2009年8月29日 東武鉄道350系「懐かしの南会津号ツアー」乗車記

なんだかんだで秩父鉄道にはなかなか行けずにいますので、今回も鹿島鉄道の続きを載せようかとも思いましたが、8/29には知り合いと、東武鉄道の団臨「懐かしの南会津」に乗ってきましたので、まずはそちらを載せておきます。
 
 

…本題に入る前に、超個人的で今更な鬱話を失礼します。
東武鉄道と言えば、東武博物館がリニューアルオープンして、5700系も展示されるようになりましたが……

このポスターや、これと同じようなものが各駅や電車内に貼られていますが、個人的には、これを見るたびに鬱になります…。
その理由は、5700系の前面を原型2枚窓に復元したことですが(爆)、復元するにしても、せめてその前に一度公開してほしかった…と思わずにはいられません。せっかくこの写真のように、貫通型のままで整備したのですから…。
5700系の現役時に、実車を見ることは叶いませんでしたが、晩年のこの形式は、自分が最初に好きになった電車ですし、半鋼製吊掛式電車が好きになった原点とも言うべき形式ですから、貫通型のまま搬入されたと知った時は大喜びしましたし、一般公開される日が楽しみで仕方ありませんでした。
しかし、結局は公開前に原型2枚窓に改造されてしまい、正直、見に行く気は完全に失せました…(涙)
また、この日は東武動物公園駅を通りましたが、長年留置されていた、カバーに包まれた5700系の姿は消えていて、残されたクハが解体されたということが実感されて、ますます鬱に……。
そんなわけで、この日は嘆き節がなかなか止まりませんでしたw

…済んだことをいつまでも嘆いていても仕方がないので、話を先に進めます(笑)



浅草
まずは、入線してきた350系の前面に、「南会津」のステッカーが貼り付けられます。


貼付完了!
ただ、愛称の上に「急行」などの列車種別がないので、ちょっと間が抜けた感じです。


こちらは、車内で配られた弁当ですが、これには「特急」と書かれています。
なお、乗車記念として、アクリル製のヘッドマークも配られましたが、それにも「特急」と書かれていました。
ただ、運転速度は、現役時の急行よりもはるかに遅かったですがw

そして、弁当の中身ですが…

ものすごくふつーの弁当でしたw

往路は、浅草0828→会津田島1224の運転時刻でしたが、今回はオプショナルツアーも申し込んでいたので「トロッコ会津浪漫号」にも一部区間乗りました。



これがトロッコ車両ですが、トロッコとは名ばかりで、実態は、国鉄キハ30の側窓を撤去するなどの改造を施した気動車です(笑)
窓がないので、当然エンジンの響きがよく聞こえますし、速度も意外と出すので、乗っててなかなか楽しかったですが♪
…正直、「南会津」よりもこちらのほうが面白かったです(笑)

トロッコ?からの車窓……もとい、眺めも何枚か載せておきます。







川に架かる橋の上で何度か停車していましたが、そのあたりはいかにも観光列車という感じです。



それと……この列車のトンネル内走行は、すごかったです…w
かなりの速度を出すので、耳が痛くなりそうなほどの凄まじい轟音が響き渡り、あたかも地底に向かうかの如しで、それだけに、トンネルを抜けた後の安堵感はなんとも言えないものがありました(笑)
まあ、それがイヤなら前後の車両に避難すればいいのですが、これも滅多に経験できないことなので、結局、終始トロッコ?に居座っていましたw
ただ、他の車両も面白そうなので、この列車にはまた乗ってみたいと思います♪


トロッコ?からは芦ノ牧温泉で下車して、今度は普通の列車で会津田島まで戻ります。

まずは、行き違いの列車を撮影。
これにも乗りたいですが、いまだに乗る機会は得られていません。


続いて、乗車してきた列車を後追い撮影。


次の会津田島行きが来るまで、少し時間があるので、駅付近を散策。

…なんとものどかな景色です♪



会津若松行の列車を入線時に撮影。


そして、会津田島に到着。
写真左側が乗車してきた列車で、右側はまた4時間以上乗ることになる「南会津」です。
…それにしても、なんという強行軍なツアーなんでせうか(笑)




会津田島構内には、部品取り用の中間車が…。


トロッコの編成が帰ってきたので、入区の際に撮影。


発車の時を待つ、「南会津」。




2005.02.24 会津田島
この写真のみ、今から4年半前……廃止される数日前の急行「南会津」です。
やはり、「急行」の文字があるほうがサマになっています。



鬼怒川温泉
上り「南会津」は、会津田島1542→浅草2015という時刻で、途中、通勤車使用の急行にまで抜かれましたw
個人的に、350系は好きですが、それでもさすがに1日で8時間半の乗車はちょっとしんどいという気もしましたw 帰りはスペーシアも選べるようにして欲しかったところです。
(ちなみに、以前「南会津」に乗った時は、会津若松に出て、磐越西線と新幹線で帰還するという行程でした。同じ区間を往復するのは面白みに欠けるような気がしましたので)
また、ツアーだと、行程はもちろん、座席の位置も自由にならないですが(しかも往復とも座席は同じ位置)、やはり、行き当たりばったりの行程を組むことの多い自分には向いていないと認識できました。
ただ、350系で会津田島まで行ける機会は通常ならまずないですし、トロッコ?も面白かったので、行っておいてよかったとは思います♪
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI