2015年5月3日 銚子電鉄(2) 行き違い時の旧色2002編成(湘南顔デハ2002順光)

前回に続いて、銚子電鉄旧色2002編成です。
2015.05.03_1558_25 笠上黒生 2002編成 2015.05.03_1623_49 笠上黒生 2002編成
●大半の写真はクリックすると倍のサイズで表示されます。
 
 

2015.05.03_1537_57 笠上黒生
笠上黒生で下車したのは2010年以来、5年ぶりということになりましたが、大きな変化はなさそうでした。
銚子電鉄の架線はトロリー線1本のみの直接吊架式で、電化路線でありながら、空中の金属線が少ない光景は珍しくも感じます。(JRでも一部路線で同方式も残るそうですが)

2015.05.03_1539_08 笠上黒生
好ましい木造駅舎も健在♪

2015.05.03_1539_48 笠上黒生
ただ、2010年春頃に、ホーム上り方(写真左側)にスロープ設置工事はされたようです。


練習的に、緑2001編成の下り列車を後追い撮影。
2015.05.03_1556_02[2] 笠上黒生 2001編成
ふつーに立ったまま撮りましたが、もう少し視点を下げたほうが落ち着きそうでした。

2015.05.03_1556_05[1] 笠上黒生 2001編成
ヘッドマークが、さすがにちょっとこれは……w



2015.05.03_1558_15 笠上黒生 2002編成
緑2001編成と旧色2002編成の並び。
2002編成の停車中は、前面に大きな影がかかっていたので、これは2002編成の発車後に撮影したものです。

2015.05.03_1558_20 笠上黒生 2002編成

2015.05.03_1558_23 笠上黒生 2002編成

2015.05.03_1558_24[2] 笠上黒生 2002編成
↑↓このあたりが本命の構図です。
(上写真で、背景の白い建物をもう少し隠せていればよかったのですがw)
2015.05.03_1558_25 笠上黒生 2002編成
この撮影行では、この写真が最も好ましく撮れた気がします。
銚子電鉄2000形(元京王2010系→伊予鉄道800系)は、国鉄80系(クハ86形2次車)を始祖とする湘南形の、原型にかなり近い前面形態と思えますが、個人的感覚としては、その形態と、銚子電鉄旧色との組み合わせは、本来の塗色である2001編成の緑よりも似合っている気がします。
このあたりは、秩父鉄道1000系(元国鉄101系)1002Fの小豆色+ベージュのツートンが、本来の国鉄色各種よりもよく似合い(あくまで個人的感覚ですが)、強い魅力を感じたのと似ている気がします。

2015.05.03_1558_25[1] 笠上黒生 2002編成
このくらい引き付けた構図も好みですが、背景が……w

いちおう後追い。
2015.05.03_1558_38 笠上黒生 2002編成
ほぼ意味のない写真ですが、この日の撮影は完全にデハ側に絞っていて、クハの貫通顔はほとんど撮らなかったのでいちおう載せておきます。
しかし……この顔にこの塗色は、湘南顔デハとは対照的に、違和感がすごいです(笑)


続いて、銚子から折り返してくる下り列車の2002編成も撮影。
2015.05.03_1623_45 笠上黒生 2002編成
後追いですが、標識等は前後とも点灯してないので、車両の見た目的には後追いとはわかりません(笑)

2015.05.03_1623_46[1] 笠上黒生 2002編成
前面側の背景に木が入る、ちょうどいい位置で撮ると、やはり完璧なる串パンになりましたw

2015.05.03_1623_46[4] 笠上黒生 2002編成
串パンでなくなりかけた位置になると、前側背景の白が目立つのでそちらがいまいちにw
次の訪問時に余力があれば、このあたりを弾着修正?して撮りたいものです(笑)

2015.05.03_1623_49 笠上黒生 2002編成

2015.05.03_1624_39 笠上黒生 2002編成
そして、再び2002編成に乗車。

このあたりで続きます。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

こっちの方がエエ

前に秩父鉄道急行車両の復活塗装が
良いなと書きましたが、
いや全然こっちの方が凄いです。
秩父の方は先日やっと見ましたが
実車より管理人様の写真の方が良かったですよ。

こっちは配色がさらに渋いし
顔は80系300番台にうり二つ。
うー行きたいけど銚子は遠いシナぁ。

No title

コメントありがとうございます。

秩父の急行車6000系は、なにぶん形態が、湘南形の亜流の亜流のさらに亜流みたいなものでかなり近代的ですが、こちらの銚子2000形のほうは昭和37年製のほぼ原形湘南形ですから、同じ?リバイバルカラーでも、比較しては辛い気がします。
ただ、自分としても正直なところ、銚子のほうに強く惹かれてしまって、秩父小豆6003Fへの興味がやや薄れてしまった面も否定はできません(笑)
(先日、南東風さんのブログの秩父記事を拝見したら、久しぶりに秩父に行きたい気もしましたが)
小豆6003Fの『実車より管理人様の写真の方が良かった』とは……恐縮です。
当方が撮影したのは、空の青さがきれいな冬場で、車両がより引き立ち、車体色の発色も、今の時期よりいいということも多分に影響していたのだろうと思います。

銚子2002編成については、2015年にもなって、ここまで渋い車両が登場するとは驚きでした。
できることならもっと撮影したく思いますが、最大の難点は、かなり遠いのに、昼の運用に入っている1編成がどれなのか、行ってみないとわからないことと思います。
実際、当方は一度、空振りの憂き目にあっていますので……。
行かれるのでしたら、本記事のような、多客期で臨時列車が増発される日のほうが安全な気がします。
また、湘南顔の側を順光で編成写真を撮れる時間と場所がかなり限られる、というのも難しいところです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI