2009年9月5日 十和田観光電鉄レトロ電車特別運行(簡略版)

表題の件は、吊掛式電車好きとしてはかなり気になっていたものの、なにしろ関東から青森は遠いのと、あまり時間に余裕がなかったので、行くかどうかずいぶん迷っていたのですが、結局1日だけ行ってきてしまいました(笑)
そんなわけで、十和田観光電鉄のモハ3401とモハ3603に初乗車できましたので、その際の写真をとりあえず3枚だけ載せておきます。


七百 モハ3401+モハ3603
車両基地のある七百駅構内では、旧型電車が側線から本線に出入りいる光景を計4回も見れました♪
この写真は、午前の運行(七百~三沢間一往復)が終わった後、側線に引き上げる際のものです。
 

七百 モハ3401+モハ3603
こちらは、午後の運行(七百~十和田市間一往復)の前に、側線から動き始めた際のものです。
なお、ホームへの入線は午前午後とも、定期列車が発車した直後でした。
ちなみに、前日の天気予報では曇り時々雨だったようですが、当日は写真のように、晴れ時々曇りという感じでした♪


モハ3401車内
モハ3401とモハ3603の両方に乗りましたが、とくにこのモハ3401は、くたびれた車内の雰囲気、大きめな走行音、古めかしい独特のコンプレッサー音など、いずれもかなりいい感じでした♪
ただ、モハ3603は、吊掛車としてはかなりおとなしめの音に感じられたので(音の届きづらい場所だったせいかもしれませんが)、七百→三沢間の1回しか乗りませんでした。
それと、走りについては、勾配があることを除けば、琴電志度線に近いように感じられ(あくまで個人的感覚ですが)、琴電長尾線のような必死に走るような感じではありませんでした(笑) 
なお、速度は最高で60キロくらい出ていることは確認しました。

…今回は、とりあえずこのくらいにしておきますが、また後日に正式版を掲載したいと思います。
ところで……秩父も行きたいとは思っていますが、なかなかよゆーがありません…orz まぁ、他の鉄道に行くことが増えてるせいでもあるので、やむを得ない面もありますが(笑)

以下はおまけです。
次の写真は、トラックが好きな人しか興味のなさそうなものですがw
十鉄の旧型電車に乗る前に、まずは定期列車で一往復してきたのですが、その際に走行中の車内から見たものです。

ちょ……(汗)
……ボンネットトラック!?
当方は古いトラックが大好きなので、並走するそれに、目を疑いましたw
もう少しまともな写真も撮っていますので、そちらも掲載予定です(笑)
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

/>
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター (2010.01.12~)
プロフィール

くらまろ

Author:くらまろ
●写真の無断転載はご遠慮願います。
●当ブログはリンクフリーです。
●コメント・拍手は古い記事も含めて歓迎です。(コメントお返事は数日後になることも多いです)
●当ブログは、中望遠~標準~やや広角で撮った編成写真主体ですが、基本古い車両好きの為、扱う車種は偏ってます。
当初は琴電旧型車主体でしたが、近年はヒサシ付EF81、「カシオペア」、C61/D51+在来形客車、秩父C58、EH500一次形、銚子電鉄などが多めです。
(過去記事は琴電旧型、秩父小豆1002F、「北斗星」、「あけぼの」等多め)
●メールアドレス
 maronokimagure@yahoo.co.jp
 (@を半角に変えてください)
 (2015.2/16新設)
●好きな車両等の詳細は↓ http://maronokimagure.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑登録してみました(2010.2/6)

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
全記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内 アクセス数の多いページ
ブログパーツ レンタルCGI