FC2ブログ

2021年3月撮影行(3) 26日その2 ことでん琴平線 レトロ貸切 120号+300号(午前)

前々回の移動編、前回の志度線に続いて、貸切の120+300です。
2021.03.26_1104_14[1] 滝宮~羽床 120+300 2021.03.26_1150_28 琴平~榎井 300+120
 
 

■2021.03.26(2)
この日に、ことでん旧型車のツアー貸切運行があることはわかっていましたが、正確な運転時刻は知らないので、やや早めにとりあえず仏生山へ。
2021.03.26_0802_42 仏生山
パンタ上昇で留置の120号+300号。
編成についてはなんとなく、300号が下り方かと思っていたので少し予想外でした(;´∀`)

2021.03.26_0811_10 仏生山





そんなわけで、列車移動。
2021.03.26_0845_22 羽床
「なにやら巨大なる建物が!」(;゚Д゚)
昨年9月に来た時に工事中でしたが、このようなことになるとは……。



ともあれ、いつもの場所のあたりへ。
2021.03.26_0858_24 滝宮~羽床

2021.03.26_0858_24[1] 滝宮~羽床

2021.03.26_0858_29 滝宮~羽床
平日の金曜ということで人出ゼロなこともあり、撮り方を色々試したり。



2021.03.26_0914_06[1] 滝宮~羽床
こちらはいつもの撮り方で。
2021.03.26_0914_12[2] 滝宮~羽床



2021.03.26_0928_43 滝宮~羽床
9:28
個人的予想の最も早いパターンでは、貸切回送はこれの次でしたが、さすがにまだ来ず。



2021.03.26_0944_34[1] 滝宮~羽床
9:44


2021.03.26_0958_56[1] 滝宮~羽床
9:58
昨年9月に京急色ラッピングとなった1200形1212Fが。
2021.03.26_0958_56[2] 滝宮~羽床
そういえば、京急時代の700形としては一度も乗ったことがないような……。
1000形のほうは、快特などで何度か乗りましたが。



2021.03.26_1014_06 滝宮~羽床
10:14
旧型車もこの撮り方にするか、少し迷ったりも。
2021.03.26_1014_10[1] 滝宮~羽床


2021.03.26_1028_37[1] 滝宮~羽床
10:28
これの次というのが個人的最有力予想でしたが……



2021.03.26_1043_47 滝宮~羽床
10:43
来ず(;´∀`)


2021.03.26_1058_56 滝宮~羽床
10:58
この前面形状でも、あまり日が当たらなく……w



そして。
2021.03.26_1104_07 滝宮~羽床 120+300
11:04
予想の30分後に来ました(;´∀`)

2021.03.26_1104_09[1] 滝宮~羽床 120+300

2021.03.26_1104_10[1] 滝宮~羽床 120+300

2021.03.26_1104_11 滝宮~羽床 120+300

2021.03.26_1104_11[1] 滝宮~羽床 120+300_01


2021.03.26_1104_14 滝宮~羽床 120+300
列車の進行方向よりも光線向き重視の人なので、今回も後追いメインのつもりでしたが、面薄というかほとんど真横光線に(;´∀`)
昼少し前の30分の違いは大きかったです……w

2021.03.26_1104_14[1] 滝宮~羽床 120+300
(この光線向きだから、終始この近辺の人出ゼロだったのか……と思ったりw)

2021.03.26_1104_15 滝宮~羽床 120+300
また、迎撃側で連射しすぎたせいか、肝心の後追い時に弾詰まりが生じたりも(愚)
なので串パン写真も載せますw
(個人的には1両目のパンタ串でなければ許容範囲ですが)

2021.03.26_1104_16 滝宮~羽床 120+300

2021.03.26_1104_18 滝宮~羽床 120+300




昨年9月と同じように移動。
2021.03.26_1144_13[1] 琴平~榎井
11:44

2021.03.26_1150_26[3] 琴平~榎井 300+120
11:50
今度はすぐに来ました。

2021.03.26_1150_27[3] 琴平~榎井 300+120

2021.03.26_1150_28 琴平~榎井 300+120
旧型車が動態保存になってから、ジャンパ栓・ケーブルが上り方に移設されたので、従来はパンタ側に魅力が集約されてたのが、現状では分散されたという感もあります。(昨年引退の500号以外)

2021.03.26_1150_28[1] 琴平~榎井 300+120

2021.03.26_1150_29 琴平~榎井 300+120


2021.03.26_1158_14 榎井
朝に見た房前の桜は全然でしたが、ここはいい感じでした。



枚数が無駄に多いだけで中身薄いですが(;´∀`)……また続きます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

/>
非公開コメント

No title

香川遠征の記録、楽しく拝見しております。

3月26日の仏生山、私も3番待機中の「レトロ」をスナップいたしました。
もしかしたらニアミス……だったかもしれません。

羽床駅の堤山方面に見える新しい企業建物、のちに直に見て驚きました。
駅名標や入口の看板にも企業名らしき文字が……。
ことでん内外、香川の地にもいろいろと移り変わりがあるものだなと、改めて痛感しております。

No title

コメントありがとうございます。

3月26日の仏生山、貴HPも拝見しましたが、120号写真の光線向きがだいぶ異なるので、ニアミスの可能性はやや微妙な気もします……(笑)
(当方の撮影時刻は120号が8:01、1200形が8:11頃でした)

羽床駅付近の新しい企業建物、あれほど大きな目立つ建物になるとは、当方としても驚きでした。何というか、付近の昭和然とした景色とは全く異質な感があります……。
『駅名標や入口の看板にも企業名らしき文字』には気付きませんでした。なにぶん、あの駅に着いた時は、レトロ撮影を控えて気が急いてますし、撮影後は疲労感と達成感と、その後の撮影の事でわりと頭がいっぱいになってるものでして……。

当方は2011~2019年の8年もの間、香川に行かない期間があったので、ことでん沿線で全体的に建物が増えた印象がなおさら強いですが、羽床付近のあの建物を目にして、現在の当り前の景色が、数年後には当り前でなくなることも少なくないのだろうと、改めて思わされました。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2020.11.6復帰)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●画像・文の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログ掲載写真を使いたい場合、こちらを参照して下さい。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI