2014年11月16日(日) 秩父鉄道(1) 急行リバイバルカラー 小豆6000系6003F 他

11/16に下の小豆6003Fを1枚だけ掲載していましたが、この日の他の写真も掲載します。
※C58については別記事で掲載しています。
DSC_0659s.jpg 2014.11.16_1022_48[1] 樋口~野上 6003F
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

この日の主目的は、小豆6003FとC58をなるべく紅葉と絡めて撮ることでしたが、小豆6003Fがどの運用に入るかわからなかったので、まずは上り急行の1本目を撮ることに。

そんなわけで、約2年ぶり?の新郷へ。
2014.11.16_0729_38 武州荒木~新郷
「早朝に小豆1002Fを撮るべく通っていた頃を思い出すでおぢゃるな……」
秩父鉄道乗車・撮影は2013年8月以来なので、本年初ということになり、1000系全廃後初の訪問でもありました。


上り急行が接近。
2014.11.16_0747_00 武州荒木~新郷 6001F
「小豆6003Fではなかったでおぢゃるw 拍子抜けでおぢゃるww」
ただ、この列車で小豆6003Fが来ると、この後の折り返し三峰口行きを撮ったあと、夕方近くまで運用がないですし、この日は熊谷からY氏と合流だったので、これでよかったと思います(笑)
2014.11.16_0747_02 武州荒木~新郷 6001F
「正直、やはりこの塗色ではあまり魅力を感じぬでおぢゃるな……w 乗る分にはかなり好きでおぢゃるが♪」
小豆6003F登場で、急行が撮影したい存在に大幅格上げされることになるとは予想外でした(笑)
各所で言われてますが、かつての急行用300系晩年の、黄色+青帯の再現も期待してしまいますw


2014.11.16_0754_16[1] 武州荒木~新郷 7801F
「2連をここで撮るのは初めてでおぢゃったが、前パンの姿は悪くないかもでおぢゃる♪」
2014.11.16_0754_17[1] 武州荒木~新郷 7801F
外観的には7500系より好みですが、乗る際には来ないでほしいです……。
この日は、この7800系には乗らなかったですが、3両でも立ち客多数な列車もありましたし(汗)


2014.11.16_0828_45[4] 武州荒木~新郷 7002F
7002F撮影後、転進。

予定通り、熊谷でY氏と合流しましたが、その直前、上り急行2本目で小豆6003Fが!
2012年5月の小豆1002F引退以来、2年半ぶりに目にする、小豆+ベージュの渋い塗色にしばし感動……♪
また、小豆6003Fがこの運用に入ったことで、その後撮影可能になることが確定したので、どこで撮るべきか考えを巡らすことになりました(笑)
(C58撮影との両立は難しいので、どちらかを妥協する必要がありますし)



まずは、樋口へ。
2014.11.16_0956_19 樋口付近
「ここの景色はやはりぢつによいでおぢゃる♪」

しかし、当初考えていた場所は、しばらく来ないうちに状況が変わっていて、一番乗りしない限り撮影不可能になっていたので、その少し先のアウトカーブで撮ることに。
(当初考えていた場所は、以前なら撮影場所の直後に高さ1~2メートル?の枯木の山があって、より後方から撮る方との目隠しとなっていたのですが……)

そのアウトカーブ、撮影の制約が非常に多いので、以前は避けてた場所ですが。
小豆6003Fを撮影。
2014.11.16_1022_48 樋口~野上 6003F
「って……失敗したでおぢゃるwww」
1両目側面に架線柱+串パン(しかも架線柱手前)+左側背景びみょう……(笑)
また、この場所は紅葉には全然早かったようですw (以前1002Fを撮った時も、このあたりの紅葉は遅い気がしてましたが……)

2014.11.16_1022_48[1] 樋口~野上 6003F
こちらは、架線柱は問題ないものの、写真左側に鉄塔があるので、トリミングするとややカツカツにw
なるべく側面重視で撮りたかったのですが、この位置では1両目側面に架線柱かからずに、左側背景に白い箱を入れずにとることは不可能だったようで、初の小豆6003F撮影は不本意な結果に終わりました(笑)

そんなわけで、以後はもう少し線路寄りから撮影。
2014.11.16_1036_34[1] 樋口~野上 デキ502
貨物は両パンタ上昇になる冬場に撮りたいです♪

2014.11.16_1046_19 樋口~野上
この編成、一部の窓にもラッピングがされてるので、その場所を車内側から見たらどうなっているのかと思いましたが……
この後乗車した際に見てみると、窓ガラスがトイレ窓の如く真っ白になっていて、景色は全く見えない状態でした(笑)


下りC58の撮影後、下り急行を撮ることにしましたが。
2014.11.16_1256_50 白久
乗車の際に1枚。

下りC58を終点近くまで追撃した場合に、下り急行を好ましく撮れる場所はなかなか浮かばなかったのですが、Y氏提案の場所に行ってみることに。
2014.11.16_1331_46 武州中川~武州日野
勾配標は気になるものの、光線向きは理想的、背景も好ましいので、ここで撮ることにしました。
2014.11.16_1341_20 武州中川~武州日野
正面重視のほうがいい写真になるように思えましたが……
小豆6003Fは側面のほうが魅力を感じるので、迷った末、側面重視で撮ることに。

そして、小豆6003Fが接近。
2014.11.16_1350_15 武州中川~武州日野 6003F
かなり苦しいですが、いちおう、勾配標が先頭にかからず、架線柱が1両目側面にかからないで撮れました(笑)

2014.11.16_1350_17[1] 武州中川~武州日野 6003F
勾配標が台車にかかってない写真が本命です。(掲載済写真を少し明るく補整し直し)  晴天とはいえ空を広くし過ぎた感もw

2014.11.16_1350_17[2] 武州中川~武州日野 6003F
約2年半ぶりに目にした小豆+ベージュのツートン塗色はやはり素晴らしく、前面上部の塗り分けや側面扉未塗装など、気になる部分はあれど、実車を前にすると非常に感慨深いものがありました……。
また、この場所には以前来たことがあったものの、撮影的にはやや苦しいと思っていたのですが、実際に撮ってみると意外と好ましく、この場所を提案してくれたY氏には感謝です♪

急行と行き違いの上り列車は、正面重視で撮影。
2014.11.16_1354_00[1] 武州中川~武州日野

2014.11.16_1354_02 武州中川~武州日野
黄色く染まった木が目立つように撮ると、勾配標も目立ってしまうジレンマw

2014.11.16_1357_19 武州中川~武州日野
実にいい雰囲気の駅です……♪


この日のC58はこちらです。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

こりゃいい

確かに想像をはるかに上回りますね。
同社のHP写真の印象とは大違い!
いかにも私鉄の急行と言う感じの
この色の組み合わせが
管理人様の写真では殊更よく見えます。
ただ
それだけにおでこやドアの処理が気になりますが・・・
紅葉が終わらないうちに
小生も行ってみます。

秩父訪問頻度が上がりそうです(笑)

コメントありがとうございます。
小豆6003Fは秩父公式も含め、正面主体に撮ったものが多かったと思いますが、実際に見る際は側面の印象が強くなることもあって、写真で見るよりも遥かに好ましく感じました。
先行で掲載した写真は、そうした印象がなるべく伝わるように撮ってみたつもりなので、南東風さんの目にも好ましく映ったのなら嬉しく思います。
おでこやドアについては少し残念ですが、ドアを塗らなかったのは、やはり期間限定塗色のためなのだろうと感じさせられます。

秩父鉄道沿線の紅葉は遅い場所も多いようですし、まだしばらくは大丈夫な気もします(笑)
(当方ももう一度くらい行くかもしれません)

秩父鉄道

こんばんは。
秩父鉄道、お写真を拝見して自分でも行きたくなりました。埼玉県も、秩父地方まで行くと魅力的な風景が広がっていますね。鄙びた沿線の風景も好ましく、沿線で撮影してみたくなりました。
この路線には、もうだいぶ長いこと行っていません。小豆色の電車は既になかったと思いますが、黄色の電車には乗ったような…
これからの冬枯れの季節も良さそうですね。
他の記事も楽しませて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

コメントありがとうございます。

秩父鉄道は、寄居より先に行くと山々の見える景色が広がり、昔ながらの木造駅舎も数多く残っていますので、大いに楽しめると思います。ただ、普通列車の車両は座席(座面)の硬い元東急車の7500系が多数派になっているので、個人的には長時間乗るのなら、快適な急行をおすすめします。(また、普通列車の車両はあまり清掃されておらず、窓も汚れてることが多いです)
また、景色としては、西武鉄道の秩父線も素晴らしいので、こちらもおすすめです。

小豆色の電車は、近年復活の1000系1002Fを除くと、1988年までに消滅とのことですが、黄色の電車は80年代後半~90年代に標準色となっていたので、その頃に訪問されたのかと思います。

それでは、今後もよろしくお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI