2014年1月 「あけぼの」東北撮影記(4) 1月4日(土) 寝台特急「あけぼの」 2021レ(EF81 137) 陣場~津軽湯の沢 他

「あけぼの」撮影記(1) (2) (3)に続き、1/4の下り「あけぼの」を掲載します。(今回もその他写真を多数含みますw)
2014.01.04 0847_00(1) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系s0.4 2014.01.04 0909_36(1)
●一部の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

2014.01.04 0526_38(1) 秋田
2014.01.04 05:26 秋田
この日がこの「あけぼの」撮影行の最終日となりますが、例によって、秋田05:33発の始発下りに乗車。

2014.01.04 0724_48(1)
07:24 大館~白沢
積雪の状態によっては、富根あたりで撮ることも考えられたのですが、やはりほとんど?積雪はなさそうだったので、更に北上。

2014.01.04 0730_14(1)
07:30
2014.01.04 0730_42(1)
雪景色が実にきれいです♪

2014.01.04 0732_46(2)
07:32

2014.01.04 0732_54(1)
07:32
陣場の有名撮影場所には、既に撮影者の方々が(笑)
(基本的に、視点高めや列車遠めでしか撮れない場所には行かないので、そちらで撮ったことはないですw)

2014.01.04 0735_22(1) 陣場
2014.01.04 07:35 陣場
その有名な場所には行かないですが、下車駅はそれと同じ陣場でしたw
2014.01.04 0735_30(1) 陣場



そして、雪の進軍w
(撮影場所までの写真は、実際には帰途に撮影したものです)
2014.01.04 0916_04(1)
「ここでも冬季使用停止の踏切でおぢゃるかww(汗)」
ただ、やはり車両通行止めというだけでした。
(つくづく、前日の無知による誤認が悔まれます……w)
2014.01.04 0915_40(1)
歩行者の通った跡がw

踏切を渡って、線路沿いの道をさらに先へ。
2014.01.04 0914_00(1)
道でも膝下くらいの積雪はあるものの、足跡が残されてたので、極端に歩きにくいというほどではなかったですが、やはりふつーの靴では、上側から雪が侵入します(笑)
撮影行最終日なので、多少濡れたりしてもかまわないと考えてましたがw

2014.01.04 0910_14(1)
↓上写真の反対側の光景です。
2014.01.04 0909_36(1)
雪深い景色と青い空とが、目にも鮮やかで美しいです♪
当方は、滅多に積雪のない地域に住んでいるので、これほどの雪景色の中を歩くのは初めてでして、目新しくも感じられました(笑)


しかし、このまま線路に出る道がなかったら、「何処が川やら道さえ知れず」なので、線路際に出ようとして「背も届かぬクリークに 三日も漬かっていたとやら」となりかねず(笑)、最悪、駅に戻って撮ることも考えましたが。
2014.01.04 0856_48(1)
しばらく歩くと、線路に出られる道が♪

2014.01.04 0855_46(1)
線路に出れました。

「さて。ここから、左手前の架線柱脇まで移動するかのう」

「雪は深そうぢゃが、数十尺程度ぢゃから問題なかろう。
よっこらせっ……とな……」


ずぼっ。
Σヽ(゚Д゚||)ノ 「をほっ!!?」

ヽ(´Д`;)ノ 「…………」

ヽ( ゚д゚ )ノ 「 麻 呂 は 雪 に う も れ た で お ぢ ゃ る 」

 (´∀`||;) 「お……思っていたより深かったでおぢゃるwww
        股下まで『ずぼっ』といくとはのうw」 


……そんな感じで、数回雪に埋もれましたw

2014.01.04 0806_44(1) 陣場~津軽湯の沢
2014.01.04 08:06 陣場~津軽湯の沢
ともあれ、なんとか?架線柱脇に到着。
「ぢつによい景色でおぢゃるな♪」
背景に山が見えるのもいいですが、木々にまで積雪のある雪景色がとくに好きなので、一度くらいそんな中で撮ってみたいと思って、ここで撮ることにしたのでした。
(なお、結果的にはこの頃がべすとこんでぃしょんでしたw)

その後、雪が降り始め……
2014.01.04 0821_48(1) 陣場~津軽湯の沢
2014.01.04 08:21 陣場~津軽湯の沢
上り列車が通過~。
2014.01.04 0821_54(1) 陣場~津軽湯の沢
「雪のシャワーを浴びたでおぢゃるww」
何の支障もない程度でしたがw

2014.01.04 0825_24(1) 陣場~津軽湯の沢
08:25
この頃にはかなり盛大に雪が降り、背景の山がほとんど見えなくなりましたw

2014.01.04 0843_02(1) 陣場~津軽湯の沢
08:43
幸い、「あけぼの」の来る数分前に雪はほぼやみ、日差しが出てきました。
もっとも、冬場のこの時間は列車に日が当らないようなので、ここで日差しが出るのは多少困りものでしたが(笑)
前日に続き晴れるとは、また予報が外れましたし、予想外でもありましたw
夏の東北の天気なら変わりやすいと思っていましたが……冬でも同じとはw
なお、冬場のこの場所だと、日差しが側面にすら当らないことは知りませんでしたw (またもや無知の弊害がww)



そして、「あけぼの」が接近。
2014.01.04 0846_58(1) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系1s
2014.01.04 08:46 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系
これは露出のみ補整したものですが、晴れたのでやはり、列車と背景との明暗差がひどいですw
そうなることはわかっていたので、補整前提として背景が白飛びしないよう、暗めに撮りましたが(笑)

というわけで、以下は補整した写真です。
2014.01.04 0846_58(1) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系_01s0.8 2014.01.04 0846_58(1) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系_01s0.8
(左……赤み強め  右……実際の光景に近め?)
これらは一つ前と同じ写真ですが、だいぶ見れるようになった気もします。
もう少し明るくすることも可能ですが、実際の光景より明暗差を少なくしているため不自然さが強くなりそうなので、どの程度まで補整するかかなり悩みましたw
(ディスプレイがあまりいいものではないので、なおさらでしたw)


2014.01.04 0846_58(2) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系_04s0.8
「雪煙どころか、雪を跳ね飛ばしておるとはww
しかし……その姿は迫力こそあれど、編成がほとんど見えぬでおぢゃるwww」


雪深い場所なので、前々日の白沢付近くらいの雪煙は想像してたのですが……ここまで盛大な除雪写真(笑)になってしまうとは思いませんでしたw
EF81の姿が遠望できた時点で編成はほとんど見えなくなってたので、正直、多少残念に思いつつ撮影してましたw

2014.01.04 0847_00(1) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系s0.4
また、ついでに言うと、EF81に着雪がほしかったところですw

2014.01.04 0847_00(2) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系s0.4

2014.01.04 0847_00(3) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系s

2014.01.04 0847_02(2) 陣場~津軽湯の沢 「あけぼの」 2021レ EF81 137+24系s0.3
EF81のスノープロウが役立ってる光景は初めて見ました(笑)

2014.01.04 0847_10(1) 陣場~津軽湯の沢
編成後方は、例によって雪煙に包まれてましたw


これにて、この撮影行の目的が終了となりましたが、結果的には3日中2日も晴れたにもかかわらず、それを生かすどころか仇になったという有様でした(笑)
「まったく……つくづくもったいないでおぢゃるなwww」
また、ある程度想像はしていたものの、「樹木にまで積雪のある光景」と「列車の姿があまり雪煙等に隠れない」ことの両立は難しいようで、冬の東北で、好みの写真を撮るのはかなり難しいということも実感しました。
列車が来る前に降雪がなければ、雪煙は少なめになるのかもしれませんが(笑)
もしまた機会があるなら、「樹木にまで積雪のある光景」は考えず、晴れれば日差しの当たる場所で撮るかもしれませんが、恐らく、東北での定期「あけぼの」撮影は、今回で最後になりそうな気もします。

なお、帰途の行程についてもこの記事に載せる予定でしたが、長くなったので別記事で掲載します。
というわけで、中身はひじょおに薄いと思いますが(笑)、いちおうもう1回続きます
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

毎週凄いわ

いやはや、よくもこんな所までと感心します。
”極端に歩きにくいというほどではなかったです”
昔、ガ島視察に行った辻「高級」参謀も
現地について似たような報告を上げたのを
何かの本で読んだことがありますが、
(よくまあ参謀なんかやってたもんだと呆れます)
今回は写真があるんで、そんなことはないだろう
と思わせてくれます。素晴らしい写真は
小生にとっては死の行軍のような苦労の結果なんですねぇ。
機関車のスノープラウが電車のそれより大きいんですか、
それとも短時間に積雪したということですか。

意外と温暖?だったもので……(笑)

コメントありがとうございます。
この日の気温は現地の温度計で-2℃と、埼玉と大差ない気温でしたが、秋田・青森では翌日か翌々日あたりから急激に気温が低下し、最低-10℃以下になった場所もあったそうですから、運がよかったのかもしれません。さすがにそんな気温だったら、このような雪深い場所にはとても行けなかったと思いますし(笑)
「極端に歩きにくい」場所は、線路脇の数メートルで経験しましたが、さすがに積雪が股下までとなると、それ以上歩く気にはなれなかったです。それと比べれば道のほうは全然ましでしたし、非常に景色がいいのでむしろ楽しかったです(笑)

辻参謀……陸軍さんのほうはあまり知識ないですが、ネット上で色々話を見るだけでも、謎な人だと思います。戦時中にあれだけやらかしていながら、戦後に国会議員になって、最後は謎の死ですし(汗)

写真は……撮影場所到着時点の状態で撮れていれば、ほぼ文句なしだったのですが(笑)
降雪時は、数分で傘がずっしり重くなってたので、数十分で数センチの積雪があったと思います。スノープロウの大きさは大差なさそうに見えるので、この積雪で、あの除雪写真になったのだろうと思っています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI