FC2ブログ

2020年9月19~21日撮影行 (4)9/20 ことでん レトロ電車特別運行(23号・500号さよなら運転) 午前上り(晴天)

引き続き、先月の ことでん旧型車23号・500号さよなら運転についてです。
2020.09.20_1051_56[1] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→ 2020.09.20_1045_12[2] 琴電琴平~榎井
 
 

本記事の前回までの行程は下記記事になります。
(1)9/19 七尾線415系800番代など その1 (2005年の常磐線403系も少々)
(2)9/19 七尾線415系800番代など その2
(3)9/20 ことでん レトロ電車特別運行(23号・500号さよなら運転) 午前下り




■2020.09.20 (2)
次の旧型車の上りは、500号が順光となる場所と決めてましたが。
その場所は、ことでんでは初めて見るほどの人出と人口密度で驚き(;゚Д゚)
しかし幸い、(個人的感覚としては)十分好ましく撮れそうな場所を確保できたので、まずは練習。
2020.09.20_1014_56 琴電琴平~榎井
10:14
「ここでも煙とな……w」
幸い、すぐ鎮火?したようですが(;´∀`)




次の下りは、背景広めで試してみたところ……
2020.09.20_1031_13 琴電琴平~榎井
10:31
この日二度目(撮影としては3度目)となる、京急色の1081Fでした。
左側の山の稜線が重なるあたりまで入れられないかとも考えたのですが、それだとさすがにスカスカになりすぎるようで。

2020.09.20_1031_13[1] 琴電琴平~榎井

2020.09.20_1031_13[5] 琴電琴平~榎井




その1081Fの折り返し上り。
2020.09.20_1045_11 琴電琴平~榎井
10:45
先程は弱め光線でしたが、今度はふつーに強めの日差しに♪

2020.09.20_1045_12[2] 琴電琴平~榎井
今度はわりと普通に撮りましたが、例によってカメラ追従がいまいちで、ほどほどのバランスになるようにトリミングするとやや背景狭くなりすぎた気も(;´∀`)

2020.09.20_1045_12[4] 琴電琴平~榎井
ことでん1080形ほどの回数ではないものの、京急1000形にもけっこうな回数乗ったものですが。
京急色の同形式を晴天でまともに撮影できたのは、大師線の京急1000形との通算でもようやく2回目ということに。
(京急1000形の写真は古いHDにしか残ってないので取り出し困難となってますがw)

2020.09.20_1045_14[1] 琴電琴平~榎井

2020.09.20_1045_16 琴電琴平~榎井

2020.09.20_1045_23 琴電琴平~榎井
数十人はおられたかと思いますが、JRのネタ列車が如き状況に。
「ことでんにおいて、かような状況が現出するとはのう……」(;´∀`)
当方は人出少ない場所での撮影が多いので、これほどの人出と密度はいつ以来だったか……と思ったり。
(2015年の北斗星最終日以来かも?)
ただ、わりと会話も多く和やかだったりして基本的に雰囲気はよく、たまにはこういうのも悪くない気もしましたw
(一部、旧型通過の少し前に大声出しすぎに思える人もいたのは、やや近所迷惑かも?とも思えましたが)





前回8月の旧型車運転時刻は、琴平9:55着/11:49発と、琴平で2時間も間合いがあったのは、やや不思議に思えましたが。
周囲の方の会話からすると、今回はそれより1時間早いとの話も聞かれ、そのほうが自然に感じられ、そうなる可能性はありそうと思っていたところ……

2020.09.20_1051_47 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
10:51
来ました。

2020.09.20_1051_50 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
強い日差しあり♪
ここまではついでの試射のようなもので、次からが本射(?)となります。
500号の晴天順光はこれで最後となりましたので、また無駄に多めに載せます(;´∀`)

2020.09.20_1051_55[2] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→

2020.09.20_1051_56[1] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
ころな脅威下での長期にわたる演習不足による練度低下(要は撮影頻度の激減w)もあり、追従は完璧とはいかずトリミングやや?多めとなったものの、概ね許容範囲。

2020.09.20_1051_56[2] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
これと1つ前が本命と言えそうです。

2020.09.20_1051_56[4] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
ことでんの旧型車は、2007年夏の定期運用終了後、順次ジャンパ栓とケーブルが高松築港側に移設されていき、23号・120号・300号はパンタ側が従来よりも厳めしさの減った、穏やかとも言えそうな姿に変わっていきましたが。
高松築港側にパンタのある500号は、平面的な前面なせいか、元々他車より武骨な印象もあり、それのパンタ側にジャンパ栓とケーブルが付くことになって更に厳めしさを増すこととなり、この車両だけは従来よりも魅力を増した印象がありました。

2020.09.20_1051_56[5] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
そんなわけで、その500号を晴天順光で撮りたいと思っていたものの、2010年の一眼レフカメラ置換え後にそれは果たせておらず(過去に何度か撮ったものの曇り)、この最後の機会でようやく達成できたのでした(´∀`)

2020.09.20_1051_57 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
500号と、その横の花との隙間がなければよかったのですが……w

2020.09.20_1051_57[1] 琴電琴平~榎井 23+120+300+500→
こちらは花がほとんど隠れ+かつかつ(;´∀`)


2020.09.20_1051_58 琴電琴平~榎井
500号の形式写真的に。

2020.09.20_1052_00 琴電琴平~榎井

2020.09.20_1052_01 琴電琴平~榎井

2020.09.20_1052_03 琴電琴平~榎井

2020.09.20_1052_06[2] 琴電琴平~榎井
人出が多すぎたせいか警察の方も召喚され、付近に駐車してた車の移動を命じてたりも……お疲れ様です(;´∀`)


ともあれ、ここでの撮影は満足のいく結果となり、これで終了でも文句はないほどの気分でした(´∀`)
この後はすぐに駅に戻り、下りに乗車して琴平へ。
なにぶん、午前中の撮影場所付近にはいずれもトイレがないので、その目的でしたw
そこで飲み物も購入予定だったのですが、改札外で旧型車などのグッズ販売があり、それを購入してたらうっかり飲料調達を失念(;´∀`)

まだ夏の暑さが多少残る時期だったこともあり、不安を残しつつ……また続きます
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター (2020.11.6復帰)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●画像・文の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログ掲載写真を使いたい場合、こちらを参照して下さい。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI