FC2ブログ

2020年9月19~21日撮影行 (1)9/19 七尾線415系800番代など その1 (2005年の常磐線403系も少々)

先の休みで、8か月ぶりの県外撮影してきたので、順次掲載していきます。
2020.09.19_1015_19[2] 金丸~羽咋 2020.09.19_0846_11[1] 羽咋
 
 

まず最初に、個人的などうでもいい話から失礼します。
ブログではあまり触れてなかった気もしますが、当方は昔の常磐線への思い入れが強く、何度か特急や普通列車で乗り通すなど、乗り鉄を楽しんだほか、2006年頃から撮り鉄になる以前にも、時々撮影もしていました。

stc401-82 02t
2005.6.30 クハ401-82
写真は、上野から仙台まで、普通列車で乗り通した際に撮影したものです。

stc401-83 02t
2005.6.30 クハ401-83
当時、この編成が403系で唯一(というかJR東の近郊形で唯一?)の原型ライト車でした。
この原型ライト車がとくに好みではありましたが、そうでなくとも、403系や415系初期車の、窓隅にRのつく非ユニット窓を配した側面に強い魅力を感じていました。

stc401-88 tc401-83 01
2005.6.30 クハ401-88/クハ401-83
今になって改めて見ると、原型ライトの巨大さに驚くくらいだったりも。

smc403-16 naisou1
2005.6.30 モハ403-16 車内
車内のほうも、80系電車(全金車以外)や70系電車と同様の、幅が狭くやや窮屈なボックスシート、腰掛枠に付く古めかしい形状の手すりなど、魅力満載でした。
この403系や415系は通学時に利用したほか、こうした乗り鉄で何度も楽しみましたが、走行写真のほうはまともに撮れずに終わりました。
また、これの赤電時代の姿も好みで、模型(N)は完成品の製品化前にキット加工で作ったりもしましたが、実車のほうは415系のリバイバル塗色で数回見かけた程度で、やはりまともな写真は残せず(;´Д`)


そして、本題となる、七尾線415系800番代ですが。
こちらは単色化前に一度乗車したことはありましたが、とくに印象に残らず。
しかし、2010年以降のJR西車両の単色化で茜色への変更が進められ、赤電403系なども彷彿させる姿で俄然魅力急上昇♪
以来、撮ってみたい気になる存在となりましたが、関東からではなかなか行きにくく、また当時は24系客車の寝台列車も健在だったりで、撮影に行く余力はなく、延々と先延ばしに。
そして昨年になって、とうとう七尾線への新車投入話が出て、いい加減行かないと……と思ったものの。
昨年秋頃はなんとなく重い腰が上がらず、「まあ春になったら」と思っていたら、例のころなで遠征困難となり……

夏場の暑い時期では体力的に撮影不可能なので、新車の順次投入開始が10月に迫る中、今月に入ってからは気温があまり高くなく、かつ晴れの日がないかと、時々天気予報を見ていました。
そして、4連休初日の9/19土曜の七尾線あたりは、珍しく(?)晴れ予報のようで。
その直前の、関東から富山金沢福井方面行き夜行バスを確認すると、残席僅か・4列シート車で(最も安いので)いちまんえん(笑)
前週は金曜発でも4000円ということで、普段の2.5倍以上もの価格なので多少悩みましたが、遠征に行けるタイミングと気分と好天とが重なりそうな日は滅多になさそうなので、発車当日朝にそのバスを予約。


■2018.09.18
そんなわけで、前書きがやたら長くなりましたが……
2020.09.19_0016_49 大宮
「この乗合自動車にて出発でおぢゃる♪」
当方の県外移動は、今年1月の大井川・ことでん以来なので、実に8か月ぶりということになりました。

ちなみにこのバス、4列シート・トイレなしのわりと普通の観光バスでしたが、恐らくほぼ満席でした(;´∀`)
座席と座席の間にカーテンがあるので、隣席の乗客の存在はさほど気にならず、座席自体も悪くなかったですが、足乗せ的なものがないので、一般的な3列シート車と比べると、脚が全体的に疲れ、足首のあたりが痛くなりました。
(あと、一般的な3列シート車同様、枕がないので首が痛くなりがちで、枕になるものを持参したほうがよさそうに思えたりも)
また、トイレ休憩は2時間に1回程度のようで、そのたびに起こされます(笑)
そんなわけで、寝付きの悪い当方は、1時間寝たかどうかくらいだった気もしますが、半覚醒状態や目を閉じてるだけでもある程度の疲労回復効果はあるらしいので、翌日の行動にさほど支障は感じませんでした。


■2018.09.19
2020.09.19_0629_50 富山
「富山到着でおぢゃるっ」

2020.09.19_0629_57 富山
「なにやら面妖な車両が来たでおぢゃる」(;゚Д゚)
以前、富山に来たのは十年以上前だった気がするので、変わり過ぎでした(;´∀`)



2020.09.19_0642_12 富山
富山から金沢行きに乗車。
このあたりがJR線でなくなってたこともよく知らず、乗車券を買う際にけっこう戸惑いました(笑)
(七尾までの乗車券を購入)



津幡で七尾線に乗り換え。
2020.09.19_0753_21 津幡
七尾線415系の入線時に撮影。

2020.09.19_0753_34 津幡

そして乗車。
2020.09.19_0754_56 津幡
415系800番代の車内は、改造前の113系とは全く異なる、座席間隔の広いボックスシートに変わり、並ロ(普通二等車)にやや近い設備になった……と言えるのかも?

2020.09.19_0755_20 津幡
座り心地はわりと良好で、転換クロスシートにも劣らない感じですが、体へのフィット感はやや薄めだった気もします。

2020.09.19_0817_49 _01
MT54の走行音を堪能。
あの独特の響きに、コイルバネ台車ならではのごつごつした乗り心地……。
20年以上前から、到底数えられぬほど味わってきましたが、やはり何度乗ってもよいです♪

2020.09.19_0818_30 
早くも、高松に到着。(?)
「気のせいか、見慣れた高松の景色とは、ずいぶん異なる気がするがのう……」(;´∀`)



撮影場所の最寄り駅で下車し。
乗ってきた列車を後追いするべく、ホームを移動。
2020.09.19_0839_48 羽咋
ベンチレーターのない屋根だけは違和感強いです(笑)

2020.09.19_0840_08 羽咋
交直流電車ならではの、ごちゃごちゃした屋根上機器も魅力♪
それにしても、こうして見ると、赤電403系のような雰囲気は思っていた以上に強く、ちょっと感動ものだったりも……。

2020.09.19_0841_15 羽咋

2020.09.19_0844_16 羽咋
行き違いの上り金沢行きが入線。

2020.09.19_0845_50 羽咋
下り七尾行きが発車。

続いて後追い。
2020.09.19_0846_10 羽咋
期待通りの晴天♪

2020.09.19_0846_11[1] 羽咋
駅撮りの後追いながら、早くも晴天順光で415系6連を撮れて幸いでした♪

2020.09.19_0846_11[3] 羽咋
色々言われるJR西の単色化ですが、この茜色の415系については非常によく似合うと思いますし絶品です♪
(他には抹茶色113系もわりと好み)

2020.09.19_0846_12[2] 羽咋

2020.09.19_0846_12[3] 羽咋





この駅では貸自転車もあるとのことで、それを借りて、いざ撮影場所へ。
(4時間600円。他に、2時間と1日があるとのこと)

しかし、道を知らずけっこう迷ったり(笑)
なので、急遽撮った上り6連は……
2020.09.19_0909_39[3] 金丸~羽咋
09:09 413系6両 上り  ※時刻はいずれも多少誤差あると思います
びみょーすぎ……というか概ね失敗(;´∀`)
カメラの設定いぢる間もなくオートで撮ったらSS1/250だったので、中途半端に前景などが流れてますw
それにしてもこの413系、側面形態は気動車のような雰囲気もあり、不思議な感じもします。


次の下りも、移動して撮る時間はなさそうなので、ほぼ同じ場所で。
2020.09.19_0913_43 金丸~羽咋
09:13 415系6両 下り
曇られましたが、これだと晴れててもびみょーだった気がします(;´∀`)

2020.09.19_0913_43[2] 金丸~羽咋
黄色み強めると多少はごまかせ……ない?



雑草多すぎ等でいまいちなので移動。
2020.09.19_0925_53[4] 金丸~羽咋
09:25 上り特急
こちらも黄色み強めで。


2020.09.19_0930_10 金丸~羽咋
日差し出れば実にいい感じですが、大きい雲が出てたので曇られがちでした(;´∀`)


2020.09.19_0932_27 金丸~羽咋
09:32 下り特急
右側背景は曇られてますが、これくらいなら許容範囲な気も。


2020.09.19_0946_28[1] 金丸~羽咋
09:46 415系3両 下り
またしても曇られ……
ただ、この写真だとやや線路から離れすぎに思えたので、この後は少し移動。



次が、この日の本命ですが……

2020.09.19_1015_17 金丸~羽咋
10:15 415系6両 上り

2020.09.19_1015_18 金丸~羽咋
晴れ……!

2020.09.19_1015_18[2] 金丸~羽咋
ここに限らず、意図的に背景を広めにしてましたが、広くし過ぎた気も……(笑)

2020.09.19_1015_19 金丸~羽咋_01
架線柱も背景+串パンの図(笑)
こんなに後方のパンタだと、串になってもさほど気にならないですがw

2020.09.19_1015_19[2] 金丸~羽咋
最重視してた接近側。
右側かつかつとなり、増結加工するには背景切継ぎも必要になったのは、己の場合わりといつものことではありますが、困ったものです(;´∀`)
(撮影頻度激減してる影響もなくはないかもですが)


2020.09.19_1015_19[3] 金丸~羽咋
この写真や1つ前のような、かなり引き付けての構図が好みなのと、そうした写真は見かけなかった気がするので、撮ってみたいと思っていましたが、晴天でそれを果たせて満足でした♪
(これで、常磐線403系をまともに撮れなかった消化不良感も、やや解消?
宇都宮線115系を撮れなかったのを、両毛線115系6連でやや解消したのと類似してる気も……w)


2020.09.19_1015_22 金丸~羽咋
少し色褪せ気味だと、なおさら赤電403系的な雰囲気が。
渋みのある赤と、非ユニット窓などの組み合わせがたまりません……♪

415系800番代は場所的なこともあってか、あまり注目されてなさそうに思えますが、昭和30年代後半の交直流近郊形電車と大差ない姿を、それから約60年後の今でも当り前に見られるというのは物凄いことに思えます。
さすがにもう終末は遠くなさそうですが……。



このあたりで続きます
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター (2020.11.6復帰)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●画像・文の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログ掲載写真を使いたい場合、こちらを参照して下さい。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI