間も限られますので、使用は難しいです)


特急「あかつき」 オロネ14 302  大阪
「あかつき」の6号車、A寝台1人個室「シングルデラックス」のオロネ14 302で、「なは・あかつき」編成における最優等車です。
車内には、通路を車両の片側に設け、1人個室が枕木方向に10室設置されています(写真は通路側です)。
また、この車両にはA寝台利用客専用のシャワー室が設けられています。


特急「あかつき」 オハネ14 303  大阪
「あかつき」の7号車で、B寝台1人個室「シングルツイン」とB寝台2人個室「ツイン」を備える、オハネ14 303です。
この車両の車内は、写真の手前側では中央通路として、その両側に1人個室が枕木方向に6室設置され、車両の真ん中あたりで通路は折れ曲がって片側に寄せられ、その先には2人用個室が枕木方向に7室設けられています(写真は通路側です)。
この車両のB寝台個室は、他車よりも空間が広いため高額の設定で、先のオロネ14 302に次ぐ優等車両ということになります。
今回、当方はこの車両の「シングルツイン」を利用しましたので、この車両の車内については、下の方でまた触れさせていただきます。


特急「あかつき」 オハネ15 352  大阪
「あかつき」の8号車、B寝台1人個室「ソロ」のオハネ15 352で、2005年10月改正で廃止となった特急「彗星」で使用されていた車両です。
この車両は「なは」の3号車 スハネ25 2124と外観は異なりますが、車内は似た構造で、中央に通路を設け、その両側に1人個室がレール方向に上下2段に、計28室設置されている点は同様です。


続きまして、「あかつき」7号車 オハネ14 303の車内の写真を掲載します。
まずは、個室外の通路から空室を撮影しました、B寝台2人個室「ツイン」です。
(この写真はクリックしても拡大されません)

個室内には、上下2段に寝台が備えられ、上段側にも窓があるのがこの個室の珍しい点です(この写真ではわかりづらいですが、上段窓のカーテンがわずかに写っています)。
下段の寝台は、後述の「シングルツイン」と同じように座席へ転換できますが、転換後の窓側席は、窓に背を向ける形になってしまい、風景を眺めるのに極めて不都合と思われ、個人的にはあまり利用したいとは思えない配置です。
(この車両と同様の設備の車両は、大阪-札幌間の寝台特急「トワイライトエクスプレス」にも連結されていますが、そちらは観光旅行目的の列車ですから、なおさら問題があるような気もします)


続いて、今回利用のB寝台1人個室「シングルツイン」です。
※以下の車内の写真には、翌日に撮影のものも含まれています。
 
左写真は寝台状態、右写真は座席状態です。
前述の通り、「シングルツイン」側は車内中央を通路として、その両側に個室が枕木方向に6室設置されています。
要は、開放式A寝台車(「銀河」のページ参照)の上下段寝台の1区画をまとめて個室にしたような配置です。
つまり、この個室1つで、開放A寝台車の約2倍の空間を占有できることになります。
にもかかわらず、寝台料金は、開放A寝台下段10500円、上段9540円に対して、「シングルツイン」9170円…(笑)
…開放A寝台の料金が、かなり前から据え置かれたままとはいえ、なかなか解せない価格設定ではあります。
ただ、開放A寝台の下段ならば、寝台幅と側窓の大きさの2点で「シングルツイン」に勝りますので、専用空間の広さなどは度外視して、寝心地や見晴らしの良さを考えれば、納得ができないほどではない……のかもしれません(笑)
(実態としては、今の開放A寝台は少数派ですし、寝台列車という存在自体の末路も見えてしまっていますから、今更あえて値下げするほどではない、ということだと思いますが)

なお、乗車時には寝台状態となっていましたが、まだ寝るには早いので座席に転換してみました。
以前「あかつき」に乗車した際も、この「シングルツイン」を利用し(というより、この個室に乗りたいがために「あかつき」に乗車w)、その時にも転換作業を行ったのですが、この転換作業には少々コツがありまして(文章では説明できませんが)、少々難儀しながら転換を行いました。
この下段寝台は、開放A寝台の下段と同じような構造で、背ずりになる部分を持ち上げて壁側に移動させるのですが……やってみるとなかなか素直に移動してくれません(笑)
 
…それでもとにかく転換が終わり、幅の異なる、大小2つの座席になりました。
(左写真は大、右写真は小です)。
とくに、大きい方はかなりゆったりとした、座り心地のいい座席になり、昼間時の居住性は数ある寝台車の中でもかなり高く、B寝台としては確実に一番、大半のA寝台個室と比べても劣らないと思います。
ちなみに、右写真は進行方向を向いている、幅の狭い側のみ座席状態としていますが、これだと背ずり付で、なおかつ足も伸ばしやすくなります(笑)

それと、寝台車として最も重要な就寝時の寝心地ですが、寝台幅が他のB個室や開放B寝台よりもやや狭く、もう少し幅があれば…という感じもしますが、クッションは柔らかめですし、個室なので空調の調整もできますので、総合的な寝心地はB寝台としては上位だと思います。
(この日乗車した車両に関しては、車輪にフラットがついていて、その音が若干気になりましたが(笑))


これは、窓上にある照明器具で、上に掲載の写真でも写ってはいるのですが、当方のカメラは明るい部分が色飛びしやすく(低価格のデジカメは大体同じかもしれませんが)、普通に撮っても実際の光り方が出ませんでしたので、何度も設定を変えて照明器具だけを撮り直して、ようやく実際に近い雰囲気が得られました。…周囲は真っ暗になってしまいましたが(笑)
しかし、この照明器具に限ったことではありませんが、この個室の設備は、B寝台にしてはかなり凝った作りに感じられます。


この「シングルツイン」は基本的に1人用個室ですが、上段寝台(補助ベッド)も設けられています。

1人での利用時の寝台料金9170円に、5250円を足せば2人個室としても利用できます。
このことから、「シングルツイン」という、少し違和感のある?名前になっているようです。
ちなみに、1人で利用する際にも、この補助ベッドを使用することは可能ですが、上段には窓が無くて面白くないですので(笑)、当方が利用したときには荷物置き場にしていました(荷物置き場は他にも用意されていますが、こちらのほうが出し入れがしやすいです)。
なお、補助ベッドは少しだけ上に持ち上げることが可能なようですが、そのやり方はわからずじまいでした。


余談ですが、固定編成客車(平たく言えば「ブルートレイン」ですが、あまりこの呼称は使いたくなかったりします)の始祖たる20系寝台車のA寝台は、現在の急行「銀河」とほぼ同様の設備の、開放A寝台車が主体となっていましたが、少数の個室寝台も存在し、そのうち1人用個室「ルーメット」は、この「シングルツイン」と同様の配置(中央通路式で、その両側に個室を枕木方向に設置)となっていました。
細かく言えば、座席から寝台への転換構造が異なり、個室内の洗面台・補助ベッドの有無など、色々と違いはありますが、少なくとも現存寝台車では「ルーメット」に最も近い設備ですので、この「シングルツイン」には、かなり前から乗車してみたいと思っていました。
(乗車してみたかった理由を付け加えますと、「シングルツイン」を備えるオハネ14 300番代は、車内の配置も20系の最優等寝台車、ナロネ20形に近いものとなっていることもありました。前者は1人個室×6、2人個室×7で、後者は1人個室×10、2人個室×4と、個室数は異なるものの、通路が途中で折れ曲がっていることなど、両者の室内配置を見比べると共通点が多く、興味深いです)
当方の寝台車の楽しみ方としては、乗車した車両そのものを味わうというだけではなく、似た構造の、かつて使用されていた形式に思いを馳せるという楽しみ方もありますので…。

「シングルツイン」には、「サンライズ瀬戸」のものなら2004年1月に乗車できましたが、客車のものと比べるとかなり簡略化された設備となっていましたし(寝台から座席の転換が、単に背ずりと寝台中間部を付けたり外したりするだけ…など)、なによりも1998年登場の新型電車ですから、さすがに「ルーメット」の雰囲気は感じられませんでした(笑)
客車の「シングルツイン」に乗れたのは2007年1月に「あかつき」に乗車したときで、つい1年前のことでした。
このときはさすがに新型電車とは違って、「ルーメット」の雰囲気を想像することも十分できましたが、その時の乗車区間は岡山→長崎でしたから、それだけは無念さが残りました。
今回、ようやく念願叶って全区間への乗車ができて、改めて感じましたが、やはり寝台列車はできるかぎり始発駅から乗車して、旅立ち前の雰囲気から終着まで、存分に堪能しておきたいように思います。


…駄文が長くなりましたが、とにかく、「シングルツイン」は価格の割に居住性が高く、個室の配置の関係で車窓を楽しむことにも好都合で、しかも往年の「ルーメット」に思いを馳せることまでできるという点で、非常にお気に入りの寝台です。
そのこともあり、この車両を連結していた「あかつき」が廃止となってしまうのは、なおさら残念です…。



※以下は2008-02-11 01:29:05掲載

■1月16日(水)
「なは・あかつき」は04:22に下関に到着、機関車を関門トンネル用のEF81に付け替えてから04:29に発車します。
そして、関門トンネルを抜けて九州に上陸し、04:36に門司へ到着。
ここでまた機関車をED76に付け替え、04:42に発車します。

…などと、九州方面の寝台列車のお約束を書いてみたものの、当方はこの時間には完全に眠りについていたのですが(笑)

それから約1時間後にようやく起床し、それから間もなく、06:17に鳥栖に到着します。
辺りはまだ真っ暗ですが、列車から外に出てみることにしましたが、同好の方々が結構大勢、同じ行動をとられているようでした。…早朝からご苦労さまです(笑)
(もっとも、下関と門司でも活動していた気合の入った方も大勢いたのだろうと思われますがw)

この駅で「なは」と「あかつき」は分割され、編成前側の「なは」は6:23に出発していきます。
そのまま留め置かれた「あかつき」には新たにED76が連結され、6:34に発車となります。


単独列車となった「あかつき」は、終点の長崎を目指して西進していきます。
ところで、長崎県における、この時期の日の出は07:20過ぎのようで、関東(日の出は06:50頃)と比べると「なかなか明るくなってこないな~」と感じられ、このような事からも、九州の地にやってきたということが実感できました。

07:50頃になると、いちおう写真も撮れるくらいの明るさになってきましたので、適当に風景を撮ってみました。

しかし…天気はあまりよろしくないようで…。



08:13に最後の停車駅、諫早を発車しますが、その後に対向列車との行き違いなどのために運転停車が2度行われます。
車内の撮影を走行中に行うことは難しいので(車両の揺れのせいでブレる確率が上がります)、この停車時間を使って個室内の撮影をしていましたが、その撮影時刻を見ると、0823~0827頃(市布?)と、0833~0838頃(現川?)には停車していたようです。
(多少誤差はあると思います)


そして、08:55。
終点の長崎に到着しました。

オハ14 301

この車両は、寝台特急には珍しい座席車で、寝台料金不要で乗車できます。
車内には夜行バスと同じように1人掛け座席が3列に並び、座席前後の間隔・座席幅ともにバスよりも広いので、かなり快適そうです。
一度くらい乗ってみたかったものですが、乗れないまま終わりそうです…。


「あかつき」の編成は09:07に回送されますが、それまでの間、最後部から順に写真を撮っていました。
しかし、先頭の機関車まで辿り着いたところでメモリーカードが一杯に。
あと数分で回送されますので、あわててカードの換装作業に入ります。
…が。そのとき後ろから…
「写真、撮っていただけませんか?」
と、「あかつき」に乗車してきた一般人(非鉄の意味ですw)とおぼしき、2人連れの方から、声を掛けられました。

…当方はこの後の数分間で、
『さっさと機関車を撮って、ホーム端に移動して回送される「あかつき」を撮影♪』
というちみつな計画(…)を考えていましたので、正直な所、
『なんたることか……よりにもよって、このようなときに…』
などと思ってしまいました(笑)
しかし、これを断っては、鉄道好きに対する評価が益々低下してしまうことは必然ですので、断れるはずもありません(笑)

…「あかつき」をバックにしたお二人の記念写真を撮って、しっかり撮れてるか確認してもらってから、再びカード換装作業に入りました。

ようやく装填が完了し、急いで「あかつき」の先頭のED76を撮ろうとすると…
すでに、ED76は遠ざかり始めていました…。

「お待ちくだされぇぇぇぇ~~~orz(T T)」

…などと、心の中で泣きながら?ズームして撮ったのがこの写真です(笑)
いちおうは撮れたのでよかったですが、やはり、停止時に撮ったものと比べると写りが悪いです。


……まぁ、「写真を撮ってほしい」と声を掛けられた時点で、どうせ、このような展開になるだろうという予想はしていたのですが、案の定その通りになったわけですw
ただ、このようになった最大の原因は、メモリーカードが一杯になったことですから、結局はメモリーの残量をあまり気にしていなかったことが失敗だったのですが(愚)

そんなわけで、ホーム端で、回送される「あかつき」編成を撮る……ということも果たせずに終わり、その後、いちおうホーム端に行ってみましたが、すぐにED76は客車から離れていきました。




続いて、09:10頃に、客車が入換機に推進されて、車両基地に入っていきます。
…ここでは客車を1両ずつ撮ってみました。
(このページに掲載の写真は全て、ISO感度を高い状態のまま撮ってしまいましたので、写りはよくないですが)


スハネフ15 3
下に、反対側面の非常口跡付近の写真も掲載しておきます。
(この部分は、特定番号編成を模型化する際に重要なポイントとなりますので、形式番号と共に、なるべく撮っておくようにしています(笑))



オロネ14 302


オハネ14 303
車両の真ん中あたりから窓配置が変わる、合造車的な形態となっているため、外観からも、2種類の寝台を備える形式ということがわかります。
この車両の反対側の形式写真は撮れませんでしたので、前日夜に撮影の部分写真を掲載しておきます。
…個人的には、2階建て車両や、それに似た外観の車両はあまり好みではありませんので、この車両の場合も、上写真の側面の方が断然好みです。



オハネ15 352


スハネフ15 7


オハ14 301
…個人的には、この車両が他車と同じ車体色なら良かったのに…などと、つい考えてしまいます(笑)
とはいえ、「あかつき」の編成は6両と短いながらも、車種・車内設備の種類は非常に豊富で、できることなら、その豊富な設備の全てを体験してみたかったものです。
…現実には、廃止までにもう一度乗れそう?…といった程度ですが。

また、細かい事ですが、「あかつき」は昔ながらの編成順序(基本的に優等車を下り方から順に連結)を守っていることにも好感が持てます。


DE10 1756(入換機)


ED76 90
「あかつき」を牽引してきたこの機関車も、パンタを降ろし、しばしの休息をとっていました。
ED76という形式にはあまり馴染みがなく、じっくりと見る機会もあまりありませんでしたが、こうしてみるとなかなかいいスタイルに映ります。
今まで、九州方面行きの寝台特急の走行写真はあまり撮りたいとは思わなかったのですが、このED76を眺めていると、ED76牽引の寝台特急なら撮ってみたいという気がしてきました。

ただ、遠い+予算が大変+九州特急全滅目前と、条件がかなり厳しいので実現できるかはわかりませんが、ED76の良さを知ったことと、「あかつき」回送のホーム端撮影ができなかったことで、
『また長崎に来て、今度こそ撮りたい』
という思いが芽生え、さらに、
『どうせ長崎に来るなら、まともな編成写真も撮りたい』
というように、欲望が膨らんできているのが気になるところです(笑)


…というわけで、中身のない記事でしたが、これでもなぜか、作成するのに数時間かかってしまいました(愚)
そんなわけで、また次回に続きます。
→続く予定でしたが、掲載できてません((汗))
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI