惜別 急行「銀河」 (2)東京駅などで撮影の「銀河」/最末期の「銀河」

今回も前回に引き続き、東京駅などで撮影の「銀河」を掲載します。

「銀河」には廃止までの間に何度も乗車してきましたので、東京と大阪で停車中の写真は何度も撮る機会がありましたが、考えてみると走行写真の撮影は一度もありませんでした。
下り列車の場合、EF65+カニ24+オロネ24…と続く編成は、国鉄時代の寝台列車の面影を色濃く残したものですので、昨年11月に新聞で廃止の話が掲載された頃になって、今更ながら「撮っておきたい」などと考えるようになりました(遅…)
最も理想的なのは、大阪方で下り列車を撮影することでしたが、時間・予算の両面からして厳しいので、とりあえず東京駅で撮れないかと思い、早朝の電車の時刻を調べてみると、始発電車で家を出るとギリギリで間に合いそうなことが判明しましたので、駄目元で行ってみることにしました。

2007年12月6日(木)

EF65 1102 東京 06:42
東京駅には、予定通り「銀河」入線の約3分前に到着しましたので、いちおう撮影することができました。
これが、当方にとって初の「銀河」走行写真撮影となりましたが、連射モードに設定し忘れてましたので、この1枚しか撮れませんでした(愚)
また、この季節のこの時刻で、当方の暗い写りのカメラ使用では、「いちおう撮りました」という程度のものにしかならなかったのは、止むを得ないところです(笑)


オハネフ25 47 東京
「銀河」到着後、機関車が連結されているうちに撮ろうと思っていましたが、さっさと機関車は開放されてしまいました。
 

オハネフ25 47 東京 07:05
そして、再びホーム端から、回送されていく「銀河」編成を撮影。
この時刻なら、わりとまともに撮影できました♪

…ちなみに、この後は銚子電鉄に向かいました(笑)
(その記事は以前に掲載済)


2007年12月19日(水)

EF65 1114 東京 06:42
このような冬至が間近の日に、早朝の撮影をするのはかなり物好きですが、この時も銚子電鉄訪問のついでの撮影でした。
…しかし、案の定、いくら補整しても本来なら掲載には値しない写真となりました(笑)


EF65 1114 東京
この日は、前回の教訓を活かして、ホーム端で撮影後、最大速力にて機関車付近まで移動し、機関車の連結された状態での撮影に成功しました。
暗い+三脚未使用なので、写りはびみょーですが。


そして、この日もホーム端から、回送されていく「銀河」編成を撮影。


オハネフ25 131 東京 07:05
この日の最後部は、前回のオハネフ25 0番代と異なり、100番代の車両でしたので、前回とは違った表情で撮れました♪
ただ、個人的にはどうしてもこの100番代車は、「銀河」のイメージではなく、九州方面行き寝台特急的な雰囲気が感じられてしまいます。
もっとも、九州方面行きの多くが24系25形だった時代は、とうに過去のこととなってしまいましたが…。




以下は、おまけ的な写真です。
前回記事で掲載しようか迷いましたが、雰囲気が異なるので省略したものです。

2008年3月6日(木)
この日、当方は「銀河」に最後の乗車をしましたが…
牽引機が……

EF65 1118 大阪 (※写真はクリックしても拡大されません)
またレ陰謀…orz
しかも、最後の乗車でこれとは……orz

…どうも、「銀河」末期の頃は、牽引機にレインボー機が充当されることがかなり多かったようです…。
それにしても、運が悪過ぎる気がしますが…(T T)

しかし…このときの大阪駅ホームは、平日にしては異様な混雑ぶりでした。
(末期の頃はもっと大変だったのでしょうけどw)
地味な列車のはずの「銀河」に、これほど人が群がるなどとは、廃止発表前の「銀河」の静かな様子(前回記事参照)とは、もはや全く別の列車の如しでした(笑)


そして、翌朝…。
2008年3月7日(金)

カニ24 104 品川 07:13
この時刻と場所は書き間違いというわけではなく、人身事故の影響で約30分遅れ、品川打ち切りとなったのでした…orz
2年前の「出雲」廃止の際にも、最後に乗った上り「出雲」が大幅に遅れ、熱海から新幹線乗り換えのやむなきに至ったので、「またこんな終わり方かw」と思ってしまいました(爆)



※以下は2008-04-02 01:29:47掲載

今回は、「銀河」の末期から最終日までの様子です。

2008年2月28日(木)
「銀河」の撮影は、前回記事の通り、昨年12月に2回行きましたが、やはり撮影するには暗すぎるということと、休日に遠出が続いたためしばらくの間休止していましたが、2月末になると、だいぶ日の出が早くなってきましたので、撮影を再開することにしました。

この日の撮影は、有楽町で上り「銀河」を撮ってからすぐに田町へ移動し、「銀河」の回送を迎え撃つという算段でした。

有楽町
あまりいい写真ではありませんが、有楽町より先で撮影しようとすると、当方の場合現地宿泊が必要となり、予算的にきついのでさすがに諦めました。
結果的には、この時が唯一の、最後部カニ24の編成での走行写真撮影となりました。

そして、すぐに田町へ移動しましたが、ホーム端には案の定、先客が3人ほどおられましたので、ベストの位置は確保できませんでした。
ここでの「銀河」回送の撮影は、185系の上り回送とカブることもあるというのがわかっていましたので、まずは確実性の高そうな、望遠撮影重視でいくことにしましたが(いい場所が取れなかったせいもあります)、結果的には全くカブることなく撮影ができました。
(この日は…(笑))

EF65 1115 田町
まずは望遠で撮影。
しかし、側面重視の写真が好きな当方としては、やや物足りなく感じます。

続いて、近距離側でも撮影。

EF65 1115 田町
左下の箱さえ無ければ、ほぼ文句なしだったのですが…(笑)
占位した場所が悪いので、止むを得ないところです。
なお、光線の向きについては、どうにもならないので目をつぶりました。
これより好ましい光線で、EF65+カニ24+オロネ24…となる編成を撮ろうとしたら、大枚はたいて関西方面に行くしかなかったですし(笑)

…とりあえず、一応「銀河」(回送ですが)の編成写真を撮れましたが、完全には満足のいくものとはなりませんでした。そのため、3月6日に大阪から上り「銀河」に乗車した翌朝、東京着後すぐに田町に向かって回送を撮影…と計画していたのですが、前回記事の最後で触れました通り、牽引機がレインボー色だったので撮る気が半減し(笑)、しかも翌朝には品川で運転が打ち切られましたので、結局撮影はできませんでした。
そうなると、普通に考えると翌週の休み(3月13日)が「銀河」を撮影できる最後の機会となりますが、当方のレインボー機遭遇率の高さ(「銀河」末期の乗車5回の内、3回がレインボーw)から考えて、3月13日の一発勝負は危険なように思えました。
(結果的に、その日は本当にレインボーでしたw)
そのため、3月11日の仕事前に始発電車で田町に向かい、「銀河」回送を撮ったらすぐに帰宅し職場に向かう…という計画を実行に移すことになりました。
勤務先が東京近辺なら、このような行動もありだと思いますが、勤務先とは全く関係ない方向に約1時間半かけて進撃し、1日当たり、千数百円の予算と約3時間半の時間を浪費するというのは、かなり考えものです…(愚)
(2月末の段階から、この計画を考えてはいたのですが、本当に実行することになるとは思いませんでしたw)


2008年3月11日(火)
この日は、「銀河」廃止の数日前で、人出が多いと予想されましたので、上り「銀河」の撮影は諦めて、最初から田町に向かいました。
しかし、到着したときには既に約20人が集結し、ホーム端部は埋まっていましたので、それより後方から撮影しようとしましたが……
京浜東北線の電車が停車中に、「銀河」回送は通過していき……この日は完全なる徒労に終わりました(笑)
(後日の様子から考えると、時刻通りに運転されている場合、京浜東北線の電車と「銀河」回送は確実にカブるようで、ホーム端部以外での迎撃はできなかったようです)


2008年3月12日(水)
この日は、前日と同じくらいの人出でしたが、前日の撮影場所選定失敗の教訓から、京浜東北線の停車位置にかからない場所をなんとか確保できました。
が…

185系と……………。 田町
…完璧にカブられましたw

元々、この場所での撮影は、駄目元と覚悟の上ではありましたが、さすがに2日連続で失敗すると、精神衛生上あまりよろしくありません(笑)


2008年3月13日(木)
この日の「銀河」の牽引機は、事前にレインボーだということがわかっていたので、当初は撮影に行くつもりはありませんでしたが、前日・前前日と撮影に失敗していたため、
「もはや、編成写真さえ撮れれば牽引機はなんでもよいわ…」
という心境に変わっており(笑)、結局出撃することになりました。


06:40 京浜東北線最後部より
この日も、直接田町に向かいましたが、このときの京浜東北線はさほど混んでいなかったので、車内最後部から上り「銀河」を撮ってみました。

そして、田町に到着し、前日とほぼ同様の位置を確保。


EF65 1119 田町
写真左側に、上り回送の185系が見える通り、かなりきわどいタイミングでしたが、ようやくカブらずに撮れました♪
(望遠狙いの人の場合、カブっていたのかもしれませんが(汗))
ただ、この日は、当方にとって執着の薄いレインボー機牽引なので、多分撮影に成功するだろうと思っていました(笑)
…くどいようですが、機関車側面の巨大な文字さえ無ければ、さほど悪くないのに…w

結果的には、レインボー以外で撮りたいがために行った2日間は、何の意味もないものとなってしまいましたが、3月11日の場所選定の失敗という経験がなければ、レインボーの撮影も失敗していたと思いますので、そういう面では意味があったと言えます(笑)



2008年3月14日(金)
この日の朝も、「銀河」回送の撮影を行う予定でしたが……さすがに疲労がたまっていたのか、起きれませんでした(笑)
前日に、レインボーとはいえ一応撮影に成功したことと、2月28日の写真を試しに補整してみると、なんとか見れるものになったので、それである程度満足してしまった…ということも影響していたのかもしれません。


そして、この日の夜に出発する「銀河」が、遂に最終列車となったのですが、そういったものを一度も見に行ったことがなかったのと、「銀河」は特別に思い入れの深い列車でしたので、試しに行ってみることにしました。
(本来、こういった、人が沢山集まるものは苦手なのですが)

23:21 横浜
…下り最終「銀河」入線数分前の光景です。
「銀河」がこれほど多くの人に見送られることになるとは……。

そして、間もなく「銀河」が入線してきました。
一部で噂されていたヘッドマークの取付もなく、普段と変わりない姿のままでした。
それはそれで、かえって「銀河」らしい最後とも思えます。
…早速、撮影しようと思いましたが…

EF65 1114 23:25 横浜
「銀河」が停止すると、突然、目の前にカメラが現れましたw
直後、後方から「邪魔だ~!!」「どけ~!!」の大合唱(爆)
…気持ちはわかりますが(当方にとっても非常に邪魔でしたしw)、そのような言葉をぶつけたところで、効果があるはずもありません。
「銀河」が入線するまでは、比較的落ち着いた雰囲気だったので、編成写真は無理でも、機関車と客車数両くらいなら撮れるかな…と思っていたのですが、まともに写真が撮れないだけならまだしも、このような殺伐とした空気には内心、「来なければよかったかな…」とも思ってしまいました。
やはりこのような場に、当方は馴染めないようです…。

それはともかく、前方の御仁は引く様子も無いので、カメラを三脚から外して手持ちに切り替え、いちおう機関車だけは撮っておきました。


そして、先頭のEF65の汽笛が鳴り響きます。
十秒以上鳴り続けたでしょうか…。
この汽笛は、これが「銀河」最終列車であったせいか、いつにも増して哀愁の漂う響きのように感じられました。
この汽笛吹鳴で、罵声はようやく収まり、ゆっくりと動きはじめる「銀河」に向かって今度は、
「ありがと~!!」「さようなら~!!」
の大合唱(笑)
当方は黙って「銀河」を見送りましたが、一度くらいはこのような雰囲気を味わっておくのも悪くない…とも思いました。
(先ほどの罵声がなければ、なお良かったのですが)


下り最終「銀河」を見送った後は、事前に調べておいた川崎のカプセルホテルに泊まることにしました。
(この時間だと、終電にも全然間に合わないですし(笑))


カプセルホテルというものには初めて泊まりましたが、カプセルの空間は開放A寝台下段より広いものの、個別空調はなく(異様に暑かった…)、遮音性も低いので、寝るだけの時間しかない時くらいしか、使えないように感じました(そういう目的のための施設なのかもしれませんが)。



2008年3月15日(土)
川崎のカプセルホテルに泊まったのは、実の所、この日の朝の上り最終「銀河」を撮影するためで、下り最終「銀河」を見送ったのは、そのついでの行動だったのでした(笑)
そして、朝04:00過ぎに起床し、始発電車の動き始める前に川崎~鶴見の撮影地に向かったのですが、すでに地元在住とおぼしき方が何人かいましたので、結局ベストの位置は確保できませんでした。
(…朝04:30頃で、辺りはまだ真っ暗なのに…w)

それから約2時間、京浜東北線を撮影したりしながら暇をつぶし……
06:27に、ようやく最後の上り「銀河」がやってきました。

EF65 1112 鶴見~川崎
踏切の検知器?が邪魔ですし、天気もかなり曇っていたのが残念ですが、とりあえず最後の「銀河」を撮ることはできたので、ほぼ満足です。

上の写真の直後にもう1枚撮っていますが…

シャッタースピードが低すぎて、完全には止まらなかったようです…。
(あえて写真の写りをかなり暗くして、シャッタースピードを確保しようとしたのですが、それでも1/200程度にしかなりませんでした。ISO感度を上げるとザラザラ写真になりますから、やりたくないですし)

この日の撮影に限ったことではありませんが、一連の「銀河」の撮影は、朝の早い時間に行ったため明るさの不足することが多く、カメラの性能の不足が強く感じられました。
そのうえ、前記の理由で写真の写りを暗くする必要がありましたので、画像補整に余計な時間と手間がかかることになりました。
(記事の掲載が遅い最大の理由は、画像補整に手間取っているためです)
…そろそろ新しいカメラが欲しい気もしますが、撮りたいものは減っていく一方なので、どうするべきか難しいところです(笑)


「銀河」から話が脱線していますが…(汗)
…この日も仕事がありましたので、湘南新宿ラインで素直に帰ってしまおうかとも考えましたが、結局思い直して、田町で最後の「銀河」回送を撮影することにしました。
しかし、先頭狙いでは大混雑が予想されましたし、去り行く列車を撮影するほうが、なんとなく最後の「銀河」撮影にはふさわしいという気がしましたので、品川方のホーム端から、後追いで客車を狙うことにしました。


…最後に見た「銀河」は、11年前に初めて乗った「銀河」と同じ、オハネフ25 0番代車を最後部に連結した編成でした…。


…さようなら、急行「銀河」…。


…こうして、急行「銀河」の、そして東海道線夜行急行の、長きにわたる歴史に幕が降ろされました。
当方が「銀河」を撮り始めた時期はあまりにも遅かったですが、限られた時間の中で、できることはやったと思っています。
撮影に注力しすぎたせいで更新頻度の低下を招き、「銀河」の写真掲載は結局、廃止後になってしまいましたが…(汗)


これにて、惜別「銀河」の記事を終了させていただきます。
車内の写真などは、未掲載のものがかなり残っていますが、それらについては、忘れた頃に掲載するかもしれません。

次回の予定については……未定です(爆)
掲載したいものが、かなりたまっていますので、どれから載せるか悩みます。
以前から予告している、1年近く前の琴電見聞記(…)は、なるべく早いうちに掲載しようと思っていますが…。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI