2014年3月8日(土) 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系 久喜~新白岡

今回も写真5枚の軽め記事です。
2014.03.08 1158_06(2) 久喜~新白岡 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系s
●写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

3/7・8に「みちのくSLギャラクシー」が運転されましたが。
牽引機は釜石→花巻C58 239、花巻→郡山ED75 757、郡山→尾久EF510-515、尾久→上野D51 498ということで、人出が多いのは苦手なのでD51牽引区間はパス、地元は面白味に欠ける牽引機ということで、結局近場で済ませることにしました。
(栗橋~東鷲宮あたりなら光線はよさそうに思えましたが、EF510+キハ141のためにそこまで出向く気にはなれずw)

そんなわけで、近場へ。
2014.03.08 1158_02(1) 久喜~新白岡 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系s
2014.03.08 11:58 久喜~新白岡 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系(露出のみ補整)
日差しはほとんど正面にしか当たってないので、側面や下回りは真っ黒ですw
写真右側には、この列車を見に来たと思われる家族連れの方が写っていますが、蒸機牽引ではなく電機牽引と知っていたのか少々気になるところです。(列車名のせいか、全区間蒸機牽引と思ってた方もおられるそうなので)


以下はシャドー等の補整もしたものです。
2014.03.08 1158_04(1) 久喜~新白岡 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系s
……焼け石に水の感ありですw

2014.03.08 1158_06(2) 久喜~新白岡 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系s
機関車次位のキハは、窓が埋められてるので、荷物合造車みたいな形態になっています。(とくにオハユ61みたいなw)
ところで、側面にあまり日が当らなければ、キハ141系側面のごてごてした絵やマンダーラ色(グラデーション)も潰せるかと思ったのですが、思ったよりは潰れませんでしたw
青1色の編成に見せたい場合は、側面を反射させて撮るのが正解のようです(笑)

2014.03.08 1158_08(1) 久喜~新白岡 「みちのくSLギャラクシー」 EF510-515+キハ141系s

2014.03.08 1158_12(1) 久喜~新白岡s
「完全に気動車のかたちでおぢゃるなww」
JR東は、高崎あたりの一部を除いて、一般客の視点しか意識してないように思えるので、この編成の前面を客車らしい形態に変えることはしないだろうと思っていましたが、案の定、元のままでした(笑)
この形態では、後追いで撮っても、客車列車のような風情は全く感じられないですw

この撮影は、「SL銀河」用客車(実際には気動車)を見るというのが目的でしたが、個人的にはあまり魅力は感じられず、側面を反射させて撮るならあり、というくらいに思えました(笑)
(牽引機のC58 239は、シールドビーム2灯・スノープロウ付の東北スタイルで魅力を感じるのですが)
あと、「SL銀河」という名前なら、その名にふさわしく、C59かC62牽引で、マイネ40(マロネ40)、スロネ30、スロ54、スハ43等による在来形客車編成にしてほしかった……なんて、たわけたことを思ったりもw
(東海道線全線電化(1956年)前の急行「銀河」はこんな感じの編成なのでw マイネ40なら横川に保存車ありますしw)
もちろん、「SL銀河」のモチーフが「銀河鉄道の夜」のほうというのは存じてますが、それにしてはあまりにも近代的すぎる気がしますw(とくに外観w)

しかし……昨今は、蒸機牽引気動車編成やら、戦災復旧一等寝台車(某70番代形式の豪華寝台車)やら、変わった列車が登場しますね……(笑)
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

自走客車

最終日はまた秋田に遠征されたのですか、
いやはや行動力が羨ましいです。
この陸奥銀河号の自走客車ですが
客車→気動車→自走客車と数奇な変遷を
遂げていますな。それにしても、
この牽引用に整備されたC58が
素晴らしい出来映えで感心しています。
自走客車とは対照的に、派手な装飾は一切無く
パレオのC58と取り替えて貰いたいと思いますよ。
秩父鉄道の貨物が運休中なんですが
理由をご存じでしょうか・・・

自走客車……ナローのガソリンカーを連想します(笑)

コメントありがとうございます。
秋田遠征ですが、3/22に白新線のC57+在来形客車撮影を18きっぷ利用で行く予定でして、その場合切符が2~3日分余る→たまたま3/13~15は予定あけられる→あけぼの最後の2日間を記録できる、ということで、全く行く予定がなかったにもかかわらず、出発2日前に突発で遠征が決定したのでした(笑)

蒸機牽引列車に適した、窓の開けられる客車が残り少なくなっていますが、その状況からすれば、あの自走客車はほぼ最善の選択だろうとは思います。あの塗色や、気動車そのままの妻面形態はいただけないですが。
C58については予想外に好ましく、当方も感心しましたし、C58はこれほど魅力的だったのかと思わされました。
秩父のC58も、形式なしナンバープレートと、一般的な煙室扉ハンドル、それに時々でもスノープロウを付けてくれればいいのですが(笑) (スノープロウはATS車上子の関係で無理なようですが)

秩父鉄道貨物運休の理由をツイッターのほうで検索してみたら、個人の書き込みで『4月中旬頃までセメント工場定期検査のためウヤ』とありました。(情報源はないですが)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI